15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

葬式の枕飾りの意味とは?配置やマナーや処分方法など

枕飾り

葬儀が始まるまでのあいだ、安置されている遺体の枕元などに飾られるのが枕飾りです。

枕飾りは故人があちらの世界に旅立たれるさいに必要なものをお供えするために設けられるもので、弔問客が供養をするのにも使用します。

死の穢れから守るために、遺体を安置し、枕飾りを設けた部屋の神棚には白い紙をはります。

枕飯に使用した故人の茶碗は枕飾りを片づけるさい、故人が無事におちらの世界へと行かれるようにとの願いを込めて、割るしきたりがあります。

宗教や宗派によって具体的に供えるものは異なり、仏教の場合では三具足や鈴、枕飯、枕団子、水を備えます。

枕飾りの意味とは?弔問客、そして故人が旅立たれるさいに重要な役割をする

枕飾りの役割

通夜や告別式といった葬儀までのあいだ、亡くなられた方の遺体は自宅などに安置されます。

そのさいに弔問に訪れた方が供養できるように設けられるのが枕飾りです。

白い布を張った台に必要なものが置かれ、何を置くかは宗教によって異なります。

また枕飾りは、故人が成仏できるようにという意味も込められて設けられるものです。

枕飾りが準備できたさいには僧侶にお経をあげてもらいますが、このときにあげられるお経のことは枕経と呼ばれます。

枕経をあげてもらうことによって故人は仏様になることができると考えられています。

枕飾りの位置や配置は宗教ごとで変わってくる

枕飾りの位置

枕飾りは安置されている遺体の頭の上やお顔の横などに置かれるのが一般的ですが、部屋の都合でそれらの位置に置くことができない場合は足元に置いても問題ないとされています。

宗教や宗派によって枕飾りに使用するものは異なり、仏教の場合は香炉、燭台、花立ての三具足のほかに鈴、ご飯、団子、水を置きます。

三具足は中央に香炉、向かって右に燭台、反対側に花立てがくるように配置し、香炉には線香を1本立てます。

花立てにはしきみか菊の花を1本差し、水は与えずに枯れさせるのがしきたりとなっています。

ご飯は故人が生前に使っていた茶碗に山盛りにし、お箸をまっすぐに立てます。

お団子は多くの地方・地域では6個準備しますが、11個の場合もあります。

そのため亡くなられてすぐに成仏すると考える浄土真宗では、お供えしません。

枕飾りの最低限のマナーは遺体を安置し、枕飾りを飾った部屋では神棚封じをして死の穢れから守る!

神棚封じ

神棚がある部屋に遺体を安置し、枕飾りを設置する場合、マナーとして神棚を閉じておく必要があります。

死の穢れから神棚をお守りする意味で行われるためのもので、扉がある神棚であれば扉を閉め、扉の上から半紙などの白い紙をはります。

扉がない神棚でも同じように白い紙でふさぎ、このことは神棚封じと呼ばれます。

かつてはその家のものはけがれてしまっていることから、その家のものではない人間によって行われるものとされてきました。

今はその家のものが行うことが増えてきています。

迷わず成仏できるよう、枕飾りに使用した故人の茶碗を割ってから処分をする

茶碗

枕飾りは葬儀が行われるまでの、遺体を自宅に安置しているあいだにだけ使用するものです。

葬儀のために遺体が葬儀会場に移されたあとは不要になります。

このさい、地方・地域によってはご飯を盛っていた茶碗は割って処分するところがあります。

故人が生前に使っていた茶碗が残っていると故人の魂が戻ってきてしまうかもしれない、という理由によるもので、迷わずにあちらの世界に旅立たれるという願いがこもっているしきたりです。

火葬場へと向かうために遺体を乗せた霊柩車が葬儀場を出るさいにクラクションを鳴らすのは、この茶碗を割るしきたりが変化したものだともされています。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントを残す