15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

位牌の種類や選び方や置き場所や位牌分けなど

位牌

位牌は故人そのものであると考えられていることから、故人にふさわしいものを選ぶことをもっとも重要視する必要があります。

仏壇に安置する位牌としてもっとも用いられているのは塗位牌で、漆塗りに金箔や金粉の装飾がほどこされています。

塗位牌のほかには黒檀や紫檀でできている、唐木位牌があります。

位牌は意外にさまざまな種類がある!一般的に位牌と呼ばれているのは本位牌

寺

位牌には目にする機会がもっとも多い本位牌のほか、白木位牌、野位牌、という種類のものがあります。

本位牌は一般的に位牌と呼ばれるもので、故人そのものとして仏壇に安置される位牌です。

白木位牌は四十九日法要までのあいだ、本位牌の代わりに使用される位牌です。

通常は葬儀会社によって用意され、菩提寺で戒名を記入していただき、通夜や告別式、火葬のさいに用います。

野位牌は内位牌と同じように仮のもので、墓石が建立するまでのあいだ、お墓に置かれるものです。

寺位牌はお寺に安置するためにつくられる位牌で、本堂や位牌堂に安置され、供養されます。

位牌の正しい選び方とは?故人にふさわしいものを!

位牌の選び方

仏壇に安置する位牌は四十九日までに、仏具店などで購入し、準備しておくことが必要です。

位牌の選び方としては、故人にふさわしいものとすることがもっとも重要視されなければなりません。

位牌は故人そのものであるからで、故人を偲ぶのに適したものを選ぶことが大切です。

位牌としてもっとも多いのは、漆塗りに金箔や金粉などで装飾が施してある、塗位牌です。

塗位牌のほかには黒檀や紫檀などでできている、唐木位牌があります。

位牌は仏壇に安置するものなので、仏壇のなかにはいるサイズであり、調和がとれるということも重要です。

すでに先祖の位牌が安置されている場合には少し小さいものとすることが通常ですが、故人に大きな功績などがある場合はこの限りではありません

仏壇の中央は本尊をまつる場所、位牌は左右のどちらかに安置

家族

仏壇は位牌が安置され、本尊がまつられる場所です。

仏壇の中央には本尊がまつられるため、位牌は本尊と同じ段の左右か、本尊の一段下の左右のいずれかに安置することになります。

複数の位牌を同じ仏壇に安置する場合は、向かって右側から位牌の古い順に安置します。

右側が上座となっていることによるもので、両親2人の位牌を安置する場合は右側が父親、左側が母親ということになります。

位牌の古い順番というのは世代順のことで、お亡くなりになられた順番ではありません。

子供が親より先に亡くなった場合でも、右側に安置するのは親の位牌ということになります。

仏壇がない場合は家具の上でもOK、でも低くなりすぎないように注意して

家具

位牌は本来、仏壇に安置するもので、むき出しで置くのは好ましくないとされています。

位牌をむき出しで置くと仏様が安らかに眠ることができないというのがそのように言われる理由ですが、現代の、とくに都市部の住宅事情では仏壇を置くことができない場合もあります。

このような場合には仏壇を構えることにこだわらず、事情に合わせた場所に、必要な仏具とともに位牌を安置してもかまいません。

整理タンスをはじめとする家具の上などに位牌を安置しても、十分に供養をすることができます。

ただしあまり低い場所に位牌を安置すると見下ろす格好になってしまうことにより、ある程度の高さがない場所に位牌を安置することは避けた方が良いとされています。

正座したさいの目の高さより上に来るように安置することが大切で、ローボードなどを位牌の安置場所とする場合は段のようなものを設けるようにしましょう。

位牌分けで手厚い供養が可、地方によっても子供全員が位牌を持って供養するところも

兄弟

位牌は仏壇とともに、長男など家を継いだ子供が引き継ぎ、供養を行うのが一般的です。

しかし次男や三男などが独立して別の家庭を持った場合でも、位牌を別に作り、供養をすることができます。

両親や先祖の位牌を別に作ることは位牌分けと呼ばれ、その分だけ供養を手厚くすることにもつながります。

地域によっては子供の数だけ位牌を作る風習があるところもあります。

位牌の移し替え。傷んだままにしておくのは大変な失礼!

お焚きあげ

年月が経過し、位牌が傷んでしまった場合には、位牌を新しいものに作り替えることが必要です。

位牌は故人そのものであるとされているため、傷んだままにしておくことは失礼にあたり、供養にならないと考えられているからです。

新しい位牌を作り替えたさいは古いものから魂抜きをし、新しいものに魂入れをする、という位牌の移し替えを行います

古い位牌から魂抜きをするときは閉眼供養新しいものに魂入れをするときは開眼供養を、僧侶に依頼して行ってもらいます。

また魂抜きをしたあとの位牌は菩提寺に依頼し、お焚き上げなどの供養をしてもらう必要があります。

不要になったものについ仏壇や仏具は仏壇・仏具店にて処分が依頼できる場合がありますが、位牌、そして本尊や仏像については菩提寺に納めて供養してもらうことになっています。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントを残す