15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

訃報連絡の注意点は?どんなマナーがある?タイミングは?

訃報連絡

訃報をお伝えするさいの連絡手段としては、電話がもっとも適しています。

葬儀前に行う訃報連絡は葬儀へ参列いただくことが前提となるため、早く、確実に伝えることがひつようだからです。

3親等までが訃報連絡をする親戚の範囲とされていますが、距離的な近さや付き合いの程度によってケースバイケースとなっています。

葬儀を済ませた後に連絡する場合は、四十九日ごろがタイミングの目安となります。

訃報連絡はメールより電話でお知らせするのがマナー!

電話で連絡

郵便、電話、電報、FAX、メールなど、何かを伝える連絡報にはさまざまなものがあります。

そのなかでも訃報連絡として用いるのにもっとも適しているのは電話です。

電話であれば相手と直接に話をすることができ、早く、確実に用件を伝えることができます。

その他の方法を用いると相手に届いていなかったり読まれていなかったりすることがあります。

郵便の場合は届くまでに時間もかかってしまうので、葬儀に参列していただくことが難しくなってしまいます。

親戚や親しくお付き合いをしていた友人・知人への訃報連絡は、電話でお知らせするのがマナーとなっています。

連絡しすぎに要注意!葬儀前に行う訃報連絡は参列が前提に

訃報連絡の範囲

訃報の連絡を行うさいは、親戚であれば三親等までは知らせるのが常識的とされています。

かつては四親等までともされていましたが、多くの人が参列に訪れるような盛大な葬儀を行わないようになったことから三親等までと縮小されるようになりました。

お亡くなりになられた方の配偶者の親族については二親等まで連絡するのが一般的となっていますが、付き合いの度合いによっては両親に知らせればよいともされています。

どこまでに知らせるかは、距離的な近さや普段のお付き合いの程度によってケースバイケースとなります。

友人や知人についても故人との親交の深さによって、訃報を知らせる範囲を決めます。

葬儀前の訃報連絡は、葬儀への参列を前提としたものとなります。

葬儀を親しい人たちだけで行うような場合には、本当に普段から親しくしていた人たちだけへの連絡にとどめることで、混乱が生じるのを防ぐことができます。

家族葬などではない一般葬とする場合でも、葬儀前の訃報連絡は広い範囲にまでし過ぎないように注意しましょう。

FAXやメールで訃報連絡をする場合の書き方は、本やインターネットサイトを参考に

訃報連絡時の注意

訃報連絡は電話で行うのが基本ですが、事情がある場合はFAXやメールを用いることもできます。

FAXやメールで訃報を連絡する場合は、誰が亡くなったのかをはっきりと書くことを忘れないようにしなければなりません。

当たり前のことですが身内に不幸があったときは誰でも気が動転しており、普段なら絶対しないようなミスもしてしまいがちです。

亡くなった方の名前、葬儀を行う会場や日時、香典や供花を辞退する場合はその旨を明記します。

どのような形で葬儀を行うかや宗教、宗派も書いておくと、葬儀参列者が準備しやすくなります。

マナーについて書いてある書籍やインターネットのサイトなどには文例や詳しい書き方が掲載されているので、参考にすると良いでしょう。

葬儀を済ませてからの訃報連絡は、四十九日がひとつのタイミングに

四十九日

不幸があった場合、故人と付き合いのあった方々には訃報をお知らせする必要があります。

葬儀への参列をお願いする方々には葬儀の前に連絡を行いますが、それほどの付き合いではなかった方々には
葬儀を済ませたことの事後報告を行う形での連絡をすることになります。

故人が亡くなったこと、葬儀を済ませたことの連絡するタイミングとしては、四十九日がひとつの目安となります。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントを残す