忌中の意味やマナーや正しい過ごし方

忌中

故人が亡くなって一般的に四十九日までは忌中とされ、静かに過ごすことが求められます。 悲しみを癒やし、故人の冥福を祈る期とされ、お祝い事をすることや旅行に行くこと、神社にお詣りに行くことは避けなければなりません。 意中の意 […]

「忌中の意味やマナーや正しい過ごし方」の続きを読む

散骨のメリットやデメリット!手続きや費用やルールなど

海に散骨

遺骨を納骨ではなく散骨とするとお墓などは不要になり、かかる費用や維持する人も必要なくなります。 将来に負担とすることを残さないで済みますが、供養の対象が亡くなるというデメリットもあります。 散骨と言えば一般的には海洋散骨 […]

「散骨のメリットやデメリット!手続きや費用やルールなど」の続きを読む

遺骨は自宅で手元供養も可能!アクセサリーで持ち歩くことも

火葬後の遺骨の取り扱い方!どんな注意点や作法がある?

遺骨は一般的にお墓などに納骨しますが、一部を手元に置いて供養することもできます。 自宅に安置する場合はミニ骨壺を用いたり、オブジェなどに加工したりすることで、違和感なく供養することができます。 またアクセサリーとすると持 […]

「遺骨は自宅で手元供養も可能!アクセサリーで持ち歩くことも」の続きを読む

香典返しのマナー!時期や選び方や金額相場など

香典返し

香典返しは四十九日の頃にするのが一般的ですが、地方や地域によって差があり、通夜や告別式のその場で返すことを一般的としているところもあります。 いただいた香典の金額の半額程度を返す半返しが基本ですが、これも地方や地域によっ […]

「香典返しのマナー!時期や選び方や金額相場など」の続きを読む

香典返しの渡し方!のしのかけ方から挨拶まで!

香典返し

通夜や告別式でいただいた香典に対し、お返しとして品物を渡すこと、または渡す品物のことを香典返しと言います。 香典返しにはのしをかけますが、関東地方より東では黒白の水引を用いて、表書きを志とすることが一般的です。 これに対 […]

「香典返しの渡し方!のしのかけ方から挨拶まで!」の続きを読む

法事のマナーとは?お香典の金額や持ち物や服装など

お墓参り

故人がお亡くなりになって1年目には一周忌、6年目には七回忌を行います。 省略されることも多いのですが2年目に三回忌を行う場合もあり、七回忌以降も十三回忌、十七回忌などと法事は続きます。 回数を重ねるごとに規模は小さくなり […]

「法事のマナーとは?お香典の金額や持ち物や服装など」の続きを読む

法事の日取りの正しい決め方と準備の方法

法事

正しくは法要は命日に行うものですが、参列者の集まりやすさから命日の1か月前から命日までの土日とされるのが一般的です。 六曜などは関係ないため菩提寺と相談のうえ、決定されます。 法要、お墓参り、会食と言う流れで行われ、喪主 […]

「法事の日取りの正しい決め方と準備の方法」の続きを読む

香典の相場と渡す時のマナーとは?連名や預かった場合など

香典袋と数珠

通夜や告別式に参列するさいは香典を持参するのがマナーです。 自分の親が故人である場合にも、喪主を他の人が務める場合には香典を包み、供えなければなりません。 親戚の場合は一般的にいとこまで香典を出しますが、それまでの付き合 […]

「香典の相場と渡す時のマナーとは?連名や預かった場合など」の続きを読む

神式葬儀の通夜祭とは?時間や服装などのマナーとは?

玉串

仏式葬儀での通夜にあたる儀式が、神式葬儀の通夜祭です。 通夜祭はいっしょに遷霊祭が行われるため、通夜祭と遷霊祭をあわせて、通夜祭と呼ぶこともあります。 通夜祭には通夜と同じように喪服で参列し、通夜に持参する香典の代わりと […]

「神式葬儀の通夜祭とは?時間や服装などのマナーとは?」の続きを読む

分骨証明書とは?発行方法や費用や紛失時の対処方法など

お墓の風景(お盆)/山形県の庄内地方で、お盆のお墓参りの時に撮影した写真です。参考までに、この地域はカラスが多く、お供え物を置いて帰るとカラスが食べに来てお墓を汚す為、お墓参りが終わったらお供え物を持って帰る習慣があります。

分骨して2か所以上に埋葬する場合には、分骨証明書の発行を受けることが必要です。 火葬する段階で分骨することがわかっている場合には、火葬場に申請して発行してもらうことができます。 しばらく遺骨を手元で供養する場合には、紛失 […]

「分骨証明書とは?発行方法や費用や紛失時の対処方法など」の続きを読む