15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

形見分けのやり方や時期や範囲とは?贈与税はかかる?

真珠のネックレス

故人のものを誰かに譲り渡す形見分けは、供養にもなります。

忌明けである四十九日を目安に行い、とくに必要としない場合は包装などはしないで渡します。

形見分けをする範囲、品物を選ぶさいは、譲り渡す相手に負担とならないように気をつけなければなりません。

形見分けのやり方!形見分けは譲り渡す相手に負担とならないものを

コレクションを形見分け

故人が生前に愛用していた日用品や趣味のもの、収集していたコレクションなどを、遺族、あるいは親しく付き合っていた知人・友人に譲り渡すことを形見分けと言います。

形見分けは故人が残した遺品を整理すること、そして故人の供養とすることを目的に行われるものです。

同時に遺品を譲り渡すことによっていつまでも故人のことを忘れずにいて欲しい、そしてたまに思い出に浸ることで供養として欲しい、という願いも込められています。

形見分けの品物にはさまざまなものが用いられますが、譲り渡す相手に迷惑となったり、重荷になったりしないような方法で行うことが大切です。

形見分けのやり方としては、故人の愛用品やとくに大切にしていた品物ほど、関係が近い人の手元に渡るようにすることが必要です。

それほど親しい関係でなかった人にこのような品物が渡ってしまうと、その形見を受け取った人は恐縮してしまったり困ったりすることがあります。

珍しいものや高価なものも、譲り渡す相手をとくに注意して選ぶ必要があります。

重荷になるようなものはいくら親しかったとしても友人・知人に渡すことは避け、身内で分けるようにしましょう。

着物などはいくら高価であっても丈が異なるとお直しをしなければ着ることができず、負担となります。

宝石などを譲り受けても趣味が合わなければ結局は身につけずにしまっておくことになり、タンスの肥やしとしてしまうことが少なくないので、注意する必要があります。

形見分けをするのにも最適な時期は忌明けである四十九日

四十九日

四十九日法要を済ませ、忌明けを迎えた頃を形見分けの時期とするのが一般的です。

忌中は大切な人を失った悲しみを癒やし、故人の冥福を祈るために静かに過ごす期間とされています。

四十九日をもってこの忌中は明け、遺族はもとの生活へと徐々に戻っていくとされています。

四十九日は遺族にとって一区切りをつける機会となっているため、形見分けを行うにも適しています。

本当にしたい範囲の方に行うのが形見分けの基本

親しい人に形見分け

形見分けは必ず行わなければならない、というものではありません。

むしろ故人の遺品を譲り受けることで重荷に感じる方もいらっしゃるので、形見分けをする方を選ぶさいは十分に配慮することが必要です。

範囲はとくに定められていませんが、故人との関係が近い身内、とくに親しく付き合っていた知人・友人、共通の趣味を持っていた方などに限定して行うのが形見分けの基本になります。

故人より年齢が上の方には形見分けをすることはマナー違反とされていますが、譲り受ける方からの希望であれば失礼にはあたりません。

また形見分けはプレゼントではないので、包装紙やリボンを用いたラッピングなどはしないで渡します。

むき出しで渡すことが憚れるような品物に限り奉書紙や白い紙に包んでも可とされていますが、それ以外に品物は裸のままで渡します。

安く手に入れていても、時価が高いものには贈与税がかかるので要注意

贈与税の支払い

形見分けであまりにも高価な品物を譲り渡すことは贈与税の課税対象となることがあるので、注意が必要です。

贈与税は他人に財産を贈った場合に課せられる税金で、支払わなければならないのは贈与を受けた側ということになっています。

贈与税は時価110万円以上のものにかかるので気をつけましょう。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントを残す