15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

自然葬は費用が高い?どうやって供養していく?

自然葬

日本で最近人気となっている樹木葬や有名人などに行う人が多い海洋葬儀などのことを自然葬といいます。

一般的に行われているお墓の埋葬とは違い、自然にかえることができます。

費用も安く行うことができ、難しい手続きも必要ありません。

違法でもないので安心して行うことができますが、何も残らないのでその後の供養をどうするのかが問題となります。

自然葬は自然にかえることができる、残された人の負担も減る、と人気!

埋葬方法

自然葬とは遺骨をお墓に埋葬するのではなく、自然にかえることができるように行う埋葬方法です。

海へ散骨する海洋葬儀や樹木の根元に埋葬する樹木葬がよく知られていますが、風葬や鳥葬も遺体をそのまま土に埋葬する土葬も自然葬の一部になります。

また遺骨を砕いて遺灰にし、山などにまくことも自然葬です。

一般的な埋葬方法であるお墓での埋葬方法と違い、時がたてば自然の一部になることができます。

お墓を継ぐ人がいない、死んだあとは自由になりたい、といった人からとくに人気のある埋葬方法となっています。

お墓に埋葬するよりは格安!だけどやり方によっては意外と高費用に

自然葬にかかる費用

自然葬として現在、日本でもっとも多く行われているのは、樹木葬です。

樹木葬ではあらかじめ植えられている樹木の周りに埋葬したり、遺骨を埋葬するのと同時に樹木を1本植えたりする形で亡くなられた方の供養を行います。

1本の大きな木の周辺に埋葬する場合には区画を仕切るものと仕切らないものがあります。

故人ごとに樹木を植える形の樹木葬がもっとも費用がかかり、合葬の場合がもっとも安く樹木葬を行うことができます。

海洋葬儀は海へ散骨するさいの葬儀で、船で海上の散骨する場所にまで行って行われます。

故人ごとの海洋葬儀とするのか、合同での海洋葬儀とするのか、業者に委託しての海洋葬儀とするのかで、かかる費用は異なります。

チャーターする船の大きさやタイプ、散骨する場所までの距離などによって、かかる費用は大きく異なります。

法律上は問題なしの見解!違法じゃないので安心してOK

埋葬に関する法律

日本では「墓地、埋葬等に関する法律」という法律によって、墓地以外に遺体や遺骨、遺灰を埋葬することは禁止されています。

実際に1987年に国民的スターであった石原裕次郎さんが亡くなったとき、海への散骨を兄である石原慎太郎さんが法務省に願い出ましたが、叶いませんでした。

石原裕次郎さんの海への散骨が実現したのは、その後の1991年に「節度を持った散骨は問題ない」という政府見解が出されたことによるものです。

海への散骨や樹木葬といった自然葬について規定している法律は現在においてもありません。

節度を持って行われる限りでは、違法でないとされています。

自然葬は大変そうは大きな間違い!難しい手続きは必要なし!

自然葬に必要な手続き

樹木葬を行う霊園や海洋葬儀を取り扱う葬儀会社などではこういった自然葬を行うにあたって、遺体を火葬したさいに発行される埋葬許可証の提出や提示を求めるところがあります。

しかしこういった証明書の提出や提示を求められる場合以外は、とくに自然葬に必要な手続きはありません。

いったんお墓に埋葬された遺骨を取り出して自然葬とする場合でも、同じように特別な手続きをすることなく、行うことができます。

その後の供養はどうする?自然葬の問題点は何も残らないこと

自然葬の問題点

お墓があればそこへお参りしたり、法要をおこなったさいは卒塔婆を立てたりすることができます。

自然葬では遺体や遺骨、遺灰は自然へとかえっていてしまい、あとには何も残りません。

そのかわりに自然葬としたあと、どのように供養していくのかという問題が残ります。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントを残す