15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

檀家制度の問題点は金銭的負担!抜けることはできる?

檀家制度の問題点

檀家制度においてよく問題とされるのが、檀家の経済的負担が大きいということです。

なかでも使い途や金額が疑問視される寄付が多いことが問題視され、不平や不満を持つ檀家も多く存在します。

このような場合に離檀しようとしても多額の離檀料が請求される恐れがあります。

またお墓の引っ越しをする場合も先に菩提寺に相談しておかないとトラブルになるので、注意が必要です。

不平や不満を持つ檀家が多い檀家制度、ずばりその問題点とは?

菩提寺への寄付

檀家が菩提寺に持つ不満のなかで、もっともよく耳にするのが菩提寺に対して行う金銭的支援が大変だというものです。

菩提寺は檀家に不幸があった場合、通夜や告別式といった葬儀に呼ばれお経をあげたり、戒名をつけたりします。

またその後に行われる法要やお盆などでもお経をあげ、供養をします。

このようなさいに檀家は菩提寺に対しお礼の意味でお布施を渡しますが、これ以外にも年会費や墓地維持管理費など、必要な金額は別途で集金されます。

菩提寺に本堂や墓地について必要とされる経費は、すべての檀家によって公平な負担がおこなわれるようになっています。

問題となるのはこれら以外に、寄付という名目で集金が行われている点です。

寄付はお布施やお心づけ、年会費、墓地維持管理費などの必要額以外に檀家が菩提寺に対して行う金銭的支援です。

本来、お寺の本堂や墓地について、建て替えや修繕、補修工事を行うための資金を集める目的で募られるものです。

しかし実際には必要以上の寄付金が菩提寺から募られ、檀家は半ば強制的にお金を支払っていることが多くあります。

檀家は先祖の魂を人質に取られているような感覚で、不本意ではあるものの菩提寺から提示された寄付金額を支払っています。

檀家からの寄付金を個人の生活費や遊興費、住宅費などに流用している菩提寺も多く、社会的な問題にもなっています。

要注意!離檀には離檀料として法外な金額を請求されることも

離檀料

あまりにも菩提寺の振る舞いがひどい場合、檀家を抜けることも選択肢の一つとなります。

檀家を抜けるさい、菩提寺に支払わなければならないのが離檀料です。

離檀料はもともと、抜ける檀家が菩提寺に対してこれまでの感謝の気持ちを表すことを目的に、おさめるものでした。

しかし今では菩提寺から支払うことを強制され、金額も○○円と指定されるものとなっていることから、離檀料は檀家を抜けるための費用とも考えられるようになってきています。

離檀料を支払わないと檀家から抜けることは認められず、年会費や墓地管理費などは支払続けなければなりません。

檀家を抜けるさいの問題点としては、これまでその菩提寺の墓地に埋葬してきた遺骨をどうするのか、ということがあげられます。

檀家を抜けるということはその菩提寺が所有・管理を行っている墓地からでていかなくてはならなくなる、ということを意味します。

たとえその墓地を永代使用する権利を持っていたとしても、檀家を抜けるということは墓地にまつわる権利も放棄するということになるからです。

別の墓地を用意して新しい墓を建立するか、お墓への埋葬以外の方法を考えることが必要です。

お墓のお引っ越しも要注意!まずは菩提寺に相談する形でトラブル回避を

お墓の引っ越し

菩提寺に不満がある以外にもお墓から離れた場所で生活をしていたり、改宗したりした場合に行われるのがお墓の引っ越しです。

お墓の引っ越しとは新しくお墓を建立し、今のお墓に埋葬されている遺骨を新しいお墓に異動させることを言います。

正式には改葬と呼ばれ、遺骨とともに石碑も引っ越す場合と、新しいお墓では石碑も新しいものを使う場合と2つの引っ越し方法があります。

遺骨だけを引っ越した場合、古い石碑は取り壊され、撤去されます。

お墓の引っ越しをするには菩提寺に事務手続きや閉眼供養や魂抜きといった法要、遺骨の取り出しをお願いしなければなりません。

いきなり事務手続きなどをお願いしてトラブルになるケースも多いのでお墓の引っ越しを行うさいは、まず菩提寺に相談する形をとっておくように気をつけましょう。

また閉眼供養や魂抜きをした後の古いお墓については、菩提寺の指示に従って撤去する必要があります。

墓地は更地にして戻さなければならないので、これらの整備についても菩提寺の指示通りに行うようにしましょう。

公共霊園や民間霊園なら安心!檀家に入らなくてもお墓が持てる

霊園

公共霊園や民間霊園のお墓の所有・管理を行っているのはお寺ではありません。

そのため公共霊園や民間霊園内にお墓を持つと、檀家に入らないですむことができます。

不幸があり通夜や告別式といった葬儀を行うさいは、葬儀社などと提携しているお寺から僧侶を派遣してもらいます。

菩提寺と檀家という関係ではないものの昔から法要などをお願いしているお寺がある場合、檀徒という取り扱いがされていることがあります。

檀徒は檀家ほど強い結びつきではないことが多くなっています。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントを残す