15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

末期の水とは?やり方や方法は?省略できる?

末期の水

お亡くなりになられた方の唇を水で湿らせてあげることを、末期の水をとる、あるいは死に水をとると言います。

仏典のなかにある話が由来となっており、本来は臨終の間際に行うものでした。

今は息を引き取ったあとや自宅に戻られてから行うものへと変化しています。

脱脂綿や筆、しきみ、菊の葉っぱなどを使用し、地域・地方、宗派によって異なるやるかたをすることもあります。

省略するところもあり、仏教でも浄土真宗、そしてキリスト教では行われません。

仏典のなかにある話が末期の水の由来

末期の水の由来

末期の水とは、お亡くなりなった方に飲んでいただく水のことを言います。

実際には口を潤す水のことで、唇をそっと湿らせてあげます。

末期の水は死に水とも呼ばれ、この風習を行うことは「末期の水をとる」、あるいは「死に水をとる」と言われます。

仏典の「長阿含経」のなかにある、「自分の命の終わりのときを悟った仏陀が弟子の阿南に水をくれるよう頼んだが、水が濁っていることから叶わなかった。我慢ができなくなった仏陀が3度、阿南に水を頼んだところ、雪山に住む、仏道に篤い鬼神が鉢に澄んだ水を汲んできた」という話が由来となっています。

このため昔は臨終の間際に行われていました。

今はお亡くなりになったあとに行うようになってきており、息を引き取られた直後に末期の水をとるのが
が一般的となっています。

息を吹き返すようにとの祈りと、これからはのどが渇いて苦しむことのないようにとの願いを込めて行われる風習で、亡くなられた方に最後に何かをしてあげたいという気持ちにそくした、美しい風習であるということができます。

脱脂綿や筆、しきみや菊の葉っぱを用いるやり方も

末期の水の作法

末期の水は亡くなられた方に水を飲ませてあげる儀式ですが、実際には水を飲ませてあげることは不可能なので、唇を水で湿らせてあげる、という方法がとられます。

末期の水をとる儀式は亡くなられた方の最期をみとった家族をはじめ、近親者で行われます。

用意するのはお水と、脱脂綿か新しい筆ですが、脱脂綿や筆の代わりにしきみや菊の葉っぱを用いることもあります。

脱脂綿を使うやり方ではそのまま用いる場合と割りばしなどの先に糸で巻き付けて用いる場合があり、筆は筆先を糸で結んで用います。

これらのものに水をつけ亡くなられて方の唇をそっとなぞり、湿らせてあげます。

末期の水をとる順番は故人に近い順とされており、まずは配偶者、次に子供や両親、そして兄弟姉妹というように行っていきます。

異なるやり方をしたり省略したりは、病院や地方・地域、宗派による

末期の水をとる儀式

本来は家族をはじめとする近親者で行う末期の水をとる儀式ですが、病院によっては看護師によって死に化粧をするさいにいっしょに行われることがあります。

その旨を伝えてくれ家族の同意を得てから行う病院もあるのですが反対に連絡なしで行う病院もあるので、とくに末期の水をとることを希望する場合は、注意が必要です。

病院から自宅に戻られたあとにゆっくりと行う場合や、納棺のさいに行う場合などもあります。

また地方・地域によっては異なるやり方をするところがあり、省略して末期の水をとる儀式を行わないのが一般的となっているところもあります。

末期の水をとる儀式、神道でも行われるがキリスト教では行わない

キリスト教

神道でも仏教と同じく、末期の水をとることが習わしとなっています。

準備が可能であれば榊の葉を用意し、それを用いて故人の唇を湿らせてあげるのが神道での正式な末期の水をとるやり方です。

キリスト教には末期の水をとる習わしはありません。

また仏教でも浄土真宗はおまじないの作法をしないこととしているため、末期の水をとる儀式も行わないので注意が必要です。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントを残す