15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

葬儀の祭壇の意味とは?費用や供物や供花飾り方など

祭壇

祭壇は遺影をはじめとする葬儀を行うさいに必要な道具や供物を置くために設置され、どの宗教形式で行われるかによって準備されるものがことなります。

仏式葬儀の場合は白木祭壇か花祭壇が用いられ、最近は花祭壇が人気となっています。

遺体は頭が北の方角にくる北枕となるように安置します。

葬儀に祭壇の意味は遺影や供物などの道具置き

供物

祭壇は祭りを行うことを目的に設置された檀を意味し、葬儀会場に設置される祭壇には葬儀を行うさいに必要となる道具や、供物を置くために設けられます。

祭壇の中央には遺影が置かれ、遺影のまわりには供物が供えられます。

葬儀を行う宗教によってそれぞれに異なる必要なものが用意され、仏教式で葬儀が行われる場合には祭壇の前には僧侶がお経をあげるさいに使用する経机が置かれます。

神道式での葬儀の場合には神饌物や幣帛という神道の儀式にならったお供えもの、キリスト教式葬儀の場合には十字架が準備されます。

かつては祭壇のほとんどを占めていた白木祭壇は費用が不透明なため人気が低下

花祭壇

神道式で葬儀を行うさいには神式祭壇、キリスト教式で葬儀を行うさいにはキリスト教式祭壇が用いられます。

現在、日本で行われている葬儀のほとんどは仏式葬儀となっており、仏式葬儀に用いられる祭壇には白木祭壇と花祭壇の2種類があります。

白木祭壇は古くから用いられてきた祭壇で、白木を組んでつくられます。

今のように火葬としていない時代にお棺を野辺送りするさいに使われた輿を由来とした祭壇で、実際にお棺を収納できるようにつくられている大型の白木祭壇もあります。

一方の花祭壇は生花を使用して作られている祭壇で、最近になって人気が出ているものです。

いぜんは有名人の葬儀のさいにしかめったに用いられることのない祭壇でした。

白木祭壇とする人が減り、代わって花祭壇のほうが人気となっていることの理由には、かかる費用が不透明である、という点があげられます。

白木祭壇に比べて、花祭壇のほうが費用は高額となります。

しかし白木祭壇は一度装備に使用したものでも解体後、他の葬儀会場でふたたび組み立てて、白木祭壇として使用することが可能です。

このような使いまわすことができる祭壇にお金をかけるより一度しか使用することができない生花を使用した花祭壇としたほうがよほど故人の供養になるという理由から、花祭壇を選ぶ人が多くなってきています。

遺体の向きは方角で判断!祭壇との関係ではなく、頭が北の方角に来るように

供花

葬儀の祭壇の飾り方は地方・地域によって大きく異なることがあるので、注意が必要です。

供花の場合、喪主をはじめとする親族からのものは遺影に近い上段に飾る場合と、下段に飾る場合の2通りの飾り方があります。

上段に飾る方法は故人との関係の深さを優先するという考えに基づくものです。

一方の身内からの供花は下段に飾るというものは、身内ではない方からの供花を優先する考え方によるものです。

その地方・地域の習わしとなっているものなので、どちらが正解、ということではありません。

葬儀に関しては地方・地域によって祭壇の飾り方だけでなく、さまざまなことで異なるしきたりがあり、それにもとづいて異なるやり方をすることがあります。

その地方・地域の風習などについてあまり詳しくない場合は、近くに住んでいる人や地元の葬儀会社などにたずねながら行っていくことも必要になります。

祭壇に対して故人の遺体をどのような向きで安置するかについては、とくに決められていません。

遺体は頭が北の方角に来るように安置し、祭壇との関係は考慮しなくてよいことになっています。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントを残す