火葬許可書の発行方法は?紛失した場合はどうする?

火葬場

死亡届と引き換えに受け取ることができる火葬許可書は、大切な種類です。 ないと火葬できなくなるので、紛失しないように注意しなければなりません。 また火葬後は埋葬許可書になり、納骨するさいにも必要です。 火葬許可書を発行され […]

「火葬許可書の発行方法は?紛失した場合はどうする?」の続きを読む

死亡届の手続きの仕方や必要なものについて

署名と捺印

死亡届は相続などに影響を及ぼす、非常に大切な書類です。 法律で定められている通りに届け出る必要があり、特別な理由なしに提出を遅らせると過料が科せられることがあります。 役所が業務外のときは通用口などに預けるという形で、土 […]

「死亡届の手続きの仕方や必要なものについて」の続きを読む

家族の死亡後の手続きについて。相続や代行人など

Vintage memories close up

身内が亡くなったことを知ったさいは、遺族は死亡届を出す義務があります。 そのままにしておくことは遺体を腐敗させることになり、場合によっては罪に問われる危険もあります。 また故人が残した財産は基本的に遺族がすべてを相続する […]

「家族の死亡後の手続きについて。相続や代行人など」の続きを読む

葬儀費用の相場は意外と高額?遺産の口座凍結に注意

/

規模やランクによって大きく異なっているものの、葬儀費用の相場は200万円とされています。 一般的には喪主が負担しますが、子供全員で分担して支払うこともあります。 一部については遺産から支払うこともできますが、故人名義の銀 […]

「葬儀費用の相場は意外と高額?遺産の口座凍結に注意」の続きを読む

死化粧をする理由とは?遺族がやる場合の道具や方法は?

死化粧

亡くなられたあとにする化粧のことを死化粧といいますが、死化粧として行われるのはメイクだけではありません。 身だしなみを整えることをさしており、髪を整えたり爪を切ったり、ひげや産毛をそったりすることも死化粧になります。 病 […]

「死化粧をする理由とは?遺族がやる場合の道具や方法は?」の続きを読む

院殿号や院号の意味とは?最高級ランクの戒名?値段は?

棺桶に入れる花

院号は戒名のなかの一部で、もともとは天皇家などのみに付けられる、特別なものでした。 しかし後に寺を建立するなどの大事業をした武将などに院殿号という院号が付けられるようになったことから、しだいにお金を出せば付けることができ […]

「院殿号や院号の意味とは?最高級ランクの戒名?値段は?」の続きを読む

戒名の意味は?どんな種類があるの?後でつけることもできる?」

戒名

戒名はあちらの世界で使用する名前で、通常の場合は通夜の前までに付けていただきます。 平等を説いている仏教においては戒名にもランクはないとされていますが、実際は院号の有無や位号の種類によって位が高い戒名、位が低い戒名があり […]

「戒名の意味は?どんな種類があるの?後でつけることもできる?」」の続きを読む

病院の霊安室はいつまで、いくらで安置できる?マナーは?

霊安室

病院の息を引き取ると、遺体は病室から霊安室や遺体安置室と呼ばれる部屋に移されます。 霊安室は遺体を安置するために設置されている部屋ではあるものの、長時間にわたって使用することはできません。 長くても2〜3時間程度で自宅や […]

「病院の霊安室はいつまで、いくらで安置できる?マナーは?」の続きを読む

訃報連絡の注意点は?どんなマナーがある?タイミングは?

訃報連絡

訃報をお伝えするさいの連絡手段としては、電話がもっとも適しています。 葬儀前に行う訃報連絡は葬儀へ参列いただくことが前提となるため、早く、確実に伝えることがひつようだからです。 3親等までが訃報連絡をする親戚の範囲とされ […]

「訃報連絡の注意点は?どんなマナーがある?タイミングは?」の続きを読む

末期の水とは?やり方や方法は?省略できる?

末期の水

お亡くなりになられた方の唇を水で湿らせてあげることを、末期の水をとる、あるいは死に水をとると言います。 仏典のなかにある話が由来となっており、本来は臨終の間際に行うものでした。 今は息を引き取ったあとや自宅に戻られてから […]

「末期の水とは?やり方や方法は?省略できる?」の続きを読む