15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

湯灌をする意味とは?いつやるの?やり方やマナーは?

湯灌

亡くなられた方をお湯につけ、きれいに洗い清めることを湯灌と言います。

体を清潔にするだけでなく、煩悩や生への執着心も洗い流す意味を持つ、大切な儀式です。

地方・地域によって非常に差があり、まったく行わないところもあります。

湯灌の意味は煩悩や生への執着心を洗い流す大切な儀式、清拭で済ませる簡易なものもある

湯灌の儀

遺体を入浴させる要領で湯につからせ、体を清潔にすることを湯灌と呼びます。

湯灌の儀というと儀式として行われるものをさし、僧侶を呼んでお経をあげてもらうなかで行われます。

湯灌が行われる理由には2つあり、ひとつは体をきれいにすることによって煩悩や生に対する執着心をも洗い流そうというものです。

湯灌を行うことによって生前に犯した罪が清められ、穢れのない体であちらの世界へと向かうことができる、という考え方にもとづいています。

もうひとつの理由は、産湯の代わりとして行うものだとするものです。

人は生まれてきてすぐ、産湯につかります。

来世に生まれ変わることができるようにという願いを込め、産湯にならって亡くなったときは湯灌をするとされています。

湯灌はもともと遺族の手によって行われるもので、地方によっては甥やいとこがやるものと、誰が行うかが決められているところもあります。

今は遺族だけでは行うのが難しいといったさまざまな事情により、葬儀会社のスタッフ、あるいは湯灌専門業者に依頼してやってもらうことがほとんどとなっています。

病院でお亡くなりになる人が多く、アルコールを用いた清拭によって故人の体は清潔な状態にされることから、湯灌を省略することも多くなってきています。

体を清拭するだけでも古式湯灌と呼ばれる、湯灌のひとつだとする考え方もあります。

地方・地域によっては湯灌をするしきたり自体がないところもあり、やり方などにも非常に差があります。

湯灌のタイミングは納棺のさいに行われるのが一般的

納棺

いつ湯灌をするかというと、一般的には納棺の前に行うことになります。

湯灌のさい、頭髪はシャンプーされ、男性の場合はひげ、女性の場合は産毛がそられます。

人間の体は死後もひげなどが伸びるので、身支度をきれいにするのがあまりにも早すぎると、また整え直す必要が出てくる場合があります。

もっとも美しい状態で葬儀に臨むようにするためには、納棺の前がもっとも適しているということができます。

湯灌のやり方には死後硬直で固まった関節を動かすためにストレッチがある

死化粧

湯灌は葬儀会場にある湯灌の施設を利用するか、自宅に簡易の浴槽を持ち込んで行います。

具体的なやり方は遺体の死後硬直を解いたあと温度調節をした浴槽に移し、体をきれいに洗ってシャワーで流し、着替えをさせる、という流れになります。

遺体は死後硬直によって関節が固まってしまっているため、まず関節を動かして体が曲がるようにします。

浴槽に移したあとは集まった遺族が、順番に足の方から柄杓を使ってお湯をかけます。

シャンプーや洗顔のあと体を洗い、ひげや産毛をそったらシャワーできれいに洗い流して、布団に移します。

ドライヤーなどを使用して頭髪を乾かし、きれいに拭いた体に準備しておいた着替えを着せます。

このあと爪を切ったり死化粧をしたりしますが、希望があった場合にはマニキュアなどをすることもあります。

湯灌独特のマナーで温度調節は水にお湯を足してゆく「逆さ水」の作法がある

湯灌独特のマナー

湯灌では浴槽のお湯の温度調節の仕方に、独特のマナーがあります。

お風呂に入るさい、普通はお湯に水を足して適温にします。

湯灌の場合は水に熱いお湯を足すことによって適温にするという、普通のお風呂とは反対のやり方で温度調節を行います。

この温度調節のやり方は「逆さ水」と呼ばれるもので、不幸があった場合にはさまざまなことを通常とは反対にすることに由来しているやり方です。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントを残す