15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

葬儀のお布施のマナーは?金額や書き方や渡し方など

お布施

葬儀でお経をあげていただく僧侶には、感謝の気持ちを込めてお布施をお渡しします。

いくら包むかについて定められた基準はなく、気持ちとして妥当なものをお包みするのが本来のお布施です。

だいたい相場は葬儀に来ていただく僧侶1人あたり、30万円とされています。

葬儀の前にお渡しするものとされていますが、あとになってしまってもかまいません。

作法にしたがって、お盆やふくさなどを用いてお渡しします。

お布施の金額の相場は1人あたり30万円!でも、僧侶の人数によって変わる

お布施の金額

身内が亡くなった場合には故人がきちんと成仏できるように、供養をすることが必要です。

枕飾りができたところであげていただく枕経、仏壇を購入したりお墓を建立したりした場合にしていただく開眼供養など、僧侶にお願いしてやっていただかなければならないことはたくさんあります。

供養をお願いするさい、僧侶に感謝の気持ちを込めてお渡しするのがお布施です。

またお布施をお渡しすることは菩提寺に対して喜捨をすることになり、功徳を積むことにもなります。

そのためお布施にはいくらを渡すというように、定められた金額があるわけではありません。

気持ちとして妥当な金額をお渡しするのが本来のお布施であり、いくらをお渡ししても良いことになります。

一般的に葬式でお渡しするお布施の相場は、僧侶1人に対して30万円とされています。

僧侶を2人お呼びした場合は70万円、僧侶を3人お呼びした場合は100万円が相場となります。

またお布施以外にも戒名を付けていただいた場合には別に戒名料としてお布施を包むことが必要です。

お車代やお食事料を別に包む場合もあるので注意しましょう。

お布施の書き方を間違えないで!僧侶に渡すお布施は不祝儀じゃなく、祝儀

お布施の書き方

お布施は僧侶にお渡しするさいは奉書紙を包み紙として使用します。

奉書紙は儀礼に用いられる厚手の紙で、表となる方がツルツル、裏となる方がザラザラとしています。

お布施を半紙などの中包みで包むか中袋に入れてから、奉書紙で包みます。

奉書紙,での包み方には祝儀のさいの折り方と不祝儀のさいの折り方がありますが、お布施は祝儀の折り方で包まなければなりません。

間違えられがちですが僧侶にお渡しするお布施は不祝儀ではないので、注意が必要です。

この奉書紙を使って包む方法がもっとも丁寧だとされていますが、用意できない場合は白い封筒を用いることも可能です。

表書きは「お布施」、あるいは「御布施」とするのが正式ですが、何も書かないでお渡ししても問題ないとされています。

中袋には住所と氏名、そしてお布施の金額を書きますが、金額の書き方は旧字体とすることが正式な作法です。

「一」 は「壱」、「二」は「弐」、「三」は「参」、「五」は「伍」、「十」は「拾」、「百」は「佰」、「千」は「阡」、「万」は「萬」、そして単位となる「円」は「圓」と書きます。

お布施の渡し方にも作法があるのでマナー違反に要注意

お布施のマナー

僧侶へのお布施は葬儀の前にお渡ししますが、ただ渡せば良いというものではなく、渡し方にも作法があるので注意が必要です。

お布施は直接手で渡すのではなく、お盆の上において差し出すのがマナーとなっています。

お盆は葬儀会場などに用意されているものでかまいませんが、ない場合はふくさを使用します。

角が上下左右に来るように広げたふくさの上にまっすぐにお布施を置き、包んでいきます。

僧侶の前でふくさを広げ、ふくさの上に置いたまま差し出して取っていただくようにしましょう。

不祝儀では紺色や灰色、深緑色、鶯色などのふくさを使用します。

紫色のふくさは不祝儀の場合でも祝儀の場合でも使用することができます。

「本日はよろしくお願いします」などの言葉で挨拶をし、お布施をお渡しします。

お布施を渡すタイミングは葬儀前がベスト!でも葬儀後でも可

お布施の渡し方

もともとお布施は、葬儀を行った翌日に菩提寺に出向いていって、お礼の言葉とともにお渡しするものでした。

しかし最近は葬儀の当日にお渡しすることが一般的となっています。

僧侶には葬儀を行う会場に到着したら、控室で待機していただきます。

お布施をお渡しする正式なタイミングはこのときで、喪主、および遺族の代表が僧侶の控え室に出向き、お布施をお渡しすることになります。

慌てないですむように、お布施は僧侶が葬儀会場に到着するまでに用意しておくことが必要です。

多くの葬儀会場では僧侶が到着したことを伝えてくれるので、連絡があったらすぐに挨拶に向かうようにします。

僧侶へ挨拶し、お布施を渡すタイミングは葬儀前とされているものの、葬儀の準備や参列者への対応などでできないこともあります。

そのさいには葬儀が終わった後でもかまわないことになっています。

お布施と一口に言ってもお葬式だけのお布施なのか、それとも枕経から四十九日法要までを含めてのお布施なのかで渡し方は異なってきます。

いつ渡すかなどについて、あらかじめ菩提寺と相談しておくことが大切です。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントを残す