15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

葬儀の供物の意味やお返しの仕方や並べ方や処分方法など

供物

供物は葬儀のさい、故人の魂を慰めるとともに仏様へ捧げる意味で供えるものです。

大きなかごにいろいろな品物を盛って立て、祭壇を華やかにする役割もします。

供花とともに最近は辞退をすることも多くなっていますが、その場合は訃報連絡で伝えておかなければなりません。

葬儀のあとは遺族の身内で消費するなどします。

供物のお礼はいただいた品物の半額程度をお返しする「反返し」が基本

半返し

供物は通夜や告別式といった葬儀に供える品物のことで、お亡くなりになった方の魂を慰めるとともに仏様への捧げものとする意味で供えるものです。

大きなかごに複数の品物を盛って立て、供花と同じように祭壇を飾りつけるために目的でも使用されます。

盛りかごの中身は果物、缶詰、ジュース、和菓子、調味料などとなっていることが多いものの、地方・地域によって他のものとするところもあります。

またこのような盛りかご以外にも線香や抹香、ろうそく、干菓子などをあげる場合があります。

供物をあげていただいた方には、供花をあげていただいた方と同等のお返しをすることが一般的です。

供花をあげていただいた方に対してお礼状を出す場合には供物を出していただいた方にもお礼状をお出しし、品物でお礼をした場合には同じようにお礼に品物をお出しします。

品物でお礼をする場合は供花や香典と同じように、半額程度を返す「反返し」を基本にお返しをします。

葬儀会場に依頼して手配した盛りかごの供物はだいたい1基10,000〜15,000円程度となっているので、5,000〜7,000円を目安にお返しとする品物を選びます。

お返しは葬儀が終わったらすぐに行うものですが、四十九日までは喪が明けていないため本来は静かにしているべき、とされています。

そのため自宅に持参するのは避け、あいさつ文をいっしょに郵送するようにしましょう。

要注意!「ご厚志辞退」とすると供花や供物だけでなく香典まで辞退する意味になる

ご厚志辞退

葬儀で供物を辞退することは、最近、多くなってきています。

あまり大規模な葬儀としないことが増えてきていることによるもので、故人の遺志や喪主をはじめとする家族の希望により供物辞退をするものです。

供物をあげていただくとあとのお返しや処分が大変だということも、供物を辞退する場合が増えている理由にあげることができます。

供物を辞退する場合には訃報の連絡をするさいに、きちんと供物をお断りする旨を伝えなければなりません。

「供花・供物を辞退させていただきます」とすると、供花と供物のみをお断りし、香典はいただく、という意味になります。

「ご厚志を辞退させていただきます」とすると、供花や供物、そして香典もお断りする、という意味になります。

間違えないように注意しましょう。

・供花や供物を並べる順番でもう悩まない!故人に関係が近い方から遺影のそばに

通夜や告別式、葬式といった葬儀の中央には遺影が飾られ、供花や供物は遺影の近くにまず近親者からのものが置かれます。

故人と深いつながりがあった順が供花や供物の並べ方の基本となり、近親者からのものの隣には知人・友人からのもの、その隣にその他の関係者からのものを置きます。

葬儀のあと、どうする?供物の処理・処分方法

供物の処理

葬儀のさいにあげられた供物は喪主をはじめとする遺族が引き取り、処理します。

かごの中に品物は1つ1つに分けられ、このことを棚崩しと呼ぶ地方もあります。

1つ1つに分けられた品物は基本的には身内で消費するなどしますが、葬儀の参列者におすそ分けする場合もあります。

地域・地方によって供物をどう処分するかについて異なる風習・習慣があるので、それに倣うようにしましょう。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントを残す