15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

法事の日取りの正しい決め方と準備の方法

法事

正しくは法要は命日に行うものですが、参列者の集まりやすさから命日の1か月前から命日までの土日とされるのが一般的です。

六曜などは関係ないため菩提寺と相談のうえ、決定されます。

法要、お墓参り、会食と言う流れで行われ、喪主は供え物や線香などを準備する必要があります。

法事は法要、お墓参り、会食という流れで行われるのが一般的

お墓参り

法事ではまず菩提寺の僧侶をお呼びして法要を行い、それからお墓にお参りする、という流れで行うことが一般的です

お墓参りを済ませたあとは会食の席を設け、故人を偲びます。

会食の席では出席する人数に仏様の分を入れた分の食事を注文し、遺影を飾ってその前に供えます

このような仏様の分の食事は仏膳や陰膳と呼ばれ、会食の席でみんなで分けて食べるか、持ち帰るかします。

法事の準備は日程決定から連絡、線香やろうそくの用意まで!喪主のやらなければならないことは盛りだくさん

法事の連絡

法事を行うさい、喪主はさまざまなものを準備する必要があります。

最初に行わなければならないのが会場と日程の決定と連絡、そして出席・欠席のとりまとめです。

法事を行う会場としては葬儀で使用したような会場や菩提寺、あるいは自宅などが考えられます。

菩提寺と相談のうえで法事を行う日にちを決定し、会場を抑えたら、次に行わなければならないのは親戚などの法事に出席してもらう人に連絡をし、出席人数を確定することです。

連絡方法は往復はがきを用いるのが一般的ですが、少人数のみで行う場合は電話連絡としてもかまいません。

次に準備しなければならないのが、返礼品です。

法事では参列していただいた方からご霊前が供えられるので、お返しをすぐに渡せるように準備しておくのが一般的です。

3,000~5.000円程度のタオルや洗剤とすることが多いのですが、お菓子などを返礼品として用いることもあります。

また仏様に供えるお線香や供花、果物などの供物も準備する必要があります。

法要のさいに祭壇に供えるもの、お墓に供えるものの2組が必要な場合があるので、注意しましょう。

法事の時期は前倒し!合わせて行う場合は先に亡くなられた方の命日に合わせるのが基本

命日

基本的に法事は、命日に合わせて行います。

しかし菩提寺の都合や参列者の集まりやすさなども考慮しなければならないため、命日に法事を行うことは難しいのが実際です。

このため一般的には、命日の1か月前程度から命日までのどれかの日に法事を行うものとされています。

法事は前倒しで行うとされ、命日を過ぎてから行うことは避けなければなりません

しかし同じ時期に親戚のあいだで法事が重なるような場合にこれらの法事をまとめて行うさいは、この限りではありません。

法事をまとめて行う場合には先に亡くなられた方の命日が優先されるため、後に亡くなられた方の命日を過ぎてからの法事となる場合があるからです。

しかし故人お二方が時期をあまりおかずに亡くなられた場合には、先に命日が到来するほうに合わせることもあります。

法事に六曜は関係なし!参列者の集まりやすさから土日に行われることがほとんど

六曜

基本的に、法事を行ってはダメな日というものはありません。

大安や仏滅、友引といった六曜は仏教とは関係がないためで、基本的には通夜や告別式も六曜を気にすることなく行うことができます。

しかし葬儀会場としてよく使用される斎場や火葬場は休みの日を設ける必要があるため、六曜を利用して定休としているところが多くなっています。

通夜や告別式はこのようにして設けられている斎場や火葬場の都合から、六曜で葬儀に向いていないとされている日を避ける傾向にあります。

しかし法事では六曜はあまり気にせずに日程を決定してかまいません

参列者が集まりにくい平日を避け、土日に行うことがほとんどとなっています。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントを残す