15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

納棺の流れやマナーや入れるものや入れてはいけないものなど

納棺

納棺では故人に死装束を身につけさせ、お棺に納めます。

通夜が始まる前までに行えばよく、いつ行っても問題はありません。

遺族が多く参列できるタイミングで行われるのがベストで、通夜の日の昼間に行われることが多くなっています。

喪服はまだ着用しなくてもよく、男性であればスーツ、女性であればそれに準じた服装で参列します。

遺体に触れるので傷を付けないよう、腕時計やアクセサリー類は外しておくのがマナーです。

納棺はいつするのがベスト?納棺は遺族が集まりやすさが最優先

納棺をするタイミング

納棺とは文字通り、遺体をお棺に納めることを言い、納棺を行う儀式のことは「納棺の儀」と呼ばれます。

いつ納棺するかについてはとくに定められておらず、通夜が始まるまでに行われていればそれでかまいません

そのため遺族が集まる都合が考慮され、葬儀会社との相談により、納棺を行う日時が決定されます。

通夜の日の昼間に行われることが多くなっていますが、通夜が行われる日の前日や、通夜の直前などに行われる場合もあります。

また病院でお亡くなりになった場合は、先に納棺を済ませてしまうことも多くあります。

納棺の流れとは?全員で少しづつ身支度を整える、大切な儀式です

死化粧

納棺はまず遺体に死装束を身につけさせ、それから遺体をお棺に納める、という流れで行われます。

死装束は仏教ではあちらの世界までの旅路にふさわしい恰好として経帷子を着せ、手甲や脚絆を身につけ、足には足袋を履かせます。

生きているときとは反対にするのが作法であることから、経帷子は左前となるように着せ、手甲や脚絆、足袋のひもは縦結びになるように、さらに足袋は左右逆に履かせます。

ここまで身支度が済んだら立ち会っている人全員で遺体を支え、お顔が上を向くようにして、お棺に収めます。

お棺に収められた遺体の首に六文銭を入れた頭陀袋をかけ、足元には草鞋を入れます。

杖は故人の利き腕の側において、最後はお布団をかぶせ、お棺のふたを閉めます。

遺体に傷を付けないように、アクセサリー類は外しておくのが納棺のマナー

アクセサリー

納棺のさいはまだ喪服を着用しなくてもかまいません。

平服で立ち会いをすることになりますが、地味なものが基本になります。

男性であればスーツ、女性であればそれに準じた服装をすることが望ましいとされています。

直接触れることがあるので、遺体を傷つけることのないような装いとすることがマナーです。

腕時計や結婚指輪以外のアクセサリー類は、外しておくように注意しましょう。

納棺に入れてはいけないものと入れるものについて

愛読書

納棺のさい、空いているスペースには副葬品として故人が愛用していた日用品や好きだったものなどを入れます

ただし何を入れても良いというわけではなく、燃えないものや燃えにくいもの、火葬場の炉を傷めてしまうもの、燃やすことで環境に良くない影響を与えるものは入れることが禁止されています。

ガラスやプラスチック、金属類、陶器、爆発の危険がある缶類や密閉容器、などはお棺に入れることはできません

このためメガネや入れ歯などは入れてはいけないものとされ、火葬のあと、骨壺に入れてあげます。

ペースメーカーや手術用ボルトが故人の体内に入れられている場合には、取り外すか、火葬場に申告する必要があるので注意しましょう。

副葬品として入れるものには写真や手紙、愛読書、タバコなどがあげられます。

しかし生きている人の写真を入れるとあちらの世界に連れていかれてしまう、という言い伝えもあります。

気にする人もいるので、入れてもかまわないかどうか確認してから入れるようにしましょう。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントを残す