15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

弔電を送る方法と気を付けるべきマナーについて

弔電

弔電を打つことによって、通夜や告別式と言った葬儀に参列できない場合でも弔意を示すことができます。

今は電話以外にもインターネットや携帯電話からも申し込むことができ、とても便利です。

弔電は訃報を知ったらすぐに手配することが大切で、できればお通夜の前までに届くようにします。

分霊をそのまま使うのではなく、オリジナルな内容にするとより弔意を伝えることができます。

便利な時代に!弔電はインターネットや携帯で電話からも簡単に送れる

弔電の出し方

葬儀に参加して直接お悔やみの言葉を述べることができない場合に用いられるのが弔電です。

電報という手段を使って弔意を表すもので、事情があって葬儀に参列できないときによく利用されます。

また、家族葬などの参列者を限定しての葬儀が行われる場合に、せめてもの気持ちとして弔電を打つという人も多くいます。

弔電の出し方はいたって簡単で、NTTに電話することで簡単に打つことができます。

NTTに電話して弔電を申し込む場合は「115」にダイアルし、オペレーターに弔電の届け先や届ける日時、差出人、そして弔電の内容を伝えます。

届け先の宛名は喪主をつとめる方とするのが一般的ですが、喪主が誰かわからない場合は「故○○様ご遺族様」とすることもでき、喪主ではないご遺族の名前を宛名にしてもかまいません。

届け先の住所は宛名とした方の住所か、葬儀を行う斎場にします。

オペレーターは弔電を扱うのに慣れており、よく使われる文例を教えてくれたり、使用してはマナー違反となる言葉が含まれている場合に注意してくれたりします。

また弔電はインターネットや携帯電話からも送ることができます。

弔電は訃報を聞いたらすぐ送るのがマナー!お通夜の日の届くのがベスト

弔電を送るマナー

弔電は弔意を示すために送るものなので、とくにいつまでに送る、といった決まりはありません。

しかし訃報を聞いたらすぐに送る手配をするのがマナーとなっており、可能であればお通夜の日に届くように送ります。

お通夜や告別式で行う弔電披露で、どの弔電を紹介するか、遺族は事前に選んでおかなければなりません。

すべての弔電に目を通す必要があり、たくさんの弔電が届けられた場合には時間がかかります。

このような遺族にかかる負担を考えて、弔電は訃報を聞いたらすぐに送るようにしましょう。

文例にオリジナルの部分を加えて弔意をきちんと伝える文章に!

故人のエピソード

弔電を送るさい、もっとも頭を使うのが内容となる文章の書き方です。

できれば文例をそのまま弔電に使用するのではなく故人との思い出や故人の人柄が偲ばれるようなエピソードを織り込むようにしましょう。

失礼のないようにすることはもちろんのこと、短い文章で弔意を正確に伝える文章を考える必要があります。

マナーの書籍やインターネットのサイトには、弔電によく使用される文例が載っています。

これらを参考にして弔電の内容となる文章を考えるとスムーズですが、ありふれた、他の弔電と変わり映えのしないものになってしまうというデメリットがあります。

押し花付きやブリザードフラワー付き、線香付きには要注意!誰からのものかわからなくなる場合も

忌み言葉に注意

弔電のなかには押し花やブリザードフラワー、線香などを付けることができるものがあります。

しかし葬儀会場に届けられた弔電は係員がまず受け取り、中身とオプションとして付けられたものを別にして遺族に渡す場合がほとんどです。

遺族が弔電を読みやすくする配慮によるものですが、そうするとオプションはどの弔電に付いていたものかがわからなくなってしまいます。

弔電を送る側からすれば少しでも遺族の悲しみを癒そうとする心遣いから、多少値段は高くなってもオプション付きのものとしています。

しかし実際には誰からのものかわからなくなっている場合が多く、あまり効果はないということができます。

台紙についてもいくつかの種類が用意されており、これらはそれぞれ値段が違います。

選び方は人それぞれだとは思いますが、せっかく高価な台紙を選んでも忙しい遺族にとってはあまり関係がないものとなっています。

人とは異なる弔電を送るためには弔電のオプションや台紙についての選び方ではなく、内容となる文章に工夫をする必要があると言えます。

文章を考えるさいは、送るさいは「忌み言葉」を使わないように注意しなければなりません。

「重ね重ね」や「たびたび」、「またまた」、「しばしば」、「再三」といった言葉は不幸が続くことを想像させることから、使用しないものとされています。

また「浮かばれない」や「迷う」も故人の魂が成仏できずに迷ってしまうことを想像させるとされ、弔電に使うのはマナー違反となります。

香典不要や供花不要とされていても、弔意を示す弔電は別!

弔意

受け取る訃報連絡のなかには「香典・供花は辞退させていただきます」とされているものがあります。

このような場合、弔電も送ることをためらってしまう人がたくさんいます。

しかし香典や供花の受け取りを辞退されている場合でも、弔電は送ることができます。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントを残す