15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

お焼香のやり方とは?お焼香のマナーと宗派による違いなど

お焼香

仏式葬儀には欠かせないお焼香ですが、正しいやり方を知っている人は意外に少なく、先にお焼香をした参列者の真似をしてその場しのぎをする人が多くなっています。

お焼香のやり方や回数は宗派によって異なり、自分の宗派の作法で行うものとされています。

焼香のやり方は抹香を親指、人差し指、中指の3本の指でつまむこと!落とすときは静かに、パラパラと

焼香の仕方

仏式で行われるお通夜や告別式で欠かせないのが、お焼香です。

お焼香は香を焚くことで、棒状になっている香のことを線香、粉末状になっている香のことを抹香と言います。

お仏壇やお墓に供えるお香としては線香が用いられることが多いですが、お通夜や告別式、またその後に行われる法事では抹香が用いられることが多くなっています。

お香を焚くと香りがたち、この香りには邪霊を遠ざけるとされています。

邪気が入り込むのを防ぎ、その場を清らかなものにするために、お香がたかれます。

また香りとともに立つお香の煙は仏様が召し上がる食べ物であり、通夜や告別式で行われるお焼香には、冥福を祈る意味も込められています。

焼香台にある抹香を親指と人差し指、そして中指の三本の指でつまみ、香炉にパラパラと落とすのが抹香を用いたお焼香のやり方です。

お焼香には立ったままお焼香する立礼焼香座って行う座礼焼香参列者は添わったままで香炉を回して行う回し焼香の3種類があります。

葬儀会場で通夜や告別式を行う多くの場合では、立礼焼香の形でお焼香することになります。

立礼焼香では自分の順番が来たら遺族や僧侶に向かって一礼し、焼香台の前へと進みます。

遺影に向かって一礼、または合掌し、抹香を3本の指でつまんだら顔の高さまで持ち上げます。

自分の額に軽く当てるやり方をする場合は、このときに額に当てます。

香炉の上で抹香を離し、静かに、パラパラと落とします。

お焼香をし終えたらもう一度遺影に向かって合掌し、数歩下がったところで遺族と僧侶に向かって一礼したのちに、自分の席へと戻ります。

座礼焼香は菩提寺や自宅でのお通夜や告別式のさいに行われるお焼香のやり方ですが、座ってお焼香をするという以外、お焼香のやり方としては立礼焼香と同じです。

しかし焼香台までの距離が近い場合には立ち上がらず、体を少しづつ腕の力でずらして移動します。

距離がある程度ある場合は立ち上がりますが、中腰で移動をします。

お焼香のさいは左手に数珠を持ったままがマナー!席に置いていくべからず

数珠

通夜や告別式でお焼香をするさい、持参した数珠を座席に置いたままにしてしまう方がたまにいますが、これなマナーに反する行為です。

数珠は左手に持ったままで焼香台へと向かい、右手でお焼香をしたあと数珠を持った左手に右手を合わせて合掌するのが、正しいお焼香の作法になります。

数珠は大切な仏具であり、何かの上にポンとそのまま置いてはいけません。

やむをえず置く必要があるときは、ハンカチなどを下に敷くようにしましょう。

宗派によってやり方、回数が違うお焼香は、自分の宗派の決まりでOK

焼香をつまむ

お焼香は1回だけする場合、2回や3回する場合があります。

お焼香を何回するか、また額に軽く押し当てるかどうかは、宗派によって異なっています。

真言宗では額に押し当てるお焼香を3回、行います。

曹洞宗、真宗大谷派は2回ですが、曹洞宗の場合は1回目のお焼香は額に押し当て、2回目のお焼香は額に押し当てないものとします。

真宗大谷派では2回とも額に押し当てません。

臨済宗、浄土真宗本願寺派では額に押し当てないお焼香を1回します。

日蓮宗では1回か3回、額に押し当てないお焼香をし、天台宗、浄土宗では額に押し当てないお焼香を1~3回程度する、とされています。

これらのお焼香をする回数や額に押し当てるかどうかは、参列者自身の宗派に従って行います

参列している通夜や告別式の宗派に合わせて行う必要はなく、他の参列者と違うやり方でお焼香をしてもマナー違反とはなりません。

また参列者が多い場合は宗派に関係なく、お焼香をするのは1回とされる場合があります

もめることもあるので要注意、お焼香は関係が近い人から順番に

関係が近い人から順番に

お焼香を行う順番は、基本的に故人との関係の近さによって決定されます。

最初にお焼香するのは喪主で、故人の配偶者や子供になります。

次にお焼香するのは喪主でない子供とその家族、そして故人の兄弟姉妹とその家族、というように続きます。

その他の親戚であまり故人との関係の近さに差がないような場合は、年齢が上の方から、あるいは男性からなどの順番でのお焼香となります。

お焼香の順番の決め方は地方や地域などによって異なっており、配慮されなければならない事情があることも少なくありません。

そのためさまざまな順番で行われ、着席している席の順番とされることもあります

遺族や親戚のあとに、一般の参列者の焼香が行われます。

一般の参列者の焼香の順番はまず故人の勤務していた会社関係者、次に友人や知人、そして遺族関係者と続きます。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントを残す