15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

供花の送り方とは?団体で送るときの注意点とは?

供花の送り方

供花は生花をあげるのが基本です。

供花をあげるさいは葬儀会場に連絡して手配してもらう方法と、生花店から配達してもらう方法の2通りのやり方があります。

葬儀会場によっては他から配達されてきた供花は飾らないところもあり、葬儀会場全体としてバランスのとれる供花をあげるためにも葬儀会場に直接連絡して、手配をしてもらう方が無難です。

供花は何人かであげることもできますが、名札の書き方には細かい配慮をする必要があります。

供花の値段と手配方法とは?1基は大体10,000円

供花の値段

供花をあげるさいは葬儀会場に連絡をすると行われる葬儀形式に適した供花を用意してもらうことができます。

1基の値段は10,000〜15,000円程度ですが、いくつかのランクがありもっと高いものがあったり1本という単位で8,000円程度であげることができる葬儀会場もあります。

供花は生花店に注文して葬儀会場に配達してもらうこともできますが、この場合はどのような供花とするかをくわしく指定しなければなりません。

供花はあまり宗教や宗派の影響を受けないとされており、「お葬式用で」と注文すればマナー違反となるようなお花が届いてしまうことはありません。

しかし祭壇をはじめとする葬儀会場の飾りつけや他の供花とのバランスが良いお花をあげるためには、葬儀会場に直接連絡をして手配を依頼するほうが無難です。

また葬儀会場によっては他の生花店などから配達された供花は飾らないところもあるので、注意しましょう。

複数で供花をあげる時は割り勘?友人一同や有志一同でOK?

供花の名札

供花は個人で1基をあげる以外にも、団体で1基や2基以上をあげることがあります。

1人であげるほどの関係ではなく、同じような人間関係にある人がお金を出しあって供花をあげる場合がこれにあたります。

この場合の供花代は全員が同じ金額を負担する割り勘とするのが一般的ですが、代表者に多く負担してもらうこともあります。

何人かで1基をあげた供花の名札には全員の連名とする場合、代表者の名前と他○名とする場合、子供一同や孫一同、友人一同というように○○一同とする場合があります。

全員の名前を書くと誰からの供花かが一目でわかるという反面、限られたスペースに多くの文字が入るので読みづらくなってしまいます。

名札に書く名前は、だいたい4名分が限度とされています。

また子供一同や孫一同、友人一同とする場合とは違い、供花をあげた方たちと故人とのわからないことも大きなデメリットになります。

名札に「友人一同」と書かれている供花があると、故人の死を悲しみ、哀悼してくれる人がいるということが、よくわかります。

しかし個人名だけが記されている供花ばかりだと故人の人間関係がわからず、人となりもよくわからなくなるので注意が必要です。

「有志一同」はある仲間の一部の人によって供花をあげるさいに使用する言葉です。

「○○会社○○部○○課一同」と書くとその課の全員によってあげられた供花ということになりますが、「○○会社○○部○○課有志一同」とするとその課の一部の人によってあげられた供花という意味になります。

供花は生花が基本のマナー!でも葬儀会場によっては祭壇以外は造花とする場合も

供花のマナー

供花とするのは生花のみが基本となり、とくに祭壇の飾りつけに造花が用いられることはありません。

このため供花には生花をあげなければならず、造花をあげることはマナー違反となります。

しかし葬儀会場によっては祭壇を飾る以外の供花に生花を用いることを禁止しているところもあります。

葬儀会場が広すぎて管理が大変になる、会場が汚れる、といった理由によるものです。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントを残す