15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

お葬式の時に死装束を着る意味とは?着方など

死装束

死装束は仏教や神道で用いられる遺体に着せる装いで、白一色とされていることから白装束とも呼ばれます。

あちらの世界までの旅をするのに相応しい格好とされますが、すぐに成仏することを説いている浄土真宗では用いられません。

また最近では死に対してさまざまな考え方がされていることから、死装束を着せないことも増えてきています。

仏教では男女とも同じ装いとし、経帷子を左前に着せ、頭陀袋をかけます。

また三途の川の渡し賃として、六文銭を持たせます。

死装束の意味はありがたい経文などを記した経帷子を身に着け、あちらの世界へ出発

経帷子

古くから亡くなられた方には死装束を着せて、納棺してきました。

仏教での死装束は巡礼する修行僧にあやかった装いとされ、法衣とも呼ばれます。

経帷子という白地に経文などが記された一重の着物を着せて、帯を結びます。

その上からは托鉢をするのに用いるとされる頭陀袋をかけ、足には脚絆、手には手甲をはめます。

額には天冠や額布と呼ばれる三角の布を付けますが、これには諸説があります。

閻魔大王に会うための冠だとする説、こちらの世界での身分を表しているという説、悪霊を追い払うものだという説などです。

あちらの世界までの旅に出られるということから、こはぜを取り去った足袋と草履を履かせ、杖、そして三途の川の渡り賃として六文銭を持たせます。

六文銭は正式には冥銭と言い、六体の地蔵菩薩に渡すことから六文が必要であるということに由来しています。

昔は本物の銅銭を副葬品としてお棺に納めていましたが、現代では紙に印刷したもので代用しています。

浄土真宗では亡くなるとすぐに成仏し、あちらの世界までの旅はないと考えられることから、このような死装束は使用しません。

神道での死装束は神主が着用する衣装に似せた装いとされ、浄衣や神衣と呼ばれます。

キリスト教では死装束は用いられません。

また最近では死に対してさまざまな考え方がされるようになっていることを理由に、仏教や神道であっても死装束を着せないことも増えてきています。

このような場合は故人が生前に準備していたものや、遺族が選んだものを着せます。

死装束は旅の途中で着替えていただくようにと遺体の上にかけたり、お棺にいっしょに納めたりされます。

死装束はの着方は左前!前は時間を意味しているので、間違えないように要注意

着方は左前

死装束は全身を白の装いで身を包むことから、白装束とも呼ばれます。

白い色の衣装とすることは、白が死や弔いを意味する色であることによるものです。

仏教では死装束として経帷子を遺体に着せます。

帷子は夏に着る、裏を付けない一重の着物のことをいいます。

経帷子は白一色の麻や木綿などでできている着物に、経文や真言、南無阿弥陀仏や南無妙法蓮華経といった名号、題目、梵字などが書かれています。

とどまらずに、あちらの世界にまっすぐに行けますようにとのことから、縫い目の糸止めはしていないことが経帷子の特徴です。

死装束である経帷子は左前になるように着せなければならず、生きているあいだの着物の着方とは逆になります。

どっちが前に来るように着ると左前になるかですが、左前の「前」は時間の経過の「前」を意味しています。

生きているあいだは右前で着物を着るので、本人から見て右側の襟をまず体に合わせ、それから左側の襟を右側の襟の上に重ねます。

遺体に経帷子を着せるときは、これと反対になるように着せます。

死装束は仏教では男女兼用、神道では男性にはしゃく、女性には扇子を持たせる

死装束の男女差

仏教での死装束に男女の差はなく、同じものが用いられます。

神道の場合は男性には烏帽子をかぶせて、しゃくを持たせます。

女性には扇子を持たせます。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントを残す