新盆のマナーとは?挨拶や服装やお返しなど

お盆の準備

新盆に招かれたら、できるかぎりお線香をあげにうかがうことが大切です。 挨拶をするさいはしめっぽい言葉は口にせず、招いていただいたことに対する感謝の言葉を述べます。 略式喪服を着用するのが正式ですが、暑い時期なので平服でも […]

「新盆のマナーとは?挨拶や服装やお返しなど」の続きを読む

新盆は最初のお盆!新盆の場所や時期とは?何をするのか?

お盆

地方や地域によって7月、あるいは8月とされるお盆は、年に1回、先祖が自宅に帰ってくるとされています。 故人が亡くなって最初に来るお盆のことを新盆(にいぼん)や初盆(はつぼん)などと言います。 故人が帰ってくる最初のお盆で […]

「新盆は最初のお盆!新盆の場所や時期とは?何をするのか?」の続きを読む

お墓参りのマナーとは?どこまでの親戚をするべき?花や服装は?

お墓の風景(お盆)/山形県の庄内地方で、お盆のお墓参りの時に撮影した写真です。参考までに、この地域はカラスが多く、お供え物を置いて帰るとカラスが食べに来てお墓を汚す為、お墓参りが終わったらお供え物を持って帰る習慣があります。

お墓参りは故人の偲び、冥福を祈るための大切な行事です。 先祖に思いをはせ、自分が生まれてきたことを感謝するという意味もあります。 マナー違反をしないよう、心を込めてお参りすることが大切です。 お墓参りはどこまでする?自分 […]

「お墓参りのマナーとは?どこまでの親戚をするべき?花や服装は?」の続きを読む

お墓参りの意味ややり方とは?必要なものや作法について

墓参りをする男性

春や秋のお彼岸、お盆などがお墓参りをする時期とされていますが、お墓参りはいつ行ってもかまいません。 故人の法要のさい、命日、月命日など墓参し、故人を偲ぶ人が多くなっています。 お墓参りには線香やお花などの墓前に供えるもの […]

「お墓参りの意味ややり方とは?必要なものや作法について」の続きを読む

家族の死亡後の手続きについて。相続や代行人など

Vintage memories close up

身内が亡くなったことを知ったさいは、遺族は死亡届を出す義務があります。 そのままにしておくことは遺体を腐敗させることになり、場合によっては罪に問われる危険もあります。 また故人が残した財産は基本的に遺族がすべてを相続する […]

「家族の死亡後の手続きについて。相続や代行人など」の続きを読む

お焚き上げの意味は?自宅で行う方法もある?マナーや時期など

お焚きあげ

お寺や神社で行われるお焚き上げでは、仏壇や仏具、神棚などが処分されます。 一度は魂を込めたものについて、燃やすことによってその力を浄化する目的で行われます。 お札やお守りもお焚き上げをする対象となり、故人の遺品を処分する […]

「お焚き上げの意味は?自宅で行う方法もある?マナーや時期など」の続きを読む

形見分けはトラブルの原因は高価なモノ?いらない場合断るのはあり?

/

故人が愛用していた日用品や趣味のもの、収集していたコレクションなどは形見分けし、大切にすることが故人の冥福を祈ることにつながります。 しかし何でも良いから譲り渡すのではなく、きちんと配慮をした形見分けを行わなければなりま […]

「形見分けはトラブルの原因は高価なモノ?いらない場合断るのはあり?」の続きを読む

形見分けのやり方や時期や範囲とは?贈与税はかかる?

真珠のネックレス

故人のものを誰かに譲り渡す形見分けは、供養にもなります。 忌明けである四十九日を目安に行い、とくに必要としない場合は包装などはしないで渡します。 形見分けをする範囲、品物を選ぶさいは、譲り渡す相手に負担とならないように気 […]

「形見分けのやり方や時期や範囲とは?贈与税はかかる?」の続きを読む

喪中はがきはちょうど良い時期に、受け取る方の立場で準備すると○

喪中はがき

喪中はがきを送る時期は遅すぎたり早すぎたりすることのないよう、ちょうど良い時期とすることが必要です。 文例はマナーに関する本やインターネットサイトに掲載されており、インターネットではテンプレートをダウンロードすることも可 […]

「喪中はがきはちょうど良い時期に、受け取る方の立場で準備すると○」の続きを読む

喪中のマナー!年賀状や結婚やお祭りはやっても大丈夫?

喪中

身内が亡くなってから約1年間は喪中として、静かに過ごします。 結婚式をはじめとするお祝い事はせず、年賀状を出すことも差し控えます。 身内が亡くなって12~13か月は喪中!可能な限り静かな生活を 故人が亡くなってから一般的 […]

「喪中のマナー!年賀状や結婚やお祭りはやっても大丈夫?」の続きを読む