15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

密葬の意味とは?費用や流れはどうなってるの?

密葬

密葬はお亡くなりになられた方の家族など、内輪だけで行う葬儀です。

後日にあらためて本葬を行うものが、本来の意味での密葬となります。

しかし最近では公表しないで行う葬儀を、広く密葬というようになってきています。

密葬はどんな時に行われる?本来の意味と家族葬の違い

公表しない葬儀

密葬は家族や近しい親戚などだけで行う葬儀で、参列者の範囲や人数だけで見れば家族葬ととくに違いはありません。

密葬と家族葬が決定的に異なっている点は、密葬は行うことを公にしない、ということになります。

密葬はもともとお正月の松の内に不幸があったり、有名人が亡くなったりした場合に行われるものでした。

とりあえず内輪だけで密葬を行い、そのあとにあらためて本葬を行うものでしたが、最近は本葬を行わない密葬も行われています。

会社のトップが亡くなられたことにより社葬が行われる場合も、とりあえず密葬が行われます。

アイドルや歌手、タレントや文化人といった有名人に不幸があった場合も、まず家族や近しい親戚だけでの密葬が行われ、後日に偲ぶ会などが行われます。

政治家が亡くなられた場合も同様で、密葬を済ませたのちに送る会などが行われることになります。

密葬費用は低く抑えられるうえに、本葬の主催者が負担するのが一般的

密葬の費用

密葬は限られた参列者のみで行う葬儀で、規模としては小さなものとなります。

そのため会場も小さくて済み、また外部からの参列者がいないため香典に対する返礼品も用意する必要がありません。

通夜振舞いをはじめとする会食代や飲食代も、かかる金額を抑えることができます。

このような理由から通常の葬儀に比べてかかる費用は低くなり、だいたい家族葬と同じぐらいと考えることができます。

またあとから会社主催の社葬など故人が所属していた団体が主催する葬儀・偲ぶ会が行われる場合には、密葬の費用も会社などの団体が負担するのが一般的となっています。

流れは家族葬とほぼ同じ、本葬の前に納骨までを済ませる場合も

密葬の流れ

密葬は本来、あとであらためて本葬を行うため、内輪だけでとりあえず行うものです。

そのため参列するのはお亡くなりになられた方の家族や近しい親戚だけということになり、流れは家族葬と同じものとなります。

本葬を行うまでは日にちがあり、遺体のまま安置しておくことはできません。

火葬を行い、遺骨にして本葬に備えます。

納骨までを本葬前に済ませてしまう場合もあります。

訃報の連絡、密葬を済ませたことの通知をするのは四十九日を目安に、

密葬を執り行う際の訃報の連絡

密葬で故人をお見送りする場合、密葬に参列する家族や近しい親戚以外には訃報の連絡をしません。

故人がなくなったことを知ってしまうと密葬で行うのにもかかわらず、参列を願い出る人が大勢出てくる恐れがあるからです。

会場などを調べ、勝手に押しかけて来る参列者がいないとも限りません。

このような人たちによる混乱を避けるため、故人が亡くなったことについての連絡は密葬が無事に済んでから行います。

四十九日が故人がなくなったこと、そして密葬にて葬儀を済ませたことを故人の知人や友人にお知らせするタイミングの目安となります。

社葬や偲ぶ会を行う場合でこちらに参列していただくときには、これらについての案内を一緒に行います。

連絡は一般的には書面で行い、故人や家族の強い希望により密葬で葬儀を済ませたことについてを記します。

また香典などを断るのかどうかもきちんと示しておくようにしましょう。

密葬が済んでいても香典だけでも受け付けてくれるのか、受け付けてくれるとした場合の範囲はどこまでかが記されていない密葬のお知らせは受け取った側にとっては大変に不親切なものになります。

通知を受け取った側がそのあとに取るべき行動について、悩まないで済むようにしてあげることがポイントになります。

受け取った相手のことを考えて通知の文面を考えるようにしましょう。

密葬への参列をお断りする場合は、誠意を込めた説明でトラブル回避を

密葬を執り行う際の注意点

密葬は家族や近しい親戚など、限られたごくわずかな人たちだけで行う葬儀です。

そのため故人がなくなったことを知り、葬儀に参列したいという人が現れてもお断りをしなければならないことになります。

そのような方にはきちんと密葬で行うことを告げ、納得してもらうことが必要です。

後日に偲ぶ会や送る会などを行う場合は、そちらに参列していただくよう、ご案内します。

葬儀はお亡くなりになられた方のお顔を見て、言葉をかけることができる最後の機会となっています。

葬儀への参列をお断りすることはこのようなお別れをする場を奪ってしまうことになるので、とくに丁寧に説明し、納得していただけることが必要になります。

忙しい中で大変ですが、一人一人に対し心を込めて、きちんと説明するようにしましょう。

献花や弔電、香典をお断りする場合も、同じように説明し、納得していただくことが大切です。

せっかくの申し出をお断りするわけですから相手のお心をよく考え、誠実に対応することが肝要です。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントを残す