15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

檀家制度とは?どんなメリットやデメリットがあるのか?

檀家制度

檀家制度はお寺に檀家を監視する権限を持たせ、キリスト教を弾圧するために作られた制度です。

江戸時代に作られたものですが、宗教の自由が確立されたあとも形を変え残されています。

現在の檀家制度は供養をする菩提寺と、その菩提寺を経済的に支え檀家の関係を表すものとなっています。

強い結びつきがある反面、檀家の経済的負担が大きい、という不平や不満があります。

供養をする菩提寺と、菩提寺を経済的に支える檀家

菩提寺

檀家制度とは江戸時代にできた制度で、お寺と、そのお寺に先祖の供養をお願いしている家とのあいだの関係をさしています。

江戸時代であった1612年、幕府はキリスト教禁止令を出し、キリスト教への弾圧を始めました。

キリスト教を異教として排除し、キリスト教信者を迫害するために用いられたのが檀家制度の始まりです。

キリスト教信者となったものの親族を監視する役割が寺に与えられ、お寺は檀家に対し強力な権限を持つようになりました。

現代の檀家制度は不幸があった場合や先祖についての供養を行う菩提寺、不幸があった場合や先祖についての供養をしてもらう代わりにお布施やお心づけを渡したり寄付をしたりすることによって経済的に菩提寺を支える檀家、という関係のものに変化しています。

最大のメリットは、供養を頼めるお寺が決まっている安心感があること

檀家制度のメリット

不幸があった場合に呼ぶ僧侶が決まっているという安心感があることが、檀家制度の最大のメリットだということができます。

檀家制度がないと通夜や告別式といった葬儀でお経をあげてもらったり、戒名をつけてもらったりする僧侶を決めるところから始めなければなりません。

長く闘病生活を送っていたり、ある程度の高齢となっていたりした場合は別として、急な不幸の場合は何の準備もしていなかったことになります。

通夜や告別式をどのように行うかを決めるだけでも大変なのに、檀家となっているお寺がない場合には呼ぶ僧侶をどのように選び、手配するかについても考えなくてはなりません。

また檀家となっていないということは、亡くなられた方の遺骨を納めるお墓もないということになります。

忙しいなかで合わせてお墓の準備をしなければならないため、遺族はとても大変です。

檀家となっているお寺があれば連絡すれば通夜や告別式に僧侶を呼ぶことができ、お墓を建立するまでのあいだ遺骨を預かってもらうことも可能です。

普段との付き合いの深さから、手厚く供養してもらうこともできます。

しかし檀家になると菩提寺に対して経済的援助をしなければならなくなりません。

葬儀や法要のさいにお布施やお心づけをお渡しする以外にも、年会費を支払ったり寄付をしたりしなければならなくなります。

寄付は本来、寄付をする方の意志によって行われるものです。

強制されてするものではなく、金額も自由に、払うことができる範囲でするのが基本となります。

にもかかわらず菩提寺と檀家の関係である檀家制度においては菩提寺のほうが力が強く、檀家は菩提寺からの寄付の要請を断りづらくなっています。

寺や墓の維持や回収のためにどうしても必要な寄付が募られる場合もありますが、寄付のなかにはそうでなり理由で集められるものもあります。

このような菩提寺ついて不満を持っている檀家も多くいるということが、檀家制度のデメリットになっています。

神道、キリスト教にも檀家制度はある?

キリスト教

仏教の檀家制度では、菩提寺と檀家は強く結びついています。

神道でも同様の制度はありますが、仏教の檀家制度のような強力な結びつきのものではありません。

菩提寺にあたるものは氏神、檀家にあたるものは氏子と呼ばれます。

キリスト教では仏教の檀家制度のようなものは存在しません。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントを残す