15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

忌中の意味やマナーや正しい過ごし方

忌中

故人が亡くなって一般的に四十九日までは忌中とされ、静かに過ごすことが求められます。

悲しみを癒やし、故人の冥福を祈る期とされ、お祝い事をすることや旅行に行くこと、神社にお詣りに行くことは避けなければなりません。

意中の意味は悲しみを癒やし、故人の冥福を祈るもの!過ごし方は静かで慎み深いものに

忌中は静かに過ごす

身内が亡くなったさい、遺族は一定の期間、社会との関わりを断ち、静かに過ごさなければなりません

この期間のことを忌中と呼び、昔は家の玄関や門扉などに「忌中」と記した紙を貼ることが一般的でした。

しかし最近では忌中紙を張ると通夜や告別式、火葬などでその家が留守になることが分かってしまい、防犯のうえであまり良くないことから、この忌中紙を張り出さないことが多くなってきています。

忌中は大切な人を失った悲しみを癒やし、故人の冥福を祈るための期間とされ、その意味で慎み深い生活を送ることが必要とされています。

意中は故人が亡くなったときから四十九日までが一般的な期間、忌引きは1~10日間程度

49日

いつから忌中となるかは身内が亡くなったときから、そしていつまでを忌中とするかは一般的に四十九日までとされています。

仏教では故人は亡くなってから7日ごとに7回、閻魔大王の裁きを受けることで新たな生を受けるとされており、このあいだ遺族は故人のために深く冥福を祈ることが必要だとされています。

また神道では死による穢れが浄化されるまで、50日間を要するとされています。

故人が亡くなってから四十九日までのあいだを忌中とすることは、これらの考えを合わせたものだとされています。

忌中のあいだ、仕事や学校を休むことが許されていることを忌引きといいます。

どのぐらいの日数が忌引きとなるかは故人との関係によって異なり、勤務先や学校ごとに定められています。

一般的な忌引きの日数は故人が配偶者の場合は10日間、父親・母親の場合は7日間、子供の場合は5日間、祖父母、兄弟姉妹の場合は3日間、孫、伯父・叔父、伯母・叔母の場合は1日間となっています。

忌中のお祝い事はマナー違反!自分たちの結婚式は延期、他人の結婚式も欠席するのが正解

忌中の間は神社に行かない

忌中は悲しみを癒やし、故人の冥福を祈る期間であり、ふさわしい過ごし方をすることが求められます。

そのため、お祝いごとをすることは避けなければなりません

自分たちが結婚式を行う予定であった場合には延期をし、他人の結婚式に参加する予定であった場合には出席を見合わせます。

祝電を打ったりお祝いを包んだりすることについてはマナー違反ではないとされる場合と、忌明けにするべきとされる場合、両方があります。

結婚式を挙げる方々に確認してから、対応するようにしましょう。

結婚式だけでなく何かを祝う目的で開催されるパーティや宴会に出席することも控える必要があります。

出席するにあたって振袖やパーティドレスといった晴着を着用する必要がある場に出向くことは、遠慮することがマナーとなっています。

忌中であるあいだにお正月が到来した場合でもお屠蘇を飲んだり、おせち料理をはじめとするお正月料理を食べたり、門松などを飾ったりすることはタブーとなっています。

「おめでとう」と挨拶をすることも避けるべきですが、お年玉をあげることに問題はありません

気になる場合は「お小遣い」などの名目で、あげるようにします。

初詣も避けるべきですがこれはお正月行事だからということからではなく、神社にお詣りすること自体、忌中は控えるべきであることによるものです。

神道では死は穢れだと考えられており、忌中であるあいだはまだ浄化されていないと考えられています。

神社へのお参りは死の穢れが浄化されてからにするべきで、忌中に行うのは早すぎるとされています。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントを残す