15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

戒名の意味は?どんな種類があるの?後でつけることもできる?」

戒名

戒名はあちらの世界で使用する名前で、通常の場合は通夜の前までに付けていただきます。

平等を説いている仏教においては戒名にもランクはないとされていますが、実際は院号の有無や位号の種類によって位が高い戒名、位が低い戒名があります。

お布施の相場もランクによって異なり、高い位の上名を付けていただく場合には100万円以上もお渡しする必要があります。

戒名はあちらの世界で通用する名前。宗派によっては法名や法号と呼ばれえることも

法名

そのため亡くなったあとはあちらの世界で通用する新しい名前を授かる必要があり、この名前のことを戒名と言います。

本来は仏門に入門した人が、戒律を守るという意味で授かるものでした。

日本では亡くなったあとに授かることが多く、仏門に入っていなくても僧侶にお布施をお渡しすることで授かることができます。

戒名は戒律を守ることを約束した代わりとして授かるものなので、戒律の概念がない浄土真宗においては戒名とは呼ばず、法名と呼びます。

また日蓮正宗を除く日蓮宗系においては、戒名のことを法号と言います。

仏教は平等が基本なのでは?戒名とランクの実際の関係

戒名のランク

戒名は生前に授かることもできますが、ほとんどの場合はお亡くなりになってから、通夜が行われるまでに付けられます。

位牌や墓石に刻む必要があるためで、菩提寺の僧侶にお願いして付けていただきます。

仏教は平等を説く教えであり、あちらの世界に行くと人は誰しもが同等に扱われるとされています。

そのため戒名に位が高いもの・低いものといったランクはないのが基本です。

しかし実際には院号が入っているかどうか、位号にはどのような種類が付けられているかによって、戒名の位の高さが変わるとされています。

一般的に戒名というと10文字以上になることもあるほどの長いものを指しますが、この長い戒名は院号、道号、戒名、位号によって構成されているものです。

本来の意味での戒名は一般的に戒名と呼ばれているものの一部分であり、宗派によっては4文字や6文字としているところもありますが、基本は2文字となっています。

院号は本来、天皇家であった方が亡くなられた場合に付けられるものです。

道号は故人にゆかりのある文字を使用して付けられるもので、俗名から一文字を使用することがほとんどとなっています。

位号には居士・大姉、禅定門・禅定、信士・信女、童子・童女、幼子・幼女、そして嬰子・嬰女といった種類があります。

成人以上の男女の戒名に付けられるのは居士・大姉、禅定門・禅定、信士・信女で、居士・大姉は院殿号が付されると大居士・清大姉となり、信士・信女の位号のなかには上に「清」の文字をつけた清信士・清信女、あるいは善氏・善女もあります。

100万円以上は当たり前?院号や位号の種類で異なる戒名の相場

戒名の相場

戒名は菩提寺の僧侶にお布施をお渡しして付けていただきますが、付けていただく戒名や菩提寺と檀家との関係によっても妥当となるお布施の金額は変わってきます。

そのためいくらをお渡しするかで悩む方がたくさんいます。

世間一般で言われている相場は信士・信女の場合は30〜50万円、居士・大姉の場合は50〜80万円、院号が付いた信士・信女の場合は70〜100万円、院号が付いた居士・大姉の場合は100万円以上とされています。

目安として檀家間でだいたいの金額が決められていることもあるので、つながりがあれば他の檀家に聞いてみるのもひとつの方法です。

高い、高いと言われるけれど。意外に知られていない、戒名が高い本当の理由とは?

戒名が高い理由

戒名を付けていただくのに、料金は定められていません。

お布施として気持ちを包んで菩提寺にお渡しし、故人に見合った戒名を付けていただきます。

お亡くなりになられた方の生前における信心の篤さや菩提寺に対する貢献度などを考慮してつけられるのが本来の戒名のあるべき姿ですが、現代では生存中に仏教徒となっている人はあまりいません。

戒名を付けるさいにお渡しするお布施をもって信心の篤さや菩提寺に対する貢献度などがはかられることから、心情的に遺族は、多くのお布施をお渡しする傾向となっています。

またお布施を多くお渡しすることによって本来であれば付けてもらうことができないような高い位の戒名とすることができることも、戒名料として僧侶にお渡しするお布施が高くなっている理由にもなっています。

後で付けていただくことはできる?2つの戒名を付けていただいた場合の対応方法は?

戒名を授かる時期

戒名はあちらの世界で使う名前なのでお亡くなりになってすぐ、通夜の前までに付けていただく必要があります。

あるいは仏門に入門したさいなど、存命中に付けていただくこともできます。

故人が生前戒名を付けていただいているのにもかかわらず亡くなったさいにも戒名を付けていただいた場合はどちらかのみを使用することとなりますが、基本的には葬儀を行う僧侶に付けていただいたものを使用します。

同じ僧侶から付けてもらった戒名であれば僧侶と相談のうえでどちらを使うかを決めることになります。

事情があって葬儀のさいは戒名を付けていただくことができなかった場合は、後で戒名を授かることが可能です。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントを残す