15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

キリスト教葬儀で注意すべきマナーとは?お悔やみはタブー?

キリスト教葬儀

キリスト教の葬儀では献花があるので、参列するさいには作法を知っておくとスムーズに行うことができます。

またキリスト教では人は死ぬことによって永遠の命を授かる、とされていることから遺族に対してお悔やみの言葉をかけてはいけないのも、キリスト教の葬儀ならではのマナーです。

こんなに違う、カトリックとプロテスタントの葬儀のやり方

キリスト教の葬儀のやり方

キリスト教にはカトリックとプロテスタントがあり、葬儀をつかさどる宗教者の呼び方も違えば、葬儀のやり方も違います。

カトリックでは亡くなられた方は神に委ねられたあと、祈りにより復活するとされています。

そのため葬儀のミサで、参列者全員による祈りが捧げられます。

まず参列者が起立しているなか、聖歌とともに神父が入堂します。

その後にお棺が入堂しますが、そのさい神父が聖水を注ぎ、献香します。

開式の辞によって葬儀が始まり、言葉の典礼と感謝の典礼による葬儀のミサが行われます。

言葉の典礼として神父が聖書を朗読し、説教を行ったあとに参列者全員で復活を願う祈りを捧げます。

感謝の典礼では故人が復活し、永遠の命を授かることを祈る「聖体拝領」という儀式が行われます。

そのあとにカトリック式の告別式が行われ、カトリック式の告別式は入堂聖歌、聖歌斉唱、弔辞・弔電披露、献花、遺族あいさつの流れで行われます。

これに対しプロテスタントでは、故人は神のもとで安らかになる、とされています。

そのため祈りはすべて神のためのものと考えられています。

葬儀と告別式を分けて行うカトリックと違い、プロテスタントの葬儀では一緒に行います。

参列者が起立するなか、牧師はオルガン演奏とともに入場します。

牧師による聖書朗読が行われているあいだ、参列者は黙とうを捧げます。

そのあとは聖歌を斉唱し、牧師による説教が行われます。

弔辞・弔電が披露され、オルガン演奏を聴きながら参列者は黙とうします。

その後は牧師によって祈りが捧げられ、参列者による讃美歌斉唱と献花が行われます。

最後の遺族による挨拶があり、終了となります。

キリスト教葬儀にかかる費用、仏式葬儀に比べるとかなりの安さ!

キリスト教葬儀にかかる費用

キリスト教葬儀にかかる費用には神父や牧師といった宗教者への謝礼、オルガンなどの演奏者への謝礼、会場費、献花用に用意した花代、そして教会への献金があります。

教会への献金は金額が定められているわけではなく、自分の好きな金額とすることができます。

そのためかなり低く抑えることができ、キリスト教葬儀にかかる費用は仏式葬儀にかかる費用の3分の1から2分の1で済むとされています。

また仏式葬儀のように初七日、四十九日、一周忌といった法要もないので、その分の費用もかかりません。

キリスト教葬儀に参列するなら覚えておきたい、献花の正しいやり方

献花

キリスト教葬儀の流れのなかで、他の葬儀ともっとも違う点は献花が行われるということです。

献花を行うさいは、献花用として用意されている枝のついた花を、花の部分が左、枝の部分が右に来るように持ちます。

自分が献花する順番が来たら献花台の前に進んで一礼し、時計回りとは玉の方向に回して、花が自分のほうに来るようにします。

そのまま静かに花を置き、2〜3歩ほど下がって一礼、遺族に向かって一礼して席へ戻ります。

遺族へお悔やみの言葉をかけるのはタブー、キリスト教葬儀に参列するときの注意点

キリスト教葬儀でのタブー

キリスト教の考え方では、死ぬことによって永遠の命を授かることができるとされています。

そのため死は不幸な出来事ではなく、むしろ喜ばしいものとして捉えられています。

そのような考え方をすることから、遺族に対してお悔やみの言葉をかけたり、慰めたりすることはタブーとなっているので注意が必要です。

遺族へのあいさつでは知らせていただいたことへの感謝の気持ちや、故人の安眠への祈りを伝えるようにしましょう。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントを残す