15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

骨壷の大きさや扱い方とは?入らないときや処分方法など

骨壷

骨壺にはさまざまな大きさのものがありますが、東日本では7寸、西日本では6寸のものが主に用いられます。

遺骨の量に大きな差はないため、入らない、ということは滅多にありません。

遺骨を取り出したあとの骨壺は、不燃ごみとして処分します。

骨壺のサイズは東日本では7寸、西日本では6寸がよく使われる

骨壷の大きさ

亡くなられた方の遺体を火葬したあと、遺骨を納めるのに使用するのが骨壺です。

大きさは寸で表され、2〜8寸、または尺寸といった大きさの骨壺があります。

小さいものは分骨したさいや手元供養用とされ、大きなものは改葬したさいに合葬する場合に用います。

またペット用としても用いられ、遺骨の量に合わせて適したものを選びます。

一般的に東日本では高さ25.5センチメートル、直径22.0センチメートル程度の7寸の骨壺が用いられ、西日本では高さ20.5センチメートル、直径18.0センチメートル程度の6寸の骨壺が用いられます。

これは東日本では全部の遺骨を拾って骨壺に納めるのに対し、西日本では一部の遺骨のみを拾って骨壺に納めという風習の違いによるものです。

骨壺に入らない心配は無用!大きな体の人でも遺骨の量はそれほど変わらない、標準サイズの骨壺で納めることが可能

遺骨の量

火葬した遺骨は骨上げ用の箸でつまんで、骨壺へと収めます。

そのままでは骨壺に入らないような大きな骨は、入れることができる大きさにまで小さくして収めます。

大腿骨や骨盤などがそういった骨になり、係の人が前もって、専用の道具を用いて小さくしておいてくれる場合も多くあります。

故人によって遺骨の量がそれほど変わるということはなく、男性など大きな体の人であっても普通の骨壺に収めることができるのが通常です。

どうしても骨壺に収まりきらなかった遺骨は、火葬場にある、専用の場所で供養されます。

一部の遺骨のみを骨壺に収めるという風習の西日本においても、残された遺骨は同じ方法で供養されます。

骨壺の包み方の注意点は結び目がほどけないように風呂敷の結び目は固く結んで

風呂敷

骨上げされ、遺骨が収められた骨壺は風呂敷で包んで、自宅や菩提寺などに運びます。

風呂敷を使う場合、最初に後ろ側から前にかけるようにする包み方とします。

風呂敷の4つの角が上下左右に来るように広げ、中心に骨壺の前が包んでいる人間に向くように置きます。

まず後ろ側にある角を骨壺にかぶせるように前に持ってきて、次に前にある角をその上にかぶせるように後ろ側に持っていきます。

左右の角を骨壺の後ろで合わせ、ほどけないように固く結びます。

ほとんどの火葬場では係の人が包んで渡してくれるので、心配する必要はありません。

骨壺を包む風呂敷は一般的に白無地のものとなっていますが、紫色や紺色のものを用いることもあります。

自宅ではどこに置いても問題なし!市販の骨壺専用の置き台を利用する方法も

納骨

多くの場合、遺骨はお墓に納骨されます。

四十九日が納骨の目安とされ、四十九日法要を行うさいに納骨もすることが多くなっています。

しかし遺骨は必ずしもお墓に納めなければならない、というわけではありません。

菩提寺に預かっていただいたり、また自宅に安置したりすることもできます。

自宅に安置する場合の骨壺の置き方に、とくに決まりはありません。

専用の置き台なども市販されているので、それらを利用しても良いでしょう。

カロートへの入口が通過できない!こんなときは小さい骨壺に移し変えて問題解決

カロート

お墓の中にある骨壺を安置しておく部分はカロートと呼ばれ、
の入口は雨などが入り込むのを防ぐ目的で狭くなっているのが通常です。

このため骨壺が入口を通過できない、あるいはカロート内のスペースに余裕がないなどの理由により、小さな骨壺に遺骨を移し変えて納骨する場合があります。

骨壺から別の骨壺へと遺骨を移し変えるさいは、箸を用いて行います。

また火葬場によっては白い骨壺以外のものを持ち込むことが禁止されていることがあり、絵柄入りなどの骨壺を準備してあった場合には骨上げに用いることができないことがあります。

そのような場合にもあとであらためて遺骨を移し変えることが必要になります。

移し変えは初七日や四十九日、納骨といった法事の席を利用して行うことができます。

骨壷の処分の仕方は遺骨を取り出し、不要になった骨壺は不燃ごみへ

骨壷の処分

お墓のカロートがいっぱいになってしまった場合は古いものから順番に遺骨を合葬とすることで、新しい骨壺を置くスペースを確保することができます。

遺骨を合葬するとそれまで使用してきた骨壺は空になり、不要になるので、処分しなければなりません。

一般的に骨壺は磁器なので、不燃物として取り扱われます。

骨壺だったことがわからないよう、割ってから不燃ごみに出します。

とくに名前が彫ってあった部分は読み取ることができない程度にまで、割っておくことが大切です。

菩提寺にお焚き上げにしてもらったり、葬儀会社や石材店など葬儀用品を取り扱っている販売店に処分を依頼したりといった処分方法もあります。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントを残す