15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

お墓参りのマナーとは?どこまでの親戚をするべき?花や服装は?

お墓参り

お墓参りは故人の偲び、冥福を祈るための大切な行事です。

先祖に思いをはせ、自分が生まれてきたことを感謝するという意味もあります。

マナー違反をしないよう、心を込めてお参りすることが大切です。

お墓参りはどこまでする?自分と配偶者の両親のお墓参りは必須!ケースバイケースで臨機応変に対応して○

祖父母

お墓参りは故人を偲び冥福を祈るために行うものですが、先祖に思いをはせ、尊敬の念と感謝の気持ちを伝える目的で行われるものでもあります。

両親が他界している場合には、お参りに行かなければならないお墓としてまず両親が眠るお墓をあげることができます。

結婚後は配偶者についても自分と同じように考えなければならないため、配偶者の両親のお墓も最優先でお参りすべきお墓になります。

できれば自分と配偶者の祖父母のお墓もお参りすべき範囲とされていますが、無理をしてまで行う必要はないとされています。

お墓参りはどこまでしなければならない、という範囲について、とくに決まりはありません

自分の両親と配偶者の両親のお墓には最低限お参りに行くようにし、あとはケースバイケースで臨機応変に対応するようにしましょう。

春と秋のお彼岸でお参りするお墓を変えるなどの工夫をして、無理でない範囲でお墓参りをするようにしましょう。

お墓参りする順番で手を合わせるのは格上の人から!格下の人は終わりのほうまで待つことが大切

手を合わせる

お墓参りに行ったさいは一人づつお線香をあげたり手を合わせたりしますが、いっしょにお墓参りにいったなかでも格上の人からお参りするのがマナーです。

家族でお参りに行ったさいは父親、母親、上の子供、下の子供の順番でお参りします。

いくつかの家族でお参りに行ったさい、たとえば父親、母親、長男家族、次男家族でお参りに行ったさいは父親、母親、長男、長男の妻、長男の子供、次男、次男の妻、次男の子供の順番で手を合わせていきます。

この順番は絶対的なものではなく、長男の妻や次男の妻が後になることもあります。

「お先にどうぞ」などと言われても格下のものが先にお参りをすると、ひんしゅくをかってしまうこともあるので注意しましょう。

お墓参りの時間は夕方は安全面でも避けるべき!午前中にお参りすることで大切に思っている気持ちを伝えて○

お墓参りは午前中

お墓参りへは夕方や夜に行くべきではありません。

お墓は一般的にあまりにぎやかでない場所にあり、安全面で不安があるからです。

お墓参りは午前中に行うことがマナーともされています。

これはお墓参りは他のどんな用事よりも優先されるべきであり、午後などに回すことは他の用事のほうを大切にしていることになると捉えられるからだとされています。

しかし現代人はみな忙しく過ごしているので、午後にお墓参りに行っても、何かのついででお墓参りをしたとしても、何らとがめられることではないとされています。

しかし念入りに掃除をし、ていねいに心を込めてお参りをすると結構な時間を要するので、できるだけ早い時間にお墓参りに行く方が良いということができます。

お墓参り用のお花を買うと間違いなし!キクがやっぱり一般的

お供えの菊

お墓参りに行くさいは、墓前に供える花を持参します。

キクがもっとも適しているとされ、大きな墓地や霊園でお供え用として販売されている花のほとんどはキクとなっています。

お彼岸のあいだは花屋、または大きなスーパーマーケットなどでもお墓参りに持参するために、キクの花束が売られています。

このようなお墓参り用に売られてる花を購入して持参すると間違いはありませんが、故人が好きだった花を選んで購入したり、自宅の庭に咲いている花を切って持って行ったりしても供養になります

しかしトゲや毒のある花、香りが強い花はお墓に供えるのに向かないとされているので注意しましょう。

また色が鮮やか過ぎる花も避けた方が良いとされています。

お墓は多くの人が訪れる場所なので、他人を不快にさせないように配慮することも忘れないようにしましょう。

お墓参りの服装は?ラフすぎる服装、派手すぎる服装はNGなので気をつけて

お墓参りの服

お墓参りにはどんな服装で行ってもかまいませんが、ラフすぎるもの、派手すぎるものは避けなければなりません。

タンクトップやキャミソール、ショートパンツなどは肌の露出が多すぎるので、このような服装でお墓参りをすることはやめるべきです。

またアクセサリーなどは外してお参りするようにしましょう。

葬儀や法要で喪服を着用してお墓参りをしている人もいるので、そのような方に対して配慮した服装とすることが大切です。

意外と知られていない?お正月もお墓参りをする時期として○

お正月

お墓参りをする時期としてあげられるのは春と夏のお彼岸、8月、あるいは7月のお盆、故人の命日や月命日などがあります。

またお正月もお盆同様、故人が帰ってくるとされているためお墓参りをするのに適しています。

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントを残す