15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

香典の相場と渡す時のマナーとは?連名や預かった場合など

香典袋と数珠

通夜や告別式に参列するさいは香典を持参するのがマナーです。

自分の親が故人である場合にも、喪主を他の人が務める場合には香典を包み、供えなければなりません。

親戚の場合は一般的にいとこまで香典を出しますが、それまでの付き合いによっては変わってきます。

持参した香典は受付で渡し、記帳台に準備されている会葬者名簿や芳名カードなどに住所や名前を記入します。

香典の金額相場はいくら?

香典

お香典としていくらの金額を包むのが妥当かは、故人との関係によって変わってきます。

お香典は子供であっても喪主以外であれば出すことが必要です。

孫であれば未成年者で親に扶養されている場合には親が出す香典に自分の分も含まれていると考えられますが、すでに自立している場合には自分の名前で別に香典を出します

自分の両親、あるいは配偶者の両親が故人である場合は3~10万円を香典として包みます。

兄弟姉妹が故人である場合は、3~5万円が相場になっています。

祖父母や伯父・叔父、伯母・伯母が故人である場合に出す香典の相場は1万円、いとこなどのその他の親戚が故人の場合は3,000~10,000円程度を包むのが一般的となっています。

勤務先の上司や同僚、あるいは部下、お世話になった先生、親しく付き合っていた友人・知人が故人である場合は、5,000円程度を目安とします。

故人ではなく遺族が勤務先の上司や同僚、あるいは部下、お世話になった先生、親しく付き合っていた友人・知人で香典を出す場合には3,000~5,000円を包むことが多くなっています。

お通夜や告別式に夫婦で参列する場合にも、香典は別個ではなく一つを出し、記帳も一人が行います。

これは香典は個人で出すものではく、誰かが出すとその家として出した、ということになるからです。

しかし夫婦で通夜に参列し通夜振舞い、告別式のあとに行われる精進落としの席に招かれるような場合には、それらの席に出される料理などにかかる費用も考慮して香典に包む金額を決める必要があります。

1人1万円を包むような場合は2万円などとするように、だいたい2倍程度の、キリのいい金額を包むようにしましょう。

香典の渡し方は受け付けがある場合は受付に、自宅での葬儀など受付がない場合は祭壇に直接備えて

香典の渡し方

お通夜や告別式に持参したお香典は、受付で出します。

受付には係の人がおり、会葬者名簿や豊明カードが用意された記帳台が設けられています。

係の人に「このたびはご愁傷様です、お疲れ様です」などと挨拶をしてから、お香典を渡します。

お香典はむき出しのままではなく、ふくさに包んで持参します。

渡し方としてはまずふくさから出し、向きをあちら側にしてから「ご霊前にお供えください」といった言葉とともに両手でていねいに差し出するのマナーとなっています。

会葬者名簿に名前と住所を書いたら、一礼してその場を離れます。

自宅で葬儀を行うなど、受付が設けられない場合があります。

式の開始時間より少し前に着くように行き、先にお焼香をし、そのさいに祭壇側に向くようにしてお供えするのが正しい香典の出し方です。

香典を渡す範囲はどこまで?親戚の場合はいとこまでは香典を出すのが一般的

悩む

訃報を聞いたさい、香典出すかどうかで悩むことがあります。

香典を出す範囲についてとくに決まりはないため、故人との関係の近さや付き合いの深さで判断することになります。

親戚であればいとこまでくらいが香典を出す範囲と考えられていますが、付き合いがあればその他の親戚であっても香典を出すことがあり、逆に付き合いがなければもっと近い親戚であっても香典を出す必要はありません

どこまでの親戚に香典を出すかはケースバイケースで適切に判断することが必要です。

連名で出す香典、多くの名前を記してしまうと読みづらいので注意が必要!

香典を連名で

勤務先の上司や同僚、部下、友人や知人が遺族となっている葬儀に香典を出す場合、自分一人で香典を出すのではなく、同じような立場にいる複数人で出すことも可能です。

複数人で出すさいには表書きの下の部分に、香典を出す人の名前を並べて書きます。

しかし連名とする人数が多い場合は代表者の名前と他○名と表書きには記し、中袋に全員の名前と住所を書くようにします。

表書きに記す名前は4人程度が目安で、5人以上となる場合は中袋に記すようにします。

記す文字数があまり多すぎると判読するのが大変になるので、香典返しの準備をする遺族に配慮するようにしましょう。

香典を預かった場合、「代」の字を書き添えて記帳するのがマナー

香典を代理で

通夜や告別式に参列する人が参列できない人からお香典を預かった場合には、受付でその旨を伝えて自分の分といっしょに受付で渡します。

会葬者名簿や芳名カードには自分の名前や住所を書いたあとに、預かった人の名前・住所を書き、小さめに「代」や「代理」の文字を書き添えるようにします。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントを残す