15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

精進落としの意味やマナーとは?金額や誰を呼ぶ?

精進落とし

精進落としはそれまで精進料理としてきたものを、通常の食事へと戻すさいに設けられる食事の席です。

仏教では忌明けの四十九日までは肉や魚を含む料理を口にすることを禁じており、本来、精進落としは四十九日法要のさいに行われるものでした。

今は初七日法要のさいに精進落としをするようにと変わってきており、また初七日法要も繰り上げられることが一般的であるため、精進落としを行うのも早められています。

通夜や告別式と同じ日に行われることが多数を占め、そのなかでも火葬をしているあいだを利用することが多くなっています。

意外に知られていない精進落としの意味、それまでは精進料理をとすることが仏教の習わし

僧侶

精進落としはそれまでの精進料理としていた食事を通常の料理に戻すことを意味し、お斎や精進明け、精進上げ、忌中払いなどとも呼ばれます。

また精進落としは、僧侶や参列者、通夜や告別式で世話役をしてくれた方々に対して感謝をし、労をねぎらうために設けられる席でもあります。

通夜や告別式でお経をあげ、焼香をするなどといった供養をしていただいた僧侶、参列し、故人の鎮魂と冥福を祈ってくれた参列者、そして通夜や告別式を行うにあたってさまざまなことで協力をしてくれた人たちに食事を振る舞うことでお礼をするということも、精進落としをする目的のひとつとなっています。

まず行われるのが喪主、あるいは遺族代表による挨拶

喪主のあいさつ

精進落としではまず喪主、あるいは遺族の代表者による挨拶が行われます。

この挨拶では僧侶や参列者、通夜や告別式で世話役をしてくれた方々に、お礼の言葉を述べます。

また挨拶後は献杯をしますが、献杯の合図は挨拶をした喪主や遺族代表が行っても、他の人がかわって行ってもかまいません。

食事をしているあいだも喪主は遺族とともに席を回って、参列者一人一人に対しても、直接お礼の言葉をかける必要があります

精進落としはいつやる?忙しい人が多い現代では、精進落としは火葬中に行われることが多い

火葬場

精進落としは本来、忌明けである四十九日に行うとされてきましたが、今は繰り上げて行うことが一般的です。

そのため精進落としをいつするかについてはさまざまな事情により異なり、ケースバイケースとなっています。

初七日法要に合わせて精進落としを行うことがほとんどとなっていますが、初七日法要自体も繰り上げて行うことが現在では多くなってきています。

みな忙しくしているために初七日法要を行うためにもう一度遺族に集まってもらうことは難しく、遠方からわざわざいらっしゃる参列者も多いからです。

繰り上げて初七日法要を行う場合としてもっとも多いのが、通夜や告別式の日に合わせて行ってしまうやり方です。

この場合は火葬しているあいだ、あるいは火葬後に行います。

火葬をしているあいだに精進落としを行うことは、持っているあいだの時間を有効活用できるというメリットがあります。

火葬場の炉の性能や故人の遺体の状況にもよりますが、火葬には1時間半程度の時間がかかります。

このあいだ火葬の参列者は、とくにすることがありません。

精進落としを行うことによって待っているあいだに故人の思い出話などをして偲び、有意義なものとすることができます。

精進落とし金額の相場は3000~4000円、いつ、どこで精進落としが行われるかによって異なる

財布

精進落としは火葬中に行われるか、火葬後や初七日のさいに行われるかによって、行われる時間や場所が異なってきます。

火葬中に行われる場合は、火葬場の待合室での精進落としとなることが通常です。

昼食としての食事となり、提供されるのは一般的に仕出し弁当です。

火葬後や初七日法要のさいに精進落としが行われる場合には、葬儀会場や、他の料理店を会場として使用します。

火葬後の場合には夕食として、初七日法要のさいの場合には昼食か夕食、どちらかとして席が設けられることになります。

出される料理の金額はいつ、どこで精進落としが行われるかによって異なり、3,000~4,000円とされています。

精進落としでは誰を呼ぶ?呼ぶ範囲はケースバイケース

誰を呼ぶ

火葬している間に精進落としが行われる場合は、火葬に参列している全員が参加することになります。

火葬後や初七日法要のさいに精進落としをする場合には、誰を呼ぶかについてが問題となることがあります。

設ける精進落としの規模、地方や地域に残っている風習、遺族の考え方などによってそれぞれであり、呼ぶ人の範囲は異なってきます。

僧侶や遺族、故人と近い関係にあった友人・知人、また通夜や告別式でとくにお世話になった人が呼ばれ、和やかな雰囲気のなか、故人との思い出などが語られるのが一般的です。

精進落としに招待されたら、できる限り参加するようにするのがマナーです。

席順は一番奥の上座には僧侶、一番末席には喪主が座る

精進落としの席

精進落としは喪主や遺族が僧侶や他の参列者をもてなす形で行われます。

そのため一番奥の上座は僧侶の席とし、故人との関係が近かった順や通夜や告別式でお世話になった順が、席順となります。

下座には遺族が座り、一番末席は喪主の席になります。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントを残す