15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

終活って何をするの?どう準備するの?自分でやることのポイント

終活って何をするの?どう準備するの?自分でやることのポイント

終活でやらなければならないことには遺影やお墓の準備、遺言書の作成などがあります。

それまでの持ち物を整理し、不要なものは処分しておくことも大切な終活です。

また自分が死んだあとにもめごとが起こらないようにしておくことも必要です。

終活をしなければならないのは何歳から?始めるタイミングは人それぞれでOK

終活は自分の人生を、自分らしく終わらせることを目的として行うものです。

自分が死んだ後に必要になる遺影やお墓を自分で準備したり、身の回りのものを整理したり、遺言書を書いておいたりすることなどは、すべて終活の一部だということができます。

終活をしておくと望まない遺影を使われたり、趣味に合わないお墓を建てられたりすることを避けることができます。

また自分の遺品の整理で残された家族に大きな負担を強いたり、もめごとが起こったりするのを防ぐことができるというメリットもあります。

何歳から終活を始めれば良いか、ということについて、しばしば話題に上がることがあります。

人間はいつ死ぬかわからないので、終活を始めるべき年齢についても決まりはありません。

また他人から強制されてやるべきものでもないので、自分が「終活したい」と思ったときに始めるのがベストだということができます。

遺影撮影は終活のとっかかりとしては最適!お気に入りの1枚の準備方法

遺影撮影は終活のとっかかりとしては最適!お気に入りの1枚の準備方法

遺影は葬儀のときに使用するだけでなく、仏壇の中や上などに飾られます。

亡くなった後も身近に感じられるようにと写真立てに入れ、居間などに置かれることもよくあります。

それだけに一番良い表情の写真を使用してほしいものですが、なかなか最適の写真というのは見つからないものです。

遺影撮影は生前に遺影にする写真を撮影しておくもので、ほとんどの写真館やフォトスタジオで行っています。

身ぎれいにして写真撮影を行うことには楽しさもあり、終活のとっかかりとして適しています。

自分らしさが表現できるよう、身に着ける衣服などにも工夫を凝らす人もたくさんいます。

その時に一番気に入っているものや趣味をするときのユニフォーム姿や衣装姿で撮影しても良いでしょう。

また今は写真を加工する技術が素晴らしく、なにかの行事で撮影した集合写真から遺影用に加工することも簡単にできます。

お気に入りの写真がある場合はそれを遺影用に加工しておくのもおすすめです。

お墓は死んだ後に住む新しい家!終活でやるべきお墓選びのポイント

お墓は死んだ後に住む新しい家!終活でやるべきお墓選びのポイント

終活ではお墓選びも大切です。

お墓は死んだ後に住む家とされており、自分の好みに合わないお墓では安心してゆっくりと眠ることはできません。

昔は墓石と言うと正面に「○○家之墓」と書かれたものしかありませんでしたが、最近は違います。

自分の座右の銘、好きな言葉などを刻むことができます。

また形も自由で自分の好きな形の墓石を作成することが可能です。

自分らしさ溢れるお墓とすることで、お墓参りに訪れた人により強く思い出してもらうことができます。

最近はお墓は家族単位で入るものでもなくなってきています。

共同墓地などに親友などと入る人も増えてきており、一緒のお墓に入る人は「墓友」と言います。

墓友を探すことも終活の一つで、気の合う墓友を見つけることには死を怖いものではなく楽しいものだと感じることができるようになるという効果があります。

財産があるなら遺言書の用意も欠かすことができない終活のひとつ

財産があるなら遺言書の用意も欠かすことができない終活のひとつ

自分が残した財産は、配偶者や子供などに相続されます。

誰に何をどのぐらい相続させるかといった希望がある場合は、遺言を残しておかなければなりません。

遺言をきちんと書面として記したものが、遺言書になります。

正式な手続きにより作成された遺言書には法的な拘束力があり、相続を受ける相続人は遺留分を除き、遺言書に記されている通りに財産分与を行う必要があります。

財産分与でもめるような心配がない場合、動画でメッセージを残すという遺言方法もあります。

作成したビデオレターなどを専門業者に預けておき、自分が死んだ後に見てもらうというものです。

動画なのでより強く思いを伝えることはできますが、法的に有効な遺言書とはなり得ないことには十分に留意しておきましょう。

用意するだけが終活じゃない!整理し、捨てて、身も心も軽やかに

用意するだけが終活じゃない!整理し、捨てて、身も心も軽やかに

遺影やお墓、遺言書は、終活で用意・準備しておくものです。

これらとは反対に手放さなければならないものが、それまでの持ち物です。

非常に残念ですが、ものは死後の世界に持っていくことはできません。

自分の身の回りのものを整理し不要なものを処分する断捨離は、欠かすことのできない終活のひとつとなります。

断捨離を行うと生活スペースが整理整頓され、快適に過ごせるようにもなります。

本当に大切なものだけを残し、不要なものは少しずつでも処分するようにしましょう。

不安だ!終活での心配事は迷わず弁護士や税理士に相談を

不安だ!終活での心配事は迷わず弁護士や税理士に相談を

終活は自分らしく人生を終わらせるためと同時に、残された家族などがもめたり困ったりしないように行うものです。

もし自分が死ぬことによって何らかの問題が生じる恐れがある場合には、弁護士や税理士に相談しておきましょう

相続税についての不安がある場合は税理士、それ以外の心配事の場合は弁護士が相談すべき専門家になります。

専門家はその問題のエキスパートなので、良い解決策の提案を受けることができます。相続税対策などは長期間にわたって行ったほうが、効果があります。

できるだけ早く相談するようにしましょう。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントを残す