遺族共済年金の金額や受取人の条件とは?いつまでもらえる?

警察

公務員などは共済組合に加入し、遺族に対しては遺族共済年金が支給されます。 故人の配偶者、子供、父親・母親、孫、祖父母が遺族共済年金を受け取ることができ、支給される年金額は退職共済年金の4分の3の金額となります。 遺族共済 […]

「遺族共済年金の金額や受取人の条件とは?いつまでもらえる?」の続きを読む

遺族厚生年金を受け取る資格は?いつまでもらうことができるの?

自治体によっては補助金で火葬代が安くなる!

故人が厚生年金被保険者であったときなどは、遺族に遺族厚生年金が支払われます。 配偶者、子供、父親・母親、孫、祖父母に、遺族厚生年金故人が受け取るはずだった老齢厚生年金の4分の3の金額が支払われます。 故人、遺族ともに要件 […]

「遺族厚生年金を受け取る資格は?いつまでもらうことができるの?」の続きを読む

死亡一時金が受け取れる範囲や金額は?いつまで受け取れる?

Fotolia_79212587_Subscription_Monthly_M

故人が国民年金第一号被保険者としての定められた要件を満たしている場合は、遺族に死亡一時金が支給されます。 保険料納付済期間が36か月以上あることが要件となり、免除を受けていた期間も全額免除以外であれば一部として計算されま […]

「死亡一時金が受け取れる範囲や金額は?いつまで受け取れる?」の続きを読む

寡婦年金とは?もらえる条件や期間はいつまで?

65歳の女性

第一号被保険者として保険料を支払ったり免除を受けたりした期間が25年以上あると、老齢基礎年金を受け取ることができます。 寡婦年金は老齢基礎年金を受給できた夫を亡くした妻に対して支給される年金で、子供がいてもいなくても受け […]

「寡婦年金とは?もらえる条件や期間はいつまで?」の続きを読む

遺族年金をもらえる条件は?いつからいつまでもらえるのか?

Fotolia_48364529_Subscription_Monthly_XXL_R

遺族年金は故人によって生計を維持されていた配偶者や子供に支給される年金ですが、子供がいない配偶者は受け取ることはできません。 子供がいることは遺族年金の支給要件であり、子供が成長すると受け取ることはできなくなります。 配 […]

「遺族年金をもらえる条件は?いつからいつまでもらえるのか?」の続きを読む

未支給年金とは?受取人の範囲や期間とは?相続と関係はある?

Fotolia_91165067_Subscription_Monthly_M

年金は2か月分が翌月に支給されるため、故人に支給されるべき年金が支給されないままになってしまうことがあります。 この未支給年金は受け取ることができる遺族が請求することによって、その遺族に支給されます。 相続財産ではないの […]

「未支給年金とは?受取人の範囲や期間とは?相続と関係はある?」の続きを読む

埋葬許可書は紛失しないように保管!桐の箱など処分時は注意して

墓埋法

火葬場での火葬が済むと発行されるのが埋葬許可書です。 火葬許可書に火葬が無事に済んだことの証明がなされたものが埋葬許可書になります。 お墓などに納骨するさいに必要な書類で、自宅に遺骨を安置する場合は使用しません。 紛失し […]

「埋葬許可書は紛失しないように保管!桐の箱など処分時は注意して」の続きを読む

年金受給権者死亡届の手続き方法とは?必要種類や提出先は?

65歳以上

故人が公的年金を受け取っていた場合、年金受給権者死亡届を提出しなければなりません。 年金事務所や年金相談センターに14日以内に、必要書類を添えて提出する必要があります。 提出しないでその分の公的年金を受け取っていると、あ […]

「年金受給権者死亡届の手続き方法とは?必要種類や提出先は?」の続きを読む

火葬許可書の発行方法は?紛失した場合はどうする?

火葬場

死亡届と引き換えに受け取ることができる火葬許可書は、大切な種類です。 ないと火葬できなくなるので、紛失しないように注意しなければなりません。 また火葬後は埋葬許可書になり、納骨するさいにも必要です。 火葬許可書を発行され […]

「火葬許可書の発行方法は?紛失した場合はどうする?」の続きを読む

死亡届の手続きの仕方や必要なものについて

署名と捺印

死亡届は相続などに影響を及ぼす、非常に大切な書類です。 法律で定められている通りに届け出る必要があり、特別な理由なしに提出を遅らせると過料が科せられることがあります。 役所が業務外のときは通用口などに預けるという形で、土 […]

「死亡届の手続きの仕方や必要なものについて」の続きを読む