15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

葬儀の供花のあげ方は?どんな花がいいの?辞退する場合は?

供花

供花は悲しみや哀悼の意を示すために葬儀に供えられる花で、喪主や親戚、知人・友人などによってあげられます。

白い花が適しているためキクやラン、ユリなどが多く使用されますが、白バラはとげがあるため使用されません。

また毒があるもの、香りがきついものも供花には不向きです。

お返しはしなくても良いとされていますが、気持ちとして5,000〜10,000円程度の品物をお送りすることも可能です。

辞退する場合は、その旨がはっきりと伝わるように配慮しましょう。

辞退する場合は、はっきりとその旨を伝えることが大切です。

供花に適しているのはキクやラン、ユリといった白い花、白くてもバラはとげがあるのでNG

百合

供花は通夜や告別式といった葬儀にお供えするお花のことで、喪主や親戚、知人・友人、勤務先、取引先、喪主や遺族の関係者などによってあげられます。

供花は故人がお亡くなりになったことに対する悲しみや哀悼の意を示すために出すものですが、地方・地域によっては供花には喪主などの遺族を慰める意味もあると考えることから、喪主は供花を出さない習わしのところもあります。

また喪主をはじめとする遺族や葬儀の参列者に対するアピールの意味で利用されるという、本来のものとは違う使われ方がされることもあります。

供花には誰からのものかがわかるようにと差出人の名前を記した札が立てられるため、ごく自然に参列者の目に入り、宣伝として利用されるというものです。

供花には白い花が適しているとされ、キクやラン、ユリが多く使用されます。

宗教や宗派の影響をあまり受けませんが、仏式葬儀や神式葬儀の場合にキクやラン、キリスト教式葬儀の場合にユリが好まれて使われます。

キリスト教式葬儀でユリの花が使われることが多いのは、アベ=マリアがキリスト受胎の洗礼を受けたさいにユリの花を天使から授かったということに由来しています。

白い花であってもバラはとげがあるので供花には使用されません。

とげがあるもののほかに毒を持っているもの、香りがきついものも供花には向いていません。

お返しは必要ないものの、あいさつ文は喜ばれる

あいさつ文

お香典とは違い、供花をあげていただいたからといってとくにお返しはする必要がありません。

しかし禁止されているわけではないので、気持ちとして何かの品物をお返しとすることがあります。

葬儀を行う葬儀社によっては、お返しの手配まで代行してくれるところもあります。

多くの典返しはいただいた香典の半分を目安とする、半返しを基本としています。

供花のお返しもお花の相場の半分程度の金額となる、5,000〜10,000円の品物を選んで、郵送します。

持参しないのは、四十九日までは喪が明けていないため、他人の家を訪問することは避けた方が無難なためです。

お返しに添えるあいさつ文については文例がマナーの本やインターネットサイトに掲載されているので、参考にすると良いでしょう。

品物でのお返しを行わない場合にも、手紙やはがきでお礼の言葉を伝えると喜ばれます。

重要!供花を辞退する場合は必ず訃報の連絡をするさいに明らかにすること

供花の辞退

供花をあげて頂くことを辞退する場合には、その旨を訃報連絡をした人に対してはっきりと伝える必要があります。

受け取った訃報連絡に供花を辞退する旨が明らかにされていないと、お花が送られてしまうことになるからです。

故人の遺志で供花を辞退する場合には、このような遺志を踏みにじってしまうことになります。

また葬儀会場の都合で供花辞退とする場合は処理・処分しなければならず、大変な手間となります。

一部の人にだけ供花辞退の旨が伝わることも避けなければなりません。

伝わっている人と伝わっていない人がいると不公平だと不満が出る恐れがあるので、注意しましょう。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントを残す