15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

女性の喪服のマナーとは?髪型やメイクなどの注意点

喪服の女性

喪服は喪に服するさいに着用する礼服です。

悲しみの席に参列するさいに着用するもので、髪型やメイクなども喪服にふさわしいものにしなければなりません。

華やか過ぎず、また他人の目に不快にうつらないことが大切です。

靴やカバン、アクセサリーも失礼に当たらないものを選んで身につける必要があります。

喪服の髪型はお辞儀やお焼香の邪魔にならないことが何より!まとめるときには位置にも十分注意して

喪服の髪型

通夜や告別式には、髪型も悲しみの席にふさわしいもので参列することが必要です。

華やかであったり奇抜であったりするヘアスタイルで参列することは、マナー違反になります。

喪服に合うような、落ち着きのあるヘアスタイルを心がけると上品であり、きれいでもあります。

お辞儀などで頭を下げたりお焼香をしたりするさい、ある程度以上の長さがあると髪の毛が邪魔になります。

他の人から見苦しいと感じられないよう、シュシュやバレッタのようなヘアアクセサリーを用いてまとめることが大切です。

使用するヘアアクセサリーは黒色で、光沢のないものとします。

高い位置でまとめるのは慶事の場合なので、悲しみの席では低い位置でまとめなければなりません。

耳より下の位置で、崩れないようにしっかりとまとめることが大切です。

お団子やシニヨンにするとすっきりとしていて美しいのですが、ほつれ毛が出ないように注意することが必要です。

葬式時のメイクは薄化粧、ナチュラルメイクが基本中の基本!かと言ってノーメイクはマナー違反に

喪服の時のメイク

ヘアスタイルと同じように、メイクにも喪服に合ったものとすることが大切です。

派手なメイクは厳禁であり、薄化粧、ナチュラルメイクとしなければなりません

赤色は血を連想させるとして、レッド系やローズ系の口紅を使用することはタブーになっています。

ピンク系やオレンジ系の、薄い色合いのものを選んでつけましょう。

光るものもつけてはいけないので、グロスも使用してはいけません。

だからといってノーメイクで通夜や告別式に参列することは認められていないので、注意しましょう。

喪服に合わせる靴は流行っていてもサンダルやミュールは履かないで!光沢のない、黒色のパンプスを

喪服の時の靴選び

喪服のさいは、靴も黒色のもの、飾りが一切ついていないパンプスを履きます。

飾りがないものであってもサンダルやミュール、かかとやつま先の一部が開いているものは履くことが認められていません。

ピンヒールやウェッジソールの靴も、通夜や告別式のさいに履く靴としてはふさわしくないので、注意しましょう。

金具のついている靴はマナー違反とまではなりませんが、金具部分が目立たないものであることが大切です。

エナメルの靴も光沢があるので、喪服を着ているときに履く靴には向いていません。

かかとの高すぎる靴、逆にペタンコ靴も品がなく悲しみの席には向いていないとされます。

適度な高さがあり、安定しているかかとの靴を選んで履くようにしましょう。

喪服の時に使うカバンはできれば布製のフォーマルバッグを持って!エナメルのもの、殺生を感じさせるものはNG

喪服の時の鞄選び

喪服を着ているときに持つカバンは黒色のものであると同時に、殺生を感じさせないものであることが重要です。

もっとも好ましいとされているのは布でできている、持ち手がないか、あっても短い、フォーマルバックと呼ばれているものです。

余計な飾りなどが付けられていないカバンで、光沢も抑えられているものを選ぶようにしましょう。

シンプルなものであれば革製のものであっても持って良いとされていますが、そのさいもシンプルなカバンとすることが必要です。

クロコダイルや蛇皮など、明らかに動物の皮だとわかるようなバッグを持つことはマナー違反です。

また靴と同じようにエナメルのものなど、光沢のある素材でできているカバンは悲しみの席では使用しません。

葬式でつけても良いアクセサリーは涙を表す真珠!ただし小さすぎるものや形の揃っていないものはNGなので要注意

真珠のネックレス

アクセサリーとして喪服に合わせることが許されているのは真珠で、真珠は涙を表すとされ、「月の涙」や「涙の象徴」とも呼ばれています。

ネックレスは一重のもので、自分の首の太さや、着用する喪服の襟の開き具合や形に合ったものを身につけます。

長すぎるものや二重のものは慶事用で、通夜や告別式のさいに身につけるものではありません。

イヤリングやピアスは耳に直接触れるデザインのもののみが、喪服と合わせて使用できます。

耳の下にぶら下がるようなデザインのものは華やか過ぎるということから、マナー違反となります。

また真珠でも喪服のときに合わせて良いのはホワイトパールとブラックパール、グレーパールだけで、ピンクパールなどのその他の色の真珠を身につけて通夜や告別式に参列することはマナー違反となります。

同じ真珠でも淡水パールは形がそろっていないためカジュアル過ぎるとされ、マナーに反しているとみなされます。

小さすぎるものも同じ理由でマナー違反とされるので、7~8ミリメートル程度の大きさがあるものを選ぶようにしましょう。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントを残す