15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

告別式の流れとは?持ち物や服装や基本的なマナーなど

告別式

告別式には喪服の着用が必要とされるなど、お通夜に参列するさいとは違うマナーがあります。

基本的なことを知っておかないと、思わぬところで失敗&マナー違反をしてしまうことになるので注意が必要です。

あとには火葬が控えている!告別式の段取りでは時間厳守が基本

告別式

告別式は故人と最後のお別れをする場のことで、儀式としての葬儀とはもともと別に行われるべきものでした。

現在では葬儀といっしょに行ったり、葬儀のあとに引き続いて告別式を行ったりすることが多く、そのため厳格に区別をしないことが増えてきています。

告別式と葬儀を行う場合、参列者着席、開式、僧侶の入場、僧侶による読経と焼香、弔辞、弔電披露、参列者による焼香、閉式、という流れで行われます。

葬儀のあと引き続いて告別式が行われる場合、葬儀では参列者が着席したら開式し、僧侶の入場、僧侶による読経と引導渡し、弔辞、弔電披露、遺族による焼香を経て閉式します。

告別式へと移行するさいは遺族の席の向きを変え、遺族以外の、来ていただいた参列者におじぎによる挨拶ができるようにします。

開式後は、僧侶の入場、僧侶による読経、一般参列者による焼香、僧侶退場、喪主挨拶を行い、閉式します。

告別式にかかる時間は葬儀といっしょに行うか、葬儀のあとに引き続いて行うかによって変わってきます。

葬儀といっしょに行う場合は1時間から2時間程度、葬儀のあとに引き続いて行う場合は1時間半から3時間程度とされています。

行う葬儀の宗教や宗派、地方や地域、参列者の人数によってもかかる時間は変わってきます。

告別式のあとは火葬が行われるので、予約した時間までに火葬場に到着している必要があります。

そのため告別式は予定していた時間内に終了するよう、段取りよく行われます。

告別式の持ち物では数珠は煩悩を消し去り、功徳を積むことができる法具を持参して

数珠

告別式に参列するさいの持ち物には、数珠をあげることができます。

数珠は仏教で使用される法具のなかでももっとも身近なもので、手にかけて拝むことによって煩悩を消し去り、功徳を積むことができるとされています。

できれば持参したほうが良いでしょう。

告別式に参列するときの服装は略礼装でOK、真珠のアクセサリーは涙を表す

真珠のネックレス

告別式には、喪服を着用して参列するのがマナーです。

喪服とされる服装にはさまざまなものがあり、格が違います。

参列者が着用する喪服は、洋装の略礼服であることが一般的です。

男性はブラックスーツに黒色のネクタイを締め、黒色の靴下と靴を合わせます。

女性は黒色のスーツか黒色のワンピースを着用し、男性と同じように黒色のストッキングと黒色の靴を合わせます。

アクセサリーとして身に着けることが許されているのは、結婚指輪、真珠や水晶、オニキスなどを用いたもののみとなっています。

真珠は涙を表すことから、着用した方が良いとされています。

しかしネックレスで長すぎるものや二重になっているものは慶事用なので、告別式に着用することはマナー違反となります。

またピアスやイヤリングで耳から下に垂れるデザインのものも、華やか過ぎる、という理由で着用が認められていません。

あとの火葬の関係で、告別式は遅くても午後2時までに行われる

火葬場

告別式は午前中10~12時までのあいだ、もしくは午後1時、遅くとも午後2時までのあいだに始まるように時間設定されることがほとんどです。

これは告別式のあとのスケジュールに関係するものです。

一般的に告別式のあとは出棺し、火葬場で火葬を行い、骨上げします。

火葬場には民営のものもありますが公営のものも多いので、夕方5時でその日の業務は終了となり、閉められてしまいます。

この時間までに骨上げまでを行うことを逆算し、告別式の開式時間が決定されています。

告別式に遅刻しても帰るのは待って!後ろから入れることがあるので要相談に

遅刻厳禁

どんな場合でも定められた時間に遅れることは重大なマナー違反となりますが、通夜や告別式といった儀式に遅刻することは故人に対して大変な失礼をすることになります。

途中で何かあっても大丈夫なように、時間には十分な余裕を持たせて自宅を出発することが大切です。

しかし電車のダイヤが乱れるなど、どうしようもない事情で遅刻してしまうこともあります。

適切なときに後ろのほうから入ることができる場合もあるので、遅刻したら受付でその旨を伝え、指示を仰ぎましょう。

告別式に出られない場合はお香典の郵送を

香典を郵送

告別式に出られない場合にはお香典を現金書留で郵送し、お悔やみとすることがあります

このさいは不祝儀袋の中袋に通夜や告別式に持参するときと同じように名前、住所、金額を記入し、不祝儀袋ごと現金書留の封筒に入れることがマナーとして必要です。

不祝儀袋を使用せずに現金を現金書留の封筒に直接入れたり、現金書留の封筒に記入するからと名前、住所を不祝儀袋の中袋に記入しなかったりすることは失礼にあたります。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントを残す