15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

葬儀の斎場選びは慎重に!火葬場があると流れがスムーズ

火葬場

通夜や告別式を行う会場を斎場と言い、他に葬儀場や葬祭場、セレモニーホールなどとも呼ばれます。

公営のものと民営のものがあり、また火葬場が併設されているもの、霊園のなかにあるものなど、実にさまざまな斎場があります。

火葬場がある斎場を利用すると告別式のあとに火葬場まで移動しなくても済みます。

移動手段を手配する必要がなくなり、異動にかかる時間や費用を節約することができます。

斎場のなかには宿泊可能とされているところがありますが、これをホテル代わりに利用できると勘違いしてはいけません。

斎場の費用は種類によって大きく変化する

葬儀費用

通夜や告別式の会場として多く利用されるのが斎場です。

斎場は葬儀場や葬祭場、セレモニーホールなどと呼ばれ、自治体が運営する公営のものと、企業などが運営する民営のものがあります。

民営のものの多くは葬儀会社によって運営されていますが、そうではなく葬儀会社以外の企業によって運営されているものもあります。

また火葬場が併設されている斎場や霊園内にある斎場など、さまざまな形態のものがあります。

火葬場や霊園といっしょになっている斎場は移動の手間がなく、その分の費用を安くすることができます。

霊柩車や参列者移動用のバスなどを手配する必要がないからで、その分の費用も負担しなくても済むからです。

火葬にかかる料金などが別途で必要にならない、ということも出費を少なくすることにつながります。

火葬場の使用には料金がかかるためその分、斎場に支払う料金は高くなりますが、火葬場と斎場、2か所に別々に支払うことを考えると低く抑えることができるのが通常です。

斎場には公営と民営のものがあり、どのような設備といっしょになっているかもそれぞれ異なっていますが、同程度の設備であるならば公営のものの方が安く利用することができます。

斎場での流れをスムーズにするには火葬場がある斎場を選ぶのがおすすめ

煙突

斎場では通夜、告別式、そして火葬場が併設されている斎場では火葬までを行います。

火葬は告別式のあとに行われますが、火葬場が別の場所にある場合は遺体は霊柩車、参列者はバスなどを利用して移動する必要があります。

火葬場が併設されている斎場ではこの移動が不要になり、時間をかけず、スムーズな流れで火葬を始めることができます。

斎場に泊まることも可能!宿泊可とされていても遺体の付き添いなので要注意

線香

斎場によって、宿泊が可能であると案内しているところがあります。

しかしこれは斎場のなかにホテルのような宿泊施設があるわけではないので、勘違いしないようにする必要があります。

斎場の宿泊可とは、通夜が行われた晩に付き添いとして数名が遺体と過ごすことができる、という意味です。

故人との近い関係にある2~3名程度に限って、最後の晩を故人とともに過ごし、お別れをすることができます。

ろうそくや線香を絶やさないようにしなければならないため、仮眠が取れる程度にしか準備されていません。

お風呂などもなくシャワーのみとなっている斎場も多くなっています。

遠方からの参列者でも基本的に斎場に泊まることはできません。

近くのビジネスホテルなどを利用するようにしましょう。

また遺族のうち数名が遺体に付き添っている場合でも、決められた時間を過ぎると施錠され、斎場内に入ることはできなくなるので注意が必要です。

昔の通夜は一晩中行われるもので、深夜でもお焼香をあげることができました。

しかし最近の通夜は夜通し行われるものではなくなってきており、斎場の出入口が施錠されたあとにお焼香をあげることはできません。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントを残す