15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

遺体を搬送する方法は自家用車でもOK?費用はいくら?

遺体搬送

病院で、看護師によって行われる遺体のケアはだいたい1時間ほどで終了し、その後は速やかに病院の外へと運ぶことが求められます。

遺族は病院の求めに対応するため、すぐに遺体を運ぶ車などを手配する必要があります。

遺体の搬送は葬儀社に依頼してやってもらうほか、遺族が自分で行うこともできます。

パック料金となっている場合がほとんど!遺体の搬送にかかる費用

葬儀社による遺体搬送

病院でお亡くなりになった場合、親族らによって死に水をとったりお別れの言葉がかけられたりしたあと、遺体はいったん看護師の手に委ねられることになります。

だいたい1時間をかけて清拭や着替えなどが行われ、きれいな状態でふたたび遺族と対面することになります。

ケアを終えた遺体は、速やかに病院から自宅や葬儀会場などに運ばなければなりません。

通夜や告別式を行ってもらう葬儀社に依頼すると、すぐに遺体を運ぶ車を手配してくれます。

そのため病院からは葬儀社が決まっているかどうかがたずねられ、決まっている場合にはすぐに連絡するようとの指示があります。

多くの病院は提携をしている葬儀社があり、葬儀社が決まっていない場合は紹介を受けることもできます。

通夜や告別式といった葬儀を行ってもらう葬儀社に遺体に搬送を依頼する場合、搬送料金は葬儀にかかる費用一式のなかに含まれていることがほとんどです。

しかし病院から自宅、あるいは葬儀会場までが長距離である場合、搬送に使用する車のグレードに指定がある場合などは別途に料金が必要となる場合もあります。

また葬儀社に遺体の搬送のみを依頼したり、遺体の搬送のみを行っている会社に依頼したりする場合は、定められた料金を支払うことになります。

意外に知られていない事実、遺体の搬送は自分でしてもOK!

自分で遺体搬送

専門業者に依頼して行ってもらうことがほとんどとなっている遺体の搬送ですが、業者でなければ搬送してはいけないと法律で決められているわけではありません。

遺体の搬送は誰が行ってもよく、とくに許可も必要ありません。

遺体を業者に依頼せずに行う場合、必要となるのは遺体を乗せる車と、人手です。

遺体はストレッチャーに乗せるか、お棺に収めた状態で搬送することになるので、これらが乗ることが可能な車が必要になります。

人手は遺体を車に乗せたり降ろしたりするさいに欠かせないものです。

遺体の腐敗を防止するためのドライアイスなども含まれているため重量は相当なものとなり、大人の男性4〜5人が必要です。

飛行機での遺体搬送は腐敗の心配なし!陸上での搬送より安く済むことも

飛行機での遺体搬送

旅行先などで死亡した場合、遺体は自宅、または自宅付近の通夜や告別式といった葬儀を行う場所などに搬送する必要があります。

また都心部で生活しているもののお墓は田舎にあり、葬儀も田舎で行いたいといった場合、遺体のままで田舎までの搬送を希望する方もいらっしゃいます。

このような遠方への遺体の搬送には、飛行機が使われることがあります。

飛行機での遺体の搬送は専用の貨物室を使用して行われるため、空調設備がしっかりとしており、遺体の腐食が進まない温度での搬送が可能です。

また車や鉄道を使った陸上での搬送よりも揺れることが少なく、遺体が損傷するという心配も必要ありません。

デリケートな温度管理や取り扱いを必要とすることから陸上での搬送には多額の費用がかかり、飛行機での搬送のほうが安い場合もあります。

しかし現在の遺体安置場所から空港まで、空港から次に遺体を安置する場所までは車を手配することが必要です。

連携が必要になるので全国に提携先がある葬儀社などへ依頼すると、スムーズに搬送を行うことができます。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントを残す