葬儀の供物の意味やお返しの仕方や並べ方や処分方法など

供物

供物は葬儀のさい、故人の魂を慰めるとともに仏様へ捧げる意味で供えるものです。 大きなかごにいろいろな品物を盛って立て、祭壇を華やかにする役割もします。 供花とともに最近は辞退をすることも多くなっていますが、その場合は訃報 […]

「葬儀の供物の意味やお返しの仕方や並べ方や処分方法など」の続きを読む

供花の送り方とは?団体で送るときの注意点とは?

供花の送り方

供花は生花をあげるのが基本です。 供花をあげるさいは葬儀会場に連絡して手配してもらう方法と、生花店から配達してもらう方法の2通りのやり方があります。 葬儀会場によっては他から配達されてきた供花は飾らないところもあり、葬儀 […]

「供花の送り方とは?団体で送るときの注意点とは?」の続きを読む

葬儀の供花のあげ方は?どんな花がいいの?辞退する場合は?

供花

供花は悲しみや哀悼の意を示すために葬儀に供えられる花で、喪主や親戚、知人・友人などによってあげられます。 白い花が適しているためキクやラン、ユリなどが多く使用されますが、白バラはとげがあるため使用されません。 また毒があ […]

「葬儀の供花のあげ方は?どんな花がいいの?辞退する場合は?」の続きを読む

院殿号や院号の意味とは?最高級ランクの戒名?値段は?

棺桶に入れる花

院号は戒名のなかの一部で、もともとは天皇家などのみに付けられる、特別なものでした。 しかし後に寺を建立するなどの大事業をした武将などに院殿号という院号が付けられるようになったことから、しだいにお金を出せば付けることができ […]

「院殿号や院号の意味とは?最高級ランクの戒名?値段は?」の続きを読む

戒名の意味は?どんな種類があるの?後でつけることもできる?」

戒名

戒名はあちらの世界で使用する名前で、通常の場合は通夜の前までに付けていただきます。 平等を説いている仏教においては戒名にもランクはないとされていますが、実際は院号の有無や位号の種類によって位が高い戒名、位が低い戒名があり […]

「戒名の意味は?どんな種類があるの?後でつけることもできる?」」の続きを読む

病院の霊安室はいつまで、いくらで安置できる?マナーは?

霊安室

病院の息を引き取ると、遺体は病室から霊安室や遺体安置室と呼ばれる部屋に移されます。 霊安室は遺体を安置するために設置されている部屋ではあるものの、長時間にわたって使用することはできません。 長くても2〜3時間程度で自宅や […]

「病院の霊安室はいつまで、いくらで安置できる?マナーは?」の続きを読む

訃報連絡の注意点は?どんなマナーがある?タイミングは?

訃報連絡

訃報をお伝えするさいの連絡手段としては、電話がもっとも適しています。 葬儀前に行う訃報連絡は葬儀へ参列いただくことが前提となるため、早く、確実に伝えることがひつようだからです。 3親等までが訃報連絡をする親戚の範囲とされ […]

「訃報連絡の注意点は?どんなマナーがある?タイミングは?」の続きを読む

末期の水とは?やり方や方法は?省略できる?

末期の水

お亡くなりになられた方の唇を水で湿らせてあげることを、末期の水をとる、あるいは死に水をとると言います。 仏典のなかにある話が由来となっており、本来は臨終の間際に行うものでした。 今は息を引き取ったあとや自宅に戻られてから […]

「末期の水とは?やり方や方法は?省略できる?」の続きを読む

身内が危篤になったらやるべきこととは?3親等まで急いで連絡!

Fotolia_43205895_Subscription_Monthly_XXL_R

身内が危篤になったら親戚などに連絡をし、来ていただくことが必要です。 緊急を要するので電話を用いて連絡するのが一般的で、3親等までが範囲の目安とされています。 危篤で意識がない状態であっても、耳は聞こえていることがありま […]

「身内が危篤になったらやるべきこととは?3親等まで急いで連絡!」の続きを読む

檀家制度とは?どんなメリットやデメリットがあるのか?

石材店に並ぶ墓石

檀家制度はお寺に檀家を監視する権限を持たせ、キリスト教を弾圧するために作られた制度です。 江戸時代に作られたものですが、宗教の自由が確立されたあとも形を変え残されています。 現在の檀家制度は供養をする菩提寺と、その菩提寺 […]

「檀家制度とは?どんなメリットやデメリットがあるのか?」の続きを読む