15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

身内が危篤になったらやるべきこととは?3親等まで急いで連絡!

危篤連絡

身内が危篤になったら親戚などに連絡をし、来ていただくことが必要です。

緊急を要するので電話を用いて連絡するのが一般的で、3親等までが範囲の目安とされています。

危篤で意識がない状態であっても、耳は聞こえていることがあります。

周囲で葬式の話などはしないように気をつける必要があります。

急いで行うのが鉄則!3親等までが一般的に危篤連絡をする範囲

連絡範囲

高齢であったり闘病をしていたり事故などで大けがを負ったりした方が、生命を維持していくことが難しい状態に陥ることを危篤になる、といいます。

危篤になると、いつ最期のときを迎えてもおかしくありません。

身内が旨の宣告を医師から受けた場合、すぐに親戚などに連絡を入れる必要があります。

亡くなる前に会ってお別れをしてもらうためにはとにかく早く連絡をすることが大切なので、普段であれば電話をするのがマナー違反とする時間帯においても危篤連絡の場合は許されることになっています。

電話を用いるのはもっとも早く連絡することができるからで、電話連絡ができないときは電報やFAXを使用します。

電報を打つさいの電文は「○○(危篤となっている人の名前)キトク、レンラクコウ」や「○○キトク、シキュウオイデコウ」など、誰が危篤となっているかがはっきりとわかるようすることが大切です。

FAXを用いるさいは後で電話をするなどして、きちんと届いたかを確認することを忘れないようにしなければなりません。

電話を深夜や早朝にかける場合は危篤の連絡であることを伝えるとともに、お詫びの言葉も添える気遣いも大切です。

また電話での連絡でも電報のときと同じように、誰が危篤となっているかをはっきりと伝えることがもっとも必要になります。

どのような状態であるか、そして病院にいるのか自宅にいるのかを伝え、来てもらいたい旨をつたえます。

状態については可能であれば猶予がどの程度あるのかも伝えておくと良いでしょう。

病院にいる場合は病院の住所や病室の番号も忘れずに伝えなければなりません。

面会時間以外で緊急用の受付などを用いなければならない場合は、そのように伝えておくと親切です。

危篤連絡をする親戚は、三親等までが目安となっています。

具体的にいうと両親、祖父母、曾父母、子、孫、兄弟・姉妹、甥・姪までとなりますが、他に親しくしている親戚がある場合は親等に関係なくその方にも危篤連絡をするようにします。

反対に3親等内であってもそれほど付き合いがないような方には、お亡くなりになってからの連絡でも構いません。

配偶者の親族である姻族については二親等、配偶者の父母、祖父母までを連絡先とするのが一般的です。

危篤時に葬式の話は厳禁!意識がなくても聞こえていることがあるので要注意

危篤時の注意点

身内が危篤の状態にあるときは、できるだけそばについてあげることが大切です。

つねに寄り添い、声をかけたり手など身体の一部をさすってあげたりすることで「頑張って」という気持ちを伝えることができます。

また付き添っている自分自身も不思議と落ち着くことがあります。

身内が危篤となったらお葬式をどうするかなど、その先のことも考えなくてはならなくなります。

考え、判断しなくてはいけないことはたくさんあり、そのためにはまず落ち着くことが必要です。

たくさんある考えなくてはいけないこと・判断しなければいけないことを集中して行うためにも、冷静になることが大切です。

しかしお葬式などの話を危篤となっている方の前ですることは慎まなければなりません。

意識がない状態であっても周囲の状況がわかったり話が聞こえていたりすることがあるからです。

やむを得ない事情でお葬式の話をしなければならないときは病室の外へ出て行うなど、十分な配慮をする必要があります。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントを残す