15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

出棺の流れや運び方やマナーについて

霊柩車

出棺のさいはお棺を花で埋め、最後に故人のお顔を見て、お別れをします。

ゆっくりと過ごせるおのはこれで最後となり、全員であたたかく見送ることが大切です。

霊柩車が完全に過ぎ去るまで、故人に対して失礼のないように振る舞わなければなりません。

出棺の流れとは?出棺は故人のお顔をゆっくり見ることができる最後の場

棺桶に入れる花

告別式を終えたら火葬を行うため、遺体を納めたお棺を火葬場へと運びます。

告別式に参列した方全員でお見送りすることを出棺と言い、出棺を行う儀式のことは出棺の儀と呼ばれます。

流れとしては故人に最後の別れをしたあと、お棺のふたを閉じ、霊柩車に乗せて葬儀会場を出発する、というものになります。

まず葬儀会場の中央や祭壇の前にお棺を運び、告別式参列者が順番に故人とお別れします。

このときは葬儀会場に飾ってあった供花を切って1輪づつにばらし、納棺のさいに入れなかった副葬品といっしょにお棺の中に入れます。

火葬に参列しない方にとっては文字通り最後のお別れの場となります。

また火葬場ではゆっくりとお別れをすることができないこと多く、都市部の火葬場などでは時間がかかるという理由で故人と対面してのお別れを禁止しているところもあります。

火葬に参列する方にとっても故人のお顔を見てゆっくりとお別れすることができる、最後の機会となります。

全員のお別れが済んだら、お棺のふたを閉める儀式を行います。

必ず足の方を前にして!お棺を運ぶさいは向きに要注意

お棺を運ぶ

お棺を葬儀会場の外へと運び出すさいは、遺族をはじめとする何人かの男性の手で行います。

運び方は足の方を前にすると決まっているので、向きを間違えないようにしなければなりません。

お棺のあとから位牌を持った喪主、遺影を持った遺族代表が退場し、参列者も続いて霊柩車の方へと移動します。

霊柩車にお棺を乗せたら喪主と遺族代表は霊柩車の前に並び、持っている位牌と遺影を参列者の方へ向けて一礼します。

また喪主挨拶が行われることもあります。

最後まで礼を尽くすのがマナー、寒くてもコートを羽織るのはNG

防寒具はNG

出棺でお棺や位牌を持った喪主、遺影を持った遺族代表が葬儀会場を後にしたら、参列者も続いて霊柩車の方へと向かいます。

霊柩車が停車しているのは建物の外なので、冬は寒く、霊柩車が出発する準備ができるまではコートを羽織ったりマフラーや手袋といった防寒のための小物を身に着けたりすることはマナー違反にはなりません。

しかし準備が整い、火葬場へと霊柩車が出発するときには、コートは脱ぎ、マフラーや手袋は外すようにしましょう。

霊柩車が動き出したら一礼をして見送りますが、そのあとすぐに誰かと大きな声で会話を始めたり、笑ったりすることも控えなければなりません。

霊柩車が完全に過ぎ去ってしまうまでは静かに見送るようにするのがマナーです。

悲しく響く霊柩車のクラクションは古くからの風習が由来

故人からのあいさつ

告別式の参列者による見送りを受け、霊柩車が出発するさいにはクラクションが鳴らされることが多くなっています。

これは出棺のさい、故人のお茶碗を割ることに由来した作法です

故人が生前に使っていたお茶碗を割ってしまうことで、こちらの世界に戻ってくることなく、まっすぐとあちらの世界へたどり着くことができますようにとの願いを込めました。

昔は自宅で葬儀を行うことが当たり前だったため、このような風習も広く行われてきました。

しかし今では葬儀会場でのお葬儀が普通になっており、出棺のさいにわざわざ故人宅からお茶碗を持ってきて割ることは行われなくなってきています。

出棺のさいに霊柩車がクラクションを鳴らすようになったのはこの風習の代わりとして行われているものです。

また故人からの挨拶としてクラクションを鳴らすようになった、とも考えられています。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントを残す