15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

神式葬儀の通夜祭とは?時間や服装などのマナーとは?

玉串

仏式葬儀での通夜にあたる儀式が、神式葬儀の通夜祭です。

通夜祭はいっしょに遷霊祭が行われるため、通夜祭と遷霊祭をあわせて、通夜祭と呼ぶこともあります。

通夜祭には通夜と同じように喪服で参列し、通夜に持参する香典の代わりとして玉串料を持参します。

しかし仏具である数珠、仏教用語である成仏や冥福、供養といった言葉を使用しないなどの、違いもあります。

通夜と通夜祭の違いとは?神式葬儀の通夜祭は仏式葬儀の通夜にあたる儀式、通夜祭と遷霊祭をいっしょにして通夜祭と呼ぶことも

自宅で通夜祭

神式で葬儀を行うさいには仏式葬儀の通夜にあたるものとして通夜祭、そして遷霊祭が行われます。

通夜祭と遷霊祭はもともとは別の儀式ですが、いっしょにして通夜祭と呼ばれることも多くあります。

通夜祭は仏式葬儀と同じく、故人の鎮魂と成仏のために行われる儀式です。

これに対して遷霊祭は故人の遺体から御霊を、仏教での位牌にあたる霊璽に移す儀式として行われます。

神道では死後も御霊は生きている時と同じ場所に残り、いっしょに生活することで残された人を見守り続けると考えられています。

遷霊祭はこのための御霊を移す儀式であり、通夜祭といっしょに行われます。

仏式葬儀の通夜は自宅や葬儀会場で行われるほか、お寺でも行われます。

しかし神式葬儀で行われる通夜祭は必ず自宅か葬儀会社で行われ、神社で行われることはありません

これは仏教では死を穢れたものととらえないのに対し神道では死を穢れとみなすという、死に対する考え方の違いによるものです。

仏教で通夜のあと参列者に食事を振る舞うために設ける席を通夜振舞いと呼ぶのに対し、神道ではこのような席のことを直会と呼びます。

香典の代わりに包んで持参するのが玉串料、蓮の絵の不祝儀袋は使用しないように注意して

ご霊前

仏式葬儀の通夜で参列者は香典を出しますが、神式葬儀の通夜祭では参列者は玉串料を包みます

神道で行われる儀式には榊の枝に紙垂をつけた玉串が用いられ、この玉串を祭壇に供えることは玉串奉奠と呼ばれます。

玉串奉奠は当然、通夜祭でも行われるため、玉串の費用として玉串料を包んで持参します。

表書きは御玉串料、あるいは御神前、御榊料、御霊前などとします。

水引の結び方は結び切りとし、水引の色は双銀や双白の不祝儀袋を用います。

用いる不祝儀袋は仏式葬儀で使用するものと大変に似ていますが、蓮の絵柄が入った不祝儀袋は使用しないように注意することが必要です。

蓮の絵柄が入った不祝儀袋は仏教用なので、神式で行われる通夜祭には使用できません。

通夜祭にかかる時間は1時間程度、直会も含めると2時間くらいかかると考えて

手水

通夜祭が始まる前には、身を清めることを目的に参列者全員によって手水の儀が行われます。

手水を用いて手や口を清めたあとで着席し、通夜祭が始まります。

神職である斎主による祭祀奏上、参列者による玉串奉奠といった流れで通夜祭は進行し、通夜祭が終了したら続けて遷霊祭が行われます。

通夜祭と遷霊祭にかかる時間は1時間程度で、夕方6時に開始したとすると7時ごろ終了するのが一般的です。

そのあとは直会が行われますが、直会もやはり1時間程度とされることが多くなっています。

通夜祭では仏具である数珠は持参しない、成仏や冥福、供養など言わないようにすることがマナー

数珠

通夜祭に参列するさいの服装は、仏式葬儀での通夜に参列するときと同じ喪服とします。

ただし数珠は仏具であるため使用しないので、持参しません。

遺族の方に対してお悔やみの言葉をかける場合は、仏教用語を口にしないように気をつける必要があります。

成仏や冥福、供養などの言葉は使わないのがマナーです。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントを残す