15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

火葬許可書の発行方法は?紛失した場合はどうする?

火葬場

死亡届と引き換えに受け取ることができる火葬許可書は、大切な種類です。

ないと火葬できなくなるので、紛失しないように注意しなければなりません。

また火葬後は埋葬許可書になり、納骨するさいにも必要です。

火葬許可書を発行されてそのまま持って帰るのはNG!内容が間違っていないかのチェックをして

誤りがないか確認

火葬許可書は故人の遺体を火葬するのに必要な書類です。

死亡届を出したときに役所において引き換えで発行される書類で、通夜や告別式を無事に終え、火葬場で火葬するさいには受付窓口や係員に渡すことが必要になります。

火葬許可書がないと火葬することができなくなるため、紛失しないように遺族から預かる配慮をする葬儀会社も多くあります。

様式やレイアウトなどは各市町村によって違いますが、記載されている内容は全国的にほぼ同じです。

発行を受けたら記載内容に誤りがないかどうか、必ず確認しなければなりません。

また念のため、市町村の押印があるかどうかも確認しましょう。

公営の火葬場を使用する場合、市町村によっては火葬許可書の発行を受けるさいに使用申請をしなければならないことがあります。

火葬をする火葬場を決めていない場合などはとりあえず火葬許可書の発行だけを求めることができるので、他の遺族や葬儀会社と相談のうえ、対応することが大切です。

火葬許可書の保存年限は5年!火葬後は埋葬許可書に変身!

納骨

火葬をするさいに火葬場へ提出した火葬許可書は、無事に火葬を終えるとその旨を証明する記載や押印などがなされ、今度は埋葬許可書として交付されるのが一般的です。

埋葬許可書はお墓や納骨堂といった納骨施設に納骨をするさい、必要になる書類です。

多くの火葬場では火葬を済ませ、お骨上げをして遺骨が収まった骨壺とともに火葬場の係員に渡されます。

なくしてしまうと埋葬できなくなるので不注意による紛失を避けるため、骨壺を入れている桐の箱に入れられて渡されるのが通常です。

火葬を行った火葬場でも公文書として、5年を保存年限として保管されます。

埋葬許可書を紛失してしまった場合はこれをもとに、再発行の手続きが行われます。

火葬許可書を紛失した場合は再発行!発行は無料だが再発行には数百円が徴収される

100円

火葬許可書は火葬をするのに欠かせない書類であるため、紛失しないように注意を払って保管する必要があります。

しかし万一、なくしてしまった場合においても再発行を受けることは可能です。

火葬許可書の再発行は発行を行った役所に対して行うことが必要です。

つまり死亡届を提出した役所に対して、死亡届を出した人の名前で再発行申請をすることになります。

再発行のための申請には本人であることを証明する書類と印鑑を持参していくこととされています。

また火葬許可書の発行は無料とされていますが、再発行には料金がかかります

いくらの料金が徴収されるかは市町村によって異なりますが、数百円となっています。

火葬許可書は休日でも発行する役所が多いのが特徴的

1ヶ月

死亡届は相続などに影響を及ぼす重要な届けであることから、24時間、365日、いつでも役所に提出することができます。

火葬許可書はこの死亡届を出したときに発行を受けることができますが、死亡届の提出とは異なり、いつでも発行を受けることができるわけではありません。

市町村や役所によって差はありますが、夜間に死亡届を提出した場合には、火葬許可書の発行はその場で受けることができないのが通常です。

土日や祝日といった休日に死亡届を提出した場合には、平日と同じようにすぐに火葬許可書の発行が行われることが多くなっています

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントを残す