15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

永代使用権とは?費用はいくら?譲渡や相続はどうなる?

お墓の永代使用権

お墓を建てるためには墓地の永代使用権を得なければならず、菩提寺などに永代使用料を支払うことが必要です。

永代使用権は所有権ではないので、第三者に譲渡することはできません。

また継承はされるものの相続財産には該当しないため、相続税の課税対象とはなりません。

永代使用権はお墓を建てるために墓地を使用する権利で、永代使用料はその費用として支払うお金

永代使用権を払う

お墓を建立するにあたっては、墓地を準備する必要があります。

墓埋法においてお墓は墓地に建てなければならないことが定められており、たとえ自分が所有している土地であっても自宅の庭などにお墓を建てることは許されません

また都道府県知事、市や特別区では市長や区長が許可した区域のみが墓地として認められることも、墓埋法で規定されています。

このためお墓を建てるには都道府県知事や市長、区長が許可した墓地について、使用する権利を保有する必要があります

墓地を使用する権利のことを永代使用権、永代使用権を得るために墓地を所有・管理している菩提寺や自治体、民間企業に支払わなければならない費用のことを永代使用料と言います。

永代使用権は所有権ではないことに要注意!お墓を建てるために墓地を借りる権利で債権の一種

墓地

墓地の永代使用権はその墓地を使用する権利で、所有権ではありません。

所有権を得ているものについて所有者は自由に他人に譲渡することができますが、永代使用権は所有権ではないため、売買することは禁じられています

これは所有権が物権という権利であるのに対し、永代使用権は債権という権利であることによるものです。

物権は買い取った時点で完全に自分のものとなり、その後にどのように処分するかについては物件を保有している人の自由です。

しかし永代使用権のような債権は契約の内容を変更することが認められていないため、他の第三者に譲渡することもできない、ということになります。

永代使用権はその墓地にお墓を建てるため、借りて使用することができる権利です。

お墓の建立期限が定められている墓地では期限内にこの条件を満たすことができないと、永代使用権を失うことにもなるので注意が必要です。

永代使用権は継承はされるけれど相続ではない?!永代使用権は帰属上の一身専属権という特殊な権利

継承はされるけれど相続ではない

墓地の永代使用権を保有していた人が死亡しても権利は消滅せず、そのお墓の跡取りに継承されます

このように故人がお亡くなりになったことによって相続される財産には相続税がかかりますが、墓地の永代使用権については相続税の課税対象とはされません

永代使用権は帰属上の一身専属権であると考えられ、相続財産とならないことによるものです。

しかしお墓は跡取りに継承されることから、永代使用権もそれにともなって引き継がれることになります。

もちろん永代使用権は贈与もできず、贈与税課税の対象からも外されます。

自己破産しても財産を差し押さえられても大丈夫!永代使用権は差し押さえの対象外

お墓

相続の対象とならないことと同じく、墓地の永代使用権は差し押さえの対象にもなりません

差し押さえとは債権保有者が未回収となっている債権を回収するため、債権の対象となっているもの以外の債務者の権利物を確保する行為のことを言います。

墓地の永代使用権はその人のみに属する権利なので他の人に転売することは不可能なため、差し押さえの対象とはなり得ません。

お墓は祭祀財産であることから、差し押さえは禁止されています

祭祀財産は祭祀に欠かすことのない財産という意味で、お墓のほかには仏壇や仏具、神棚などがあります。

したがってお墓の持ち主が自己破産などをしても、お墓はそのまま使用し続けることが可能です。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントを残す