15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

死化粧をする理由とは?遺族がやる場合の道具や方法は?

死化粧

亡くなられたあとにする化粧のことを死化粧といいますが、死化粧として行われるのはメイクだけではありません。

身だしなみを整えることをさしており、髪を整えたり爪を切ったり、ひげや産毛をそったりすることも死化粧になります。

病院で看護師によって行われる以外にも、納棺師や死化粧師によって死化粧は施されます。

とくに資格等はないので遺族や、メイクの上手な人によって行うこともできます。

死化粧の理由は美しい姿で旅立つことができるよう、また苦しんだあとを消す意味も

死化粧の理由

死化粧は故人の顔に化粧をすることを指していますが、メイクをすることだけでなく髪を整えることも死化粧のなかに含まれます。

身だしなみをきれいにするという意味で、爪を切ったり、男性であればひげ、女性であれば産毛をそったりすることも死化粧として行う内容になります。

故人を美しい姿で旅立てるように、という目的で行うのが死化粧で、闘病時や亡くなるさいの苦しみのあとを消すことも死化粧をする理由としてあげられます。

確認して、専門業者などの手配を!死化粧をしない病院もある

死化粧の手配

故人がお亡くなりなったのが病院である場合、看護師によって遺体の処置が行われます。

死後処置と呼ばれるもので、鼻や目などから血液をはじめとする体液が出てこないように詰め物をしたり、アルコールを使って身体をきれいに拭いたりします。

また病院で着用していた寝間着から、死に装束や、遺族が準備した服装に着替えさせることも死後処置に含まれます。

一般的には死化粧もこの死後処置のなかに含まれており、看護師によって行われます。

しかし病院によっては死化粧は遺体の処置として行わないところもあります。

死化粧をしない病院の場合は遺族が行ったり、納棺師や死化粧師といった専門業者に依頼して行ってもらったりすることが必要になります。

また病院で死化粧を行ってもらった場合でも、仕上がりに納得できなかったりメイクが乱れてきてしまったりしたさいには直したほうが故人を美しい姿でお見送りすることができます。

葬儀社によっては死化粧を行う担当者を専属させていたり、専門業者と提携していて紹介してくれたりします。

特別な資格や免許は必要なし!死化粧は遺族がしてもOK

家族による死化粧

死化粧は一般的に病院でお亡くなりになった場合は、遺体の処置のひとつとして看護師が行います。

しかし死化粧は誰がする、と決められているものではないので、病院で看護師が死化粧を遺体にするさい、いっしょに遺族が行ってもかまいません。

遺体を自宅に安置してから遺族だけで死化粧をしてもよく、故人や遺族の友人・知人に化粧品販売員など化粧がうまい人がいる場合には、その方に頼んでやってもらうこともひとつの方法です。

納棺師や死化粧師といった専門業者、葬儀社の担当者に依頼して死化粧をしてもらうさいにも遺族がいっしょに行うことができます。

男性でも薄化粧することも!死化粧の方法とは?

死化粧の方法

死化粧はただ遺体にお化粧をするだけではなく、爪を切ったり頭髪を整えたりすることも指します。

そのため故人が男性の場合も死化粧をすることが必要です。

具体的な方法としては男性の場合、爪を切り、ひげをそって、頭髪を整えます。

爪やひげはお亡くなりになったあとでも、数日は生きているあいだと同じように伸び続けます。

そのため、とくにひげが濃い方の場合で火葬にするまで日数がある場合は、一度ひげをそっただけではまた伸びてしまうことがあるので注意しなければなりません。

また男性であっても顔色が悪いといったには、コンシーラーやファンデーションを用いた薄化粧を施します。

女性の場合も男性と同じように爪を整え、産毛をそって、髪をセットします。

お亡くなりになったことによって皮膚がたるんだり乾燥したりしている顔は、生前のものに近づくようにメイクをします。

お棺に納めたときにもっとも映えるとされることから、口紅は赤い色のものをさすことが多くなっています。

以前はマスカラは使わないものとされていましたが、最近は使用することも増えてきています。

道具は故人のものも使用が可能、でも慣れている人のアドバイスは受け入れて

納棺士

死化粧を病院で看護師、あるいは自宅で納棺士や死化粧士といった専門業者にやってもらう場合、病院や業者が使用している化粧品やメイク用品、道具が用いられます。

故人が女性で化粧品一式を持っていた場合は、それらを使用して死化粧をしてもらうことも可能です。

病院でしてもらえる死化粧は顔色を直したり頬やくちびるに赤みをさしたりするといったものなので断られてしまう場合もありますが、専門業者であれば対応可能なことがほとんどなのでお願いしてみましょう。

とくに「このようにしてほしい」という希望があれば伝えますが、そのさい、写真などがあるとより希望しているものに近づけることができます。

ただし遺体の傷み具合や死後硬直の関係によって不可能なこともあることは理解しておきましょう。

またお棺に納められると印象も変わって見えるので、普段から死化粧をしている看護師や専門業者、葬儀社の担当者の方の意見は素直に受け入れることが大切です。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントを残す