15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

埋葬許可書は紛失しないように保管!桐の箱など処分時は注意して

墓埋法

火葬場での火葬が済むと発行されるのが埋葬許可書です。

火葬許可書に火葬が無事に済んだことの証明がなされたものが埋葬許可書になります。

お墓などに納骨するさいに必要な書類で、自宅に遺骨を安置する場合は使用しません。

紛失しないように保管に注意する必要はありますが、なくしてしまった場合は再発行を受けることができます。

埋葬許可書は火葬が済むと火葬場によって発行される。紛失防止に桐の箱に入れて渡されるのが一般的

骨壷

埋葬許可書は故人の遺骨を納骨するさいに必要な書類です。

一般的には火葬許可書に、無事に火葬を済ませたことの証明がなされると埋葬許可書として使うことができるようになります。

火葬場で火葬するさいには役所で発行を受けた火葬許可書を提出しますが、火葬が無事に済むとこの火葬許可書に必要事項の記載と押印がされ、埋葬許可書として返されます。

そのため書類名を「火・埋葬許可書」として使用している市町村も多くなっています。

紛失してしまわないようにとの配慮から、火葬場では遺骨を納めた骨壺といっしょに桐の箱に入れられて渡されることがほとんどです。

これは火葬を終えてから納骨までの慌ただしいあいだ、遺族による注意が埋葬許可書の保管にまで向かないことを見越しての作法です。

遺族はそのままお墓などの管理者に桐の箱ごと骨壺を渡せば良いことになり、埋葬許可書を紛失しないようにととくに注意する必要もなくすことができます。

しかし事情があって桐の箱を処分するような場合には十分に注意することが必要です。

埋葬許可書はお寺などでは5年間保管、手元供養とする場合でも将来に備えてきちんと保管して

5年保管

埋葬許可書はお墓や納骨堂などの納骨施設に納骨するさい、管理者に渡す必要がある大切な書類です。

お墓や納骨などの管理者は納骨のさい遺族から渡された埋葬許可書を、5年を期限として保管する義務が課せられています。

遺骨をすぐに納骨を行わず自宅などに安置する場合、埋葬許可書は不要な書類となります。

しかし今すぐでなくても将来に納骨することがあるようなときは、埋葬許可書は必要となるときがくるまで保管しておかなければなりません。

手元供養とすることとしても供養者が亡くなってしまった場合など、お墓などに納骨することになるかもしれないからです。

そのようなときに困ることのないよう、埋葬許可書はきちんと保管しておくことが必要です。

とくに手元供養用の骨壺などに遺骨を移し替え、それまで遺骨を納めていた骨壺や桐の箱を処分するときに、いっしょに埋葬許可書も処分してしまうことが多くあります

埋葬許可書は納骨には必ず必要になるので、このようなものを処分するさいは十分に気をつけるようにしましょう。

埋葬許可書を紛失してしまっても大丈夫!火葬してから何年経っていたとしても、再発行は受けられる

紛失した時

埋葬許可書なしでは納骨が行えないため、紛失してしまったときには再発行を受けなければなりません

火葬してから5年間は火葬を行った火葬場において公文書として保存することが定められているので、これをもとに再発行を受けることができます。

たとえこの5年の保存期間を過ぎていたとしても、火葬場ごとに備え付けられている火葬簿や火葬台帳などによって、たしかに火葬を行ったことが証明されれば、再発行が可能なこともあります。

どちらの場合においても故人の名前、そして火葬を行った年月日が分かっている必要があることに注意しましょう。

火葬場において火葬を行った旨の確認ができない場合でも、市町村の役所に故人の除籍抄本を提出し、調査してもらって埋葬許可書の再発行を受けることができます。

ただしこの方法によって埋葬許可書の再発行を受けるさいには、紛失した事情を記した紛失事情書の提出が義務付けられています。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントを残す