15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

お墓参りの意味ややり方とは?必要なものや作法について

お墓参り

春や秋のお彼岸、お盆などがお墓参りをする時期とされていますが、お墓参りはいつ行ってもかまいません。

故人の法要のさい、命日、月命日など墓参し、故人を偲ぶ人が多くなっています。

お墓参りには線香やお花などの墓前に供えるもの、また掃除をするのに必要な掃除道具を持参する必要があります。

お墓ではまず手を洗って身を清め、お墓の入口では一礼するのがマナーとなっています。

お墓参りの本当の意味。故人を偲んで冥福を祈り、先祖を敬い感謝する

お墓参り

多くの人が春や秋のお彼岸、そしてお盆に行っているのが、お墓参りです。

故人の一周忌や三回忌などの法要のさいにもお墓参りは欠かせず、命日や月命日もお墓参りをして故人を偲ぶ人が多くいます。

お墓参りは故人を偲んで冥福を祈るという意味で行われる、大切な行事です。

またお墓参りには先祖を敬い、今自分が生きていることについて感謝するために行うという目的もあります。

お墓参りに必要な線香やお花などの供え物は必ず持参!しっかり準備して気持ち良くお墓参りを

仏花

お墓参りに行くさいに必要となるものには墓前にお供えするものを第一にあげることができますが、お墓をきれいにするための掃除道具も準備しなければならない場合があります。

秋と春のお彼岸のみにしかお墓参りに訪れるような人がいないお墓は、手入れが十分にされていません。

墓地には雑草が生え、墓石も風雨にさらされているために汚れてしまっていることが多く、お参りする前にきれいにして差し上げることが必要になります。

お墓を掃除するために必要になるものにはホウキやチリトリ、雑巾、たわしなどがあります。

墓石は柔らかく、傷がつきやすいので、金属製たわしなどを使用して掃除することはできません

墓地の草むしりをするさいにはカマなどもあったほうが良い場合があるので、状況に合わせて持っていくものを判断するようにしましょう。

墓前にお供えするものとしては線香とお花を用意します。

線香は一人につき1本、あるいは3本をあげるのが通常ですが、お墓参りの場合はあまり本数を気にせず、あげることもあります。

束で火をつけ、お墓参りに行っている全員で分けてあげるというやり方がこれにあたり、代表して一人が束であげることもあります。

束のまま点火したほうが火がつきやすく時間短縮になるとしてお墓参りではこれらの方法で線香をあげることも多いので、線香は束で持参した方が無難です。

線香と火をつけるためのマッチかライター、ろうそくを持参することも忘れないようにしましょう。

墓前に供えるお花はキクが一般的とされますが、最近はさまざまな花が用いられるようになってきています。

しかしトゲや毒があるもの、香りが強いものは向かないとされていますので、注意しましょう。

家の庭に咲いているお花を切って持って行ったり故人がとくに好きだったお花を準備したりすると、それだけ真心を伝えることができ、供養になります

お墓参りの作法や手順について

線香

お墓参りには葬儀や法要ほどのこまかく決められている作法はないものの、線香をあげる前に掃除をするなどの最低限守らなければならない手順はあります。

せっかくのお墓参りなので正しい順番で行うようにしましょう。

お墓についたらまず手を洗い、身を清めます。

そこで手桶に水を汲んだらお墓の入口で一礼し、自分のお参りするお墓へと向かいます。

お墓に着いたらそこでまた一礼し、墓地、そして墓石の順番で掃除をしていきます。

掃除が終わったら持参した供え物を供え、順番に手を合わせてお参りします。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントを残す