15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

香典返しの選び方や金額の相場とは?時期や連名などの対処方法

香典返し

香典返しは通夜や告別式でいただいた香典の、お返しとして渡すものです。

いただいた香典の半額程度の品物を返す、半返しとするのが一般的です。

忌明けとされ、また気持ちも落ち着くことである四十九日をめどにあとから贈るのが本来の香典返しですが、最近は即日返しとれることも多くなっています。

香典返しはどんなもの?選び方にはさまざまな風習や言い伝えが関係

香典返しのコーヒー

香典返しは通夜や告別式でいただいたお香典に対してのお返しとして、また参列していただいたことに対する感謝の気持ちを示すために、品物でお返しをすることを言います。

香典返しとしてどんなものを贈るかについては古くからの風習や言い伝えがあるので、選び方についてはそれらを考慮したものとなっています。

香典返しとして用いられる品物の代表と言えばお茶やコーヒー、砂糖といった消耗品です。

これらは香典は不祝儀であるため、消えてなくなってしまう「消えもの」を贈ることで、不幸な出来事を消し去ろうという意味から選ばれているものです。

またお茶は飲むさいに故人を偲ぶことができる、という理由で香典返しに用いられ、緑茶や抹茶といった日本茶のほかに、最近はコーヒーや紅茶が用いられることも多くなっています。

砂糖は、砂糖として代表的な白砂糖は故人があちらの世界に旅立つさいに身につける白装束からの連想で用いられるようになったものです。

砂糖は昔は貴重品であり高価なものであったことから、貴重で高価なものを香典返しとして分け与え、未練を残すことなくあちらの世界に旅立てますようにとの思いも込められています。

後に残るようなものを贈ることを避けるという意味ではせっけんや洗剤も多く用いられており、これらには不幸な出来事を洗い流すという願いも込められています

また白砂糖と同じように白装束を連想させることから、シーツやタオルも香典返しに適している品物になっています。

香典返しの相場は半額程度を返す半返し、地方や地域によっては3分の1程度とするところも

香典袋と数珠

香典返しとして贈る品物は、いただいた香典の半額程度とすることが一般的です。

この香典返しの相場の決め方は半返しと呼ばれ、広く用いられています。

しかし準備が大変であるため、厳密に半返しとすることが求められているわけではありません

また地方や地域によっては3分の1程度が相場とされているところもあります。

香典返しの時期は四十九日をめどに贈るのが正式、しかし即日返しが増えつつある

六曜

香典返しは本来、後から渡すべきものです。

一般的には忌明けとされる、四十九日が渡す時期とされてきました。

この頃には喪主をはじめとする遺族の気持ちも落ち着くとされているからで、通夜や告別式に参列していただいたことに対するお礼状を添えて香典返しを贈るのが、正式な香典返しの贈り方です。

このやり方は後日返しと呼ばれますが、最近では通夜や告別式のさい、その場で渡す即日返しとすることが多くなってきています。

連名での香典に対して代表者宛に香典返しを贈るときは、分けられるものを選ぶ

角砂糖

複数の人からの香典として連名のものを頂いた場合は、個別に香典返しをする方法と代表者宛とする方法、2つのやり方があります。

代表者宛に香典返しを贈るさいの品物には、分けることができるものを選ぶことが必要です。

どんなものを選ぶかは何名で、いくらの香典かによって異なりますが、日持ちのするお菓子などを選ぶことが多くなっています。

お菓子を香典返しとする場合、カラフルであることが多い洋菓子よりは、地味な色合いの和菓子の方が多く選ばれています。

和菓子と言ってもおせんべいやおかきのようなものではなく、ようかんなどの甘いものが選ばれることがほとんどとなっています。

これは白砂糖が香典返しに適している品物であることによるものです。

香典返しは辞退されても贈るのが本来のマナー、ただし一家の大黒柱が故人の場合はお礼状で対応

御礼状

香典は不幸があったさいに弔意を示す意味で出すものであり、最近はそのお返しである香典返しを不要とし、辞退する人も増えてきている傾向にあります。

しかし香典返しは香典に対するお礼とするほか、わざわざ通夜や告別式に参列していただいたことに対する感謝の気持ちを込めて贈るものです。

そのため香典返しは辞退された方にも、きちんと贈るのが本来のマナーとされています。

しかしその家の家計を支えていた方が亡くなったような場合は、香典返しを辞退された方にお礼状のみの挨拶とすることはマナー違反にはなりません。

香典に香典返しが不要である旨を記した手紙などが添えられていた場合には、むしろ香典返しを贈ることを差し控えるほうが良いと考えられます。

せっかく香典返し辞退の申し出があったのにそれを無視して香典返しを贈ってしまうことは相手の好意を無にすることになってしまいます。

このような場合は香典返し辞退の好意をありがたく受け、お礼状だけの送付にとどめておいた方がマナーだとされています。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントを残す