15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

樹木葬とは?費用は?問題点は引っ越しと管理

樹木葬

お墓の代わりを樹木にしてもらう形の、樹木葬は自然や緑、植物が好きな方にぴったりの埋葬方法です。

お墓を建立するよりも安く埋葬することができ、清掃やお手入れといった、維持にかかる手間も不要とすることができます。

墓守もいなくて済み、子供がいない人からも人気があります。

しかし引っ越しができない、きちんとした管理がされていない場合も多い、といった問題点もあります。

樹木葬は自然や花が好きな人にぴったり!墓守の存在も不要に

樹木葬の埋葬方法

樹木葬とは、樹木の根元に遺骨を納めるという埋葬方法です。

たくさんの人の埋葬となっているお墓への納骨の、お墓の代わりの役割を樹木に果たしてもらうことになります。

死後は自然にかえりたい、植物が好き、といった人が多くこの樹木葬を選んでいます。

またお墓が不要であることから自分の子孫に墓守の役目を押し付けたくない、との希望を持つ人からも人気があります。

墓守をする子供がいないためにやむを得ずに樹木葬を選ぶ人もいますが、ほとんどの場合は自らの希望により樹木葬での埋葬が行われています。

緑や自然を守れるうえ、費用も安く済む!でもお参りしにくいというデメリットも

樹木葬のメリット・デメリット

樹木葬はお墓が不要となる点がもっとも大きなメリットだということができます。

お墓はまず建立するのに、多額の費用がかかります。

墓地を確保するための費用のほか、墓石についての代金、加工賃などさまざまな費用を支払わなければならず、それらはいずれも高額です。

また維持するためには菩提寺へのお布施やお心づけも必要で、費用は継続的にかかります。

定期的に行わなければいけない清掃作業も大変です。

樹木葬はお墓への埋葬と比べると埋葬時にかかる費用がかなり抑えられるほか、菩提寺へのお布施やお心づけも不要になります。

また樹木を育てるので、自然を守ることにつながります。

お参りに訪れる遺族が樹木が成長していく様子を楽しむことができることも、お墓への埋葬とは違った、樹木葬ならではの長所だということができます。

樹木葬がなされているところは遺骨が埋葬されている場所というよりも広い公園のように整備されており、お参りというよりも自然に親しむピクニックのような感覚で故人を偲ぶことができます。

しかし反対に、お参りに訪れてもあまり実感がわかない、ということがデメリットとされます。

遺骨ごとに1本の木を植えるタイプの樹木葬であれば良いのですが、そうでない場合はどの場所にお参りに行ったら良いのかがわからない、という点も問題点として指摘されています。

合葬なら安く、樹木を植えると割高に!樹木葬の種類と費用

樹木葬にかかる費用

樹木葬には遺骨を埋葬するさいに1本の樹木を植える方法と、あらかじめ植えられている大きな樹木の周りに遺骨を埋葬する方法の2種類があります。

大きな樹木を1本用いる樹木葬は仕切られた区画に故人ごとに埋葬する方法、区画は仕切らない方法、ほかの方の遺骨と合葬とする方法など、さらにいろいろな形の樹木葬に分けることができます。

遺骨ごとに1本の樹木を植える樹木葬ではあまり大きくならず、またその土地の風土や気候に合っている樹木のなかから好きな樹木を選んで植えることができます。

ハナミズキやサルスベリ、ウメモドキ、エゾアジサイ、ムシカリ、ツリバナ、モミジなどが多く用いられています。

樹木を1本植える樹木葬のほうが費用は高額になり、植える樹木によって違いますがだいたい20〜70万円程度かかるとされています。

1度埋葬したら取り出せない!樹木葬の抱える問題とは?

樹木葬の問題点

お墓へ埋葬した遺骨は、菩提寺の了解が得られば所定の手続きをすることによって、引っ越しをすることができます。

しかし樹木葬はこのような引っ越しが難しいことが、問題点としてあげられます。

また樹木や施設に対し、十分な手入れがされていないところも多いので注意が必要です。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントを残す