15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

法事のマナーとは?お香典の金額や持ち物や服装など

お墓参り

故人がお亡くなりになって1年目には一周忌、6年目には七回忌を行います。

省略されることも多いのですが2年目に三回忌を行う場合もあり、七回忌以降も十三回忌、十七回忌などと法事は続きます。

回数を重ねるごとに規模は小さくなり、服装なども喪服着用が必要とされなくなります。

案内を受けたら参列するのがマナーなので、やむをえずに欠席する場合は早めに連絡するようにしましょう。

法事で渡すお香典の金額は会食に出席するかしないかで差をつけて!出席する場合は15,000円を目安に

ご霊前

法事に参列するさいも通夜や告別式に参列するときと同じように、お香典を出す必要があります。

表書きは御仏前や御佛前、御供物料、御香料とし、黒白や双銀、結びきりの水引の不祝儀袋を用います。

法要、お墓参りのあとは会食の席が設けられているので、その席に出席して食事をするかどうかで包む金額は変わってきます。

食事をする場合は一人あたり15,000~20,000円程度を包みます。

食事をしない場合に包む相場は親族の場合は10,000円、そうでない場合は5,000円程度となっています。

数珠は法事には欠かせない仏具なので、忘れないよう十分に注意して

数珠

法事に持参するべき持ち物と言えば、やはり数珠になります。

数珠は法事には欠かせない仏具なので、忘れないで持参することが大切です。

喪主の考えにより香典辞退となっている法事に参列する場合、お供え物を持参することもあります。

日持ちのするお菓子やお線香が適していますが、他の参列者とあまり重複しないよう、気をつけるとよいでしょう。

法事の服装は遺族は七回忌、その他な参列者は一周忌まで喪服を着用するのがマナー

一周忌

故人が亡くなって1年目には1周忌、2年目には3回忌、6年目には七回忌が行われますが、三回忌は省略されることも多くなっています。

法事に参列するさいの服装は喪服となりますが、一般の参列者であれば三回忌以降は地味な服装であれば良いとされます。

遺族は七回忌まで、喪服を着用します。

法事案内を受けたら参列するのが原則、欠席の場合はできるだけ早く連絡して

法事欠席

法事を行う旨の連絡を受けたら、よほどの理由がない限りは参列することが一般的なルールとなっています。

どうしても参列できない理由があるのみ欠席することが認められるので、安易な理由で礼を書くことのないように注意しなければなりません。

参列できない場合には、早めに出欠の返事をすることが必要です。

法事の準備はお知らせをした方は全員参列するものとして進められます。

参列しない方がいるということになると返礼品を準備する数や会食の席に出席する人数が変わってしまうので、できる限り早く返事をすることがマナーとなっています。

返信するさいには理由とお詫び言葉を添えて欠席する旨を伝えますが、理由について具体的なことを伝えるのはマナーに反するとされています。

長々と参列できない理由を伝えることは言い訳をしているような印象を与え、かえって失礼になります。

「やむをえない事情で」や「どうしても都合がつかず」などとするのみにとどめましょう。

法事に欠席する場合は別に御仏前を送ると、礼を尽くしたことになります

御仏前は現金書留を用いて、3,000~5,000円を送ります。

会食の席に出ないので、あまりに多すぎると金額を送ってしまうとかえって喪主に気を使わせてしまうことになります。

供花や供物を贈ることもできますが、喪主でも準備しているのでお花代や供物料という名目で現金で渡すことの方が一般的です。

供花を贈るさいは白色をベースとした花を贈るようにしましょう。

法事に遅刻は要注意!法事に行くさいは十分な余裕を持って!30分くらい前の到着を目指すと○

法要30分前

法事に遅刻していくことは重大なマナー違反であり、絶対に避けなければなりません。

通夜や告別式は時間になったら開始されるのに対し、法事で法要を開始するさいは僧侶から「参列の皆様はお揃いでしょうか?」と声がかけられることが多くなっています

これは法事は時間になったから開始する、というよりも、参列者が全員揃ったところで開始するという性質であることによるものです。

そのため開始時間になってもまだ来ていない人がいた場合、可能な限りその方が到着するのを待って、法要が開始されます。

開始する時間が遅くなった分だけ終了する時間も遅くなり、利用する会場が別の法事に利用される場合、僧侶に次の法事の予定がある場合に大変な迷惑をかけることになりかねません。

また法要のあとに行うお墓参りや会食の時間も後ろにずれていってしまうことになります。

法事には開始時間の30分程度前に到着するように家を出るのが常識でありマナーだとされていますが、これは遅刻をするのを防ぐことを目的としているわけではありません。

菩提寺や法事会場の控室でお茶を飲んだり故人の思い出話をしたりして、心を穏やかな状態にしてから法要に臨むようにするためです。

5~10分前に法要を行う会場へと移動し、着席して僧侶の入場を待つのが一般的です。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

3 Responses to “法事のマナーとは?お香典の金額や持ち物や服装など”

  1. 法事の際の数珠ですが、随分ひと昔に頂いたオレンジ系の数珠がありますが、やはり目立つ色なので、避けた方が無難ですか?

コメントを残す