形見分けはトラブルの原因は高価なモノ?いらない場合断るのはあり?

/

故人が愛用していた日用品や趣味のもの、収集していたコレクションなどは形見分けし、大切にすることが故人の冥福を祈ることにつながります。 しかし何でも良いから譲り渡すのではなく、きちんと配慮をした形見分けを行わなければなりま […]

「形見分けはトラブルの原因は高価なモノ?いらない場合断るのはあり?」の続きを読む

形見分けのやり方や時期や範囲とは?贈与税はかかる?

真珠のネックレス

故人のものを誰かに譲り渡す形見分けは、供養にもなります。 忌明けである四十九日を目安に行い、とくに必要としない場合は包装などはしないで渡します。 形見分けをする範囲、品物を選ぶさいは、譲り渡す相手に負担とならないように気 […]

「形見分けのやり方や時期や範囲とは?贈与税はかかる?」の続きを読む

喪中はがきはちょうど良い時期に、受け取る方の立場で準備すると○

喪中はがき

喪中はがきを送る時期は遅すぎたり早すぎたりすることのないよう、ちょうど良い時期とすることが必要です。 文例はマナーに関する本やインターネットサイトに掲載されており、インターネットではテンプレートをダウンロードすることも可 […]

「喪中はがきはちょうど良い時期に、受け取る方の立場で準備すると○」の続きを読む

喪中のマナー!年賀状や結婚やお祭りはやっても大丈夫?

喪中

身内が亡くなってから約1年間は喪中として、静かに過ごします。 結婚式をはじめとするお祝い事はせず、年賀状を出すことも差し控えます。 身内が亡くなって12~13か月は喪中!可能な限り静かな生活を 故人が亡くなってから一般的 […]

「喪中のマナー!年賀状や結婚やお祭りはやっても大丈夫?」の続きを読む

忌中の意味やマナーや正しい過ごし方

忌中

故人が亡くなって一般的に四十九日までは忌中とされ、静かに過ごすことが求められます。 悲しみを癒やし、故人の冥福を祈る期とされ、お祝い事をすることや旅行に行くこと、神社にお詣りに行くことは避けなければなりません。 意中の意 […]

「忌中の意味やマナーや正しい過ごし方」の続きを読む

散骨のメリットやデメリット!手続きや費用やルールなど

海に散骨

遺骨を納骨ではなく散骨とするとお墓などは不要になり、かかる費用や維持する人も必要なくなります。 将来に負担とすることを残さないで済みますが、供養の対象が亡くなるというデメリットもあります。 散骨と言えば一般的には海洋散骨 […]

「散骨のメリットやデメリット!手続きや費用やルールなど」の続きを読む

遺骨は自宅で手元供養も可能!アクセサリーで持ち歩くことも

火葬後の遺骨の取り扱い方!どんな注意点や作法がある?

遺骨は一般的にお墓などに納骨しますが、一部を手元に置いて供養することもできます。 自宅に安置する場合はミニ骨壺を用いたり、オブジェなどに加工したりすることで、違和感なく供養することができます。 またアクセサリーとすると持 […]

「遺骨は自宅で手元供養も可能!アクセサリーで持ち歩くことも」の続きを読む

香典返しのマナー!時期や選び方や金額相場など

香典返し

香典返しは四十九日の頃にするのが一般的ですが、地方や地域によって差があり、通夜や告別式のその場で返すことを一般的としているところもあります。 いただいた香典の金額の半額程度を返す半返しが基本ですが、これも地方や地域によっ […]

「香典返しのマナー!時期や選び方や金額相場など」の続きを読む

香典返しの渡し方!のしのかけ方から挨拶まで!

香典返し

通夜や告別式でいただいた香典に対し、お返しとして品物を渡すこと、または渡す品物のことを香典返しと言います。 香典返しにはのしをかけますが、関東地方より東では黒白の水引を用いて、表書きを志とすることが一般的です。 これに対 […]

「香典返しの渡し方!のしのかけ方から挨拶まで!」の続きを読む

法事のマナーとは?お香典の金額や持ち物や服装など

お墓参り

故人がお亡くなりになって1年目には一周忌、6年目には七回忌を行います。 省略されることも多いのですが2年目に三回忌を行う場合もあり、七回忌以降も十三回忌、十七回忌などと法事は続きます。 回数を重ねるごとに規模は小さくなり […]

「法事のマナーとは?お香典の金額や持ち物や服装など」の続きを読む