15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

無宗教葬の注意点!自由だが最低限のマナーは必要

無宗教葬

宗教にこだわらずに行う葬儀を無宗教葬と言います。

宗教的な儀式を内容とせず、宗教者も呼びません。

故人の希望や遺族の意向に沿う内容で、自由に行うことができます。

無宗教葬のメリット・デメリットとは?受け入れられない人もいる?

無宗教葬儀のメリット・デメリット

無宗教葬は宗教的な内容を行わない葬儀です。

仏式葬儀では読経やお焼香、キリスト教葬儀では讃美歌斉唱やお祈り、神式葬儀では手水の儀や玉串奉奠などが行われますが、無宗教葬ではこのようなことは一切行いません。

亡くなられた方が好きだった音楽を流したり、絵画をはじめとする美術品を展示したり、亡くなられた方が撮影した写真を展示したりして故人を偲び、最後のお別れをします。

どのような形にしてもよく、常識の範囲内であればどのような葬儀にしてもかまいません。

葬儀というと静かで、厳かでなければならないと考えがちですが、故人が希望し、遺族が了承したのであれば、結婚式のような派手な演出をすることも可能です。

故人が生存しているうちに映像を撮影しておき、それを流して葬儀とすることもできます。

柔軟な発想をすることで、故人を見送るのにぴったりの葬儀を行うことができます。

このように自由に、オリジナルの葬儀とすることができるのが、無宗教葬の最大のメリットだということができます。

しかし形式にとらわれない無宗教葬には、受け入れることができない方も多くいる、というデメリットも持っています。

とくに年齢が高い方や格式を重んじる方などからは、非常識だという批判を受けることが少なくありません。

無宗教葬であっても参列者のことを考え、節度を持った葬儀とすることが大切です。

費用も自由!安くもでき、反対に高くもできるのが無宗教葬の怖いところ

無宗教葬にかかる費用

無宗教葬ではやらなくてはいけないこと、欠かせない飾り付けはありません。

内容や会場の飾りつけなど、故人の希望や遺族の意向を尊重する形で自由にすることができます。

それだけに質素に行うことが可能で、費用も低く行うことができます。

宗教者も呼ばないので、お布施やお心づけといった謝礼も不要です。

しかし自由に行うことができる分、凝った内容、飾り付けとしてしまうと費用も高額なものとなってしまうので注意しましょう。

多くの無宗教葬で献花が行われているワケは?

献花

無宗教葬には仏式葬儀のようにお経が読まれているなかでお焼香をする、キリスト教葬儀のようにお祈りのあと献花を行う、といった決まった流れはありません。

お亡くなりなられた方の希望や葬儀を行う喪主、遺族の考え方にもとづいて、自由にやることや順序を決ることができます。

しかし無宗教の形式で行う葬儀に限らず、どんな葬儀においても、参列に訪れる方々のことを考えて内容や順序といった流れを考えることが必要です。

参列に見える方は、故人と最後のお別れをするために葬儀にいらっしゃいます。

このような参列者の気持ちを考えると直接故人と顔を合わせ、声をかける機会はぜひとも設けることが大切です。

このために行われることとしては献花が適しており、実際に無宗教葬の多くで献花が行われています。

しかし献花にこだわる必要はなく、故人の好きだった香りを使用しての献香、キャンドルでの献灯などを行ってよいでしょう。

お墓への納骨をできないことも!無宗教葬でトラブルにならないための注意点

納骨

無宗教葬を行うにはあたっては、必ず事前に確認しておかなければならないことがあります。

それは入る亡くなられた方に入るお墓がある場合、菩提寺が無宗教葬を行うことを認めているかどうか、という点です。

入るお墓がある場合、通常は菩提寺の僧侶を呼んでの仏式葬儀を行います。

これに対して無宗教葬は宗教的なことを内容としない葬儀で、宗教者を呼ばずに行います。

菩提寺の了承を得ず、勝手に無宗教葬で葬儀を済ませてしまうと、お墓への納骨が認められないことがあります。

無宗教葬を行うさいは必ず菩提寺に了承を取るようにしなければなりません。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントを残す